--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今夜の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

18:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[アジア~ロンドン前半サマリー]


新たな手掛かり材料に乏しく揉み合い小動きも、ドル売り優勢の流れ継続



[今夜のポイント]


・欧州情勢(ギリシャ債務交渉他)
・月末要因(ポジション調整)
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■アジア~ロンドン前半マーケット動向


[主な要人発言・報道等]


・ユンケル・ユーログループ議長
「ギリシャと民間債権者は今週中の合意が可能」
「欧州は分裂に向かってはいない」
「EUサミット後の会合でギリシャに関しての決定はない」
「ギリシャに対するEUからの予算監督者任命の可能性は議論されず」

・ギリシャ・パパデモス首相
「債務スワップ交渉で大幅な進展」
「目標は債務スワップ交渉を週末までに終わらせること」

・英FT(ファイナンシャルタイムズ)
「ECBの2月資金供給オペへの欧州銀応札額、12月実績倍の1兆ユーロに」



■株式・商品市場


・日経平均:8802.51(+9.46)+0.11%
・上海総合:2292.61(+7.57)+0.33%

・ダウ先物:12646.00(+44.00)+0.35%

・英FT100:5704.30(+33.21)+0.59%
・独DAX:6471.00(+26.55)+0.41%

・金先物:1744.55(+10.15)+0.59%
・原油先物:99.80(+1.01)+1.03%


*日本時間17:45現在




■今夜/明日の注目材料


1/31(火)

[注目指標]
・17:55 2 独・1月失業率・失業者数
・19:00 2 欧・12月失業率
・22:30 3 加・11月GDP
・23:00 2 米・11月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:45 3 米・1月シカゴ購買部協会景気指数
・24:00 3 米・1月消費者信頼感指数

[会談・会合・要人発言等]
・17:30 欧・バローゾ欧州委員長講演

[その他]
・月末
・米主要企業決算(アマゾン、エクソンモービル、ファイザー他)
・米大統領選挙予備選(フロリダ州)



2/1(水)

[注目指標]
・09:30 3 豪・Q4住宅価格指数
・10:00 2 中・1月製造業PMI
・16:00 2 英・1月ネーションワイド住宅価格指数
・17:53 2 独・1月製造業PMI[確報値]
・17:58 2 欧・1月製造業PMI[確報値]
・18:30 3 英・1月製造業PMI
・19:00 3 欧・1月CPI
・22:15 4 米・1月ADP雇用統計
・24:00 4 米・1月ISM製造業景況指数

[会談・会合・要人発言等]
・メルケル独首相中国訪問(1-4日)
・22:30 米・プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
・25:20 独・ワイトマン独連銀総裁講演

[その他]
・月初
・独10年債入札(19:15)
・ポルトガル短期債入札(19:30)



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今夜のトレンドインデックスとストラテジー


0131strategy夜

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今夜のテクニカル分析と仕掛けポイント


[ドル円]

[4時間足チャート]

120131usdjpy-h4.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・日足BB+2σ(現在77.64)
・75日線(現在77.29)
・日足BBミドル(現在76.93)
・レンジ下限(76.50)

(下値ターゲット)
・日足BB-2σ(現在76.21)
・76.00
・週足BB-2σ(現在75.89)
・10/31安値(75.56)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・日足BBミドル~75日線近辺での戻り売り
・レンジブレイクのリテストでの追随

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
昨年11月から約2ヶ月続いたレンジ下限を割り込み、ストップをつけています。今度はレンジ下限だった76.50ラインがレジスタンスに切り替わるかどうかがポイントになりそうです。そろそろ介入警戒が意識される値位置ですが、マーケット全体がドル売りの流れであり、「レンジ上抜け失敗後の下値割れ」でテクニカル的にも弱く、76.00割れも視野入りしそうです。




[ユーロ円]

[4時間足チャート]

120131eurjpy-h4.jpg


(上値ターゲット)
・75日線(現在102.73)
・10/31高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(102.56)
・1/26高値(102.19)
・日足BB+2σ(現在102.16)
・4時間足BBミドル(現在101.03)

(下値ターゲット)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(100.21)
・4時間足200SMA(現在100.05)
・4時間足75SMA(現在99.66)
・日足BBミドル(現在99.28)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(98.99)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・4時間足BBミドル近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し・4時間足200SMAといったサポートラインで一旦下げ止まっています。下へ抜けたら日足BBミドル~目先61.8%ラインあたりまで視野入りしそうです。




[ユーロドル]

[4時間足チャート]

120131eurusd-h4.jpg


(上値ターゲット)
・週足BBミドル(現在1.3381)
・75日線(現在1.3291)
・10/27高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3242)

(下値ターゲット)
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.2995)
・週足BB-1σ(現在1.2980)
・4時間足200SMA(現在1.2945)
・4時間足75SMA(現在1.2942)
・日足BBミドル(現在1.2905)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り・ブレイクアウト
・チャネルブレイクアウトのリテスト局面での戻り売り
・4時間足BBミドルしっかり下抜け+4時間足BBミドルが右肩下がりに転じたら、同ライン近辺での戻り売り
・2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)押し目買い
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し近辺で4時間足でヒドゥンダイバージェンスになるようであれば押し目買い

(コメント)
チャネルにサポートされている間は上方向。昨日NY安値・チャネル割れになれば1.30近辺まで下げが加速するかもしれません。上方向は2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻しあたりはレジスタンスになりそうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*当ブログの記載内容は、信頼性が高いと思われる情報源から入手した情報を元にしておりますが、その正確性・完璧性は保障されません。
*当ブログの内容は、投資勧誘ではなく情報提供のみを目的としています。当ブログの記事の内容もしくは関連する情報に基づいて生じたいかなる損失・損害に対して、当方は一切の責を負いません。投資・投機の最終判断は自己責任です(ディスクロージャーをお読みください)。







スポンサーサイト

ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今日の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

09:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[ロンドン~NYサマリー]


・ギリシャの債務交換協議が合意せず難航
・ドイツがギリシャの予算を監視する特別委員会を設ける提案、ギリシャが拒否
・今回のEU首脳会議で決定される予定だった第2次支援も暗礁に
・ポルトガルの5年物のCDSデフォルト確率が71%報道

といった要因を背景にリスク回避優勢、円が買われる



[今日のポイント]


・欧州情勢(ギリシャ債務交渉他)
・月末要因(ポジション調整)
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■ロンドン~NYマーケット動向


[主なヘッドライン]


・EU、ESM条約で合意、EU25カ国が財政協定に参加
・仏、金融取引税を8/1から単独で導入



[主な要人発言・報道等]


・ユンケル・ユーログループ議長
「ギリシャの債務交換で週末までに合意望む」

・メルケル独首相
「首脳会議の焦点は失業と財政ルール」
「財政協定の合意は偉大な業績」
「ギリシャがプログラム実現できていないことに苛立ち」
「財務相がギリシャの経済プログラムに関して協議」
「ギリシャ債務のGDP比120%を目指す」
「ギリシャに関する決定にはトロイカの報告書が必要」

・プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁
「FOMC声明はやや悲観的過ぎ」
「2012年末の失業率は8%付近に改善」

・安住財務相
「過度な変動や投機的な動きを注視し断固たる措置」
「円高に関してスタンスは変わっていない」



[主な経済指標等]


・米・12月個人所得
前月比(前回)+0.1%(予想)+0.4%(結果)+0.5%

・米・12月個人支出
前月比(前回)+0.1%(予想)+0.1%(結果)0.0%

・米・12月PCEコア・デフレータ
前月比(前回)+0.1%(予想)+0.1%(結果)+0.2%
前年比(前回)+1.7%(予想)+1.8%(結果)+1.8%

・独・1月CPI[速報値]
前月比(予想)-0.4%(結果)-0.4%
前年比(予想)+2.0%(結果)+2.0%



■株式・商品市場


・日経平均:8793.05(-48.17)-0.54%
・上海総合:2285.04(-34.08)-1.47%

・ダウ平均:12653.72(-6.74)-0.05%

・英FT100:5671.09(-62.36)-1.09%
・独DAX:6444.45(-67.53)-1.04%

・金先物:1734.40(-1.00)-0.06%
・原油先物:98.78(-0.78)-0.78%


*1/30終値




■今日の注目材料


[注目指標]
・17:55 2 独・1月失業率・失業者数
・19:00 2 欧・12月失業率
・22:30 3 加・11月GDP
・23:00 2 米・11月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:45 3 米・1月シカゴ購買部協会景気指数
・24:00 3 米・1月消費者信頼感指数

[会談・会合・要人発言等]
・17:30 欧・バローゾ欧州委員長講演

[その他]
・月末
・米主要企業決算(アマゾン、エクソンモービル、ファイザー他)
・米大統領選挙予備選(フロリダ州)



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今朝のトレンドインデックスとストラテジー


0131strategy朝

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今朝のテクニカル分析と仕掛けポイント


[ドル円]

[日足チャート]

120131usdjpy-d.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・日足BB+2σ(現在77.64)
・75日線(現在77.29)
・日足BBミドル(現在76.93)
・レンジ下限(76.50)

(下値ターゲット)
・日足BB-2σ(現在76.21)
・76.00
・週足BB-2σ(現在75.89)
・10/31安値(75.56)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・日足BBミドル~75日線近辺での戻り売り
・1/25高値からの下落幅に対する38.2-618%戻し近辺での戻り売り
・レンジブレイクのリテストでの追随

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
昨年11月から約2ヶ月続いたレンジ下限を割り込み、ストップをつけています。今度はレンジ下限がレジスタンスに切り替わるかどうかがポイントになりそうです。そろそろ介入警戒が意識される値位置に。




[ユーロ円]

[日足チャート]

120131eurjpy-d.jpg


(上値ターゲット)
・75日線(現在102.73)
・10/31高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(102.56)
・1/26高値(102.19)
・日足BB+2σ(現在102.16)
・4時間足BBミドル(現在101.16)

(下値ターゲット)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(100.21)
・4時間足200SMA(現在100.06)
・4時間足75SMA(現在99.60)
・日足BBミドル(現在99.28)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(98.99)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・4時間足BBミドル近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し・4時間足200SMAといったサポートラインまで下げました。ここで止まらなければ日足BBミドル~目先61.8%ラインあたりまで視野入りしそうです。




[ユーロドル]

[日足チャート]

120131eurusd-d.jpg


(上値ターゲット)
・週足BBミドル(現在1.3381)
・75日線(現在1.3291)
・10/27高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3242)

(下値ターゲット)
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.2995)
・週足BB-1σ(現在1.2980)
・4時間足200SMA(現在1.2943)
・4時間足75SMA(現在1.2932)
・日足BBミドル(現在1.2905)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り・ブレイクアウト
・チャネルブレイクアウトのリテスト局面での戻り売り
・4時間足BBミドルしっかり下抜け+4時間足BBミドルが右肩下がりに転じたら、同ライン近辺での戻り売り
・2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)押し目買い
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し近辺で4時間足でヒドゥンダイバージェンスになるようであれば押し目買い

(コメント)
昨日NY安値・チャネル割れになれば1.30近辺まで下げが加速するかもしれません。上方向は2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻しあたりはレジスタンスになりそうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*当ブログの記載内容は、信頼性が高いと思われる情報源から入手した情報を元にしておりますが、その正確性・完璧性は保障されません。
*当ブログの内容は、投資勧誘ではなく情報提供のみを目的としています。当ブログの記事の内容もしくは関連する情報に基づいて生じたいかなる損失・損害に対して、当方は一切の責を負いません。投資・投機の最終判断は自己責任です(ディスクロージャーをお読みください)。





レンタルサーバーなら使えるねっと

ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今夜の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

18:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[アジア~ロンドン前半サマリー]


・週末のギリシャと民間債権団との債務交換協議が合意に至らず
・ドイツがギリシャに財政検査官派遣提案
・IMM投機ポジションでユーロが対ドルで5週連続で売り越し過去最大更新
・EU首脳会議を控えたポジション調整
・先週末の米GDPが予想ほどの伸びを示さず
・春節明けの中国株が軟調

といた要因を背景にリスク回避優勢に



[今夜のポイント]


・欧州情勢(EU首脳会議、イタリア・フランス国債入札、ギリシャ債務交渉)
・月末要因(ポジション調整)
・中国勢春節明け
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■アジア~ロンドン前半マーケット動向


[主なヘッドライン]


・サルコジ仏大統領、付加価値税の税率引き上げを表明
・イランがEUへの原油輸出即時停止
・ベルギー、EUの緊縮策に抗議ゼネスト始まる
・ポルトガル長期金利ガユーロ導入後最高に上昇



[主な要人発言・報道等]


・英FT(ファイナンシャルタイムズ)
「ギリシャが予算管理のドイツ提案に反発」

・ムーディーズ
「スペインの弱い経済見通しは銀行にネガティブ」
「スペインの成長見通しが赤字削減計画を妨げる」




■株式・商品市場


・日経平均:8793.05(-48.17)-0.54%
・上海総合:2285.04(-34.08)-1.47%

・ダウ先物:12546.00(-68.00)-0.54%

・英FT100:5688.30(-45.15)-0.79%
・独DAX:6449.80(-62.18)-0.95%

・金先物:1727.35(-8.05)-0.46%
・原油先物:98.93(-0.63)-0.63%


*日本時間17:45現在




■今夜/明日の注目材料


1/30(月)

[注目指標]
・22:30 2 米・12月個人所得・支出
・22:30 2 米・12月PCEコア・デフレータ
・時刻未定 2 独・1月CPI[速報値]

[会談・会合・要人発言等]
・23:00 EU首脳会議

[その他]
・週明け
・ウェリントン市場休場(オークランド記念日)
・イタリア中長期債入札(19:00)
・フランス短期債入札(23:00)



1/31(火)

[注目指標]
・09:01 2 英・1月GFK消費者信頼感調査
・17:55 2 独・1月失業率・失業者数
・19:00 2 欧・12月失業率
・22:30 3 加・11月GDP
・23:00 2 米・11月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:45 3 米・1月シカゴ購買部協会景気指数
・24:00 3 米・1月消費者信頼感指数

[会談・会合・要人発言等]
・17:30 欧・バローゾ欧州委員長講演

[その他]
・月末
・米主要企業決算(アマゾン、エクソンモービル、ファイザー他)
・米大統領選挙予備選(フロリダ州)



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今夜のトレンドインデックスとストラテジー


0130strategy夜

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今夜のテクニカル分析と仕掛けポイント


[ドル円]

[4時間足チャート]

120130usdjpy-h4.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・日足BB+2σ(現在77.58)
・75日線(現在77.31)
・日足BBミドル(現在76.96)

(下値ターゲット)
・レンジ下限(76.50)
・日足BB-2σ(現在76.35)
・週足BB-2σ(現在75.89)
・10/31安値(75.56)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・日足BBミドル~75日線近辺での戻り売り
・1/25高値からの下落幅に対する38.2-618%戻し近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)ブレイクアウト
・レンジのブレイクアウトもしくはリテストでの追随

(コメント)
今日は現時点で14pipsと狭い値幅にとどまっています。再び75日線を割り込んでしまっており、75日線と78.30ラインはレジスタンスになりそうです。逆にレンジ下限(76.50)トライの様相となっており、76.50下のストップを引っ掛けたら下方向へ加速するかもしれません。




[ユーロ円]

[4時間足チャート]

120130eurjpy-h4.jpg


(上値ターゲット)
・75日線(現在102.81)
・10/31高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(102.56)
・日足BB+2σ(現在102.22)
・1/26高値(102.19)

(下値ターゲット)
・1/27安値(100.58)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(100.21)
・4時間足200SMA(現在100.09)
・4時間足75SMA(現在99.48)
・日足BBミドル(現在99.30)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(98.99)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2-61.8%戻し近辺でダイバージェンスになったら押し目買い

[Strategy-2](サブ)戻り売り
・日足BB+2σ~75日線近辺でダイバージェンスになったら戻り売り
・4時間足BBミドル近辺での戻り売り

(コメント)
昨年11月以降の上値抑制レジスタンスとして意識されてきた日足BBミドル(20SMA)はサポートとして意識されそうです。BBは既に+2σにタッチ、ヒドゥンダイバージェンスになっており、ロングは4時間足レベルでの、ダイバージェンスを見たほうが無難。本日高値をおさえられた4時間足BBミドルもレジスタンスに。




[ユーロドル]

[4時間足チャート]

120130eurusd-h4.jpg


(上値ターゲット)
・2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3507)
・週足BBミドル(現在1.3381)
・75日線(現在1.3307)
・10/27高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3242)

(下値ターゲット)
・4時間足BBミドル(現在1.3091)
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.2991)
・週足BB-1σ(現在1.2980)
・4時間足BB-2σ(現在1.2958)
・4時間足200SMA(現在1.2941)
・4時間足75SMA(現在1.2893)
・日足BBミドル(現在1.2890)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・4時間足BBミドル~-2σ近辺での押し目買い
・チャネル下限近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)戻り売り・ブレイクアウト
・チャネルブレイクアウトのリテスト局面での戻り売り
・4時間足BBミドルしっかり下抜け+4時間足BBミドルが右肩下がりに転じたら、同ライン近辺での戻り売り

(コメント)
日足はヒドゥンダイバージェンスになっています。現在4時間足で形成が確認できるチャネルをブレイクするようであれば戻りが重くなりそうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*当ブログの記載内容は、信頼性が高いと思われる情報源から入手した情報を元にしておりますが、その正確性・完璧性は保障されません。
*当ブログの内容は、投資勧誘ではなく情報提供のみを目的としています。当ブログの記事の内容もしくは関連する情報に基づいて生じたいかなる損失・損害に対して、当方は一切の責を負いません。投資・投機の最終判断は自己責任です(ディスクロージャーをお読みください)。








ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今日の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

08:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[先週金曜日~週末サマリー]


・米経済指標が軟調
・欧米株式市場は軟調
・全般的にドル売り優勢
・フィッチがユーロ圏5ヵ国(スペイン・ベルギー・イタリア・スロベニア・キプロス)の格下げを発表もユーロ下押し限定、逆にショートカバーを加速



[今日のポイント]


・欧州情勢(EU首脳会議、イタリア・フランス国債入札、ギリシャ債務交渉)
・月末要因(ポジション調整)
・中国勢春節明け
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




■先週金曜日~週末マーケット動向


[主なヘッドライン]


・フィッチ、ユーロ圏5ヵ国(スペイン・ベルギー・イタリア・スロベニア・キプロス)のソブリン債格付けを引き下げ。アイルランドは据え置き



[主な要人発言・報道等]


・ユンケル・ユーログループ議長
「ギリシャのデフォルトは犠牲払っても回避が必要」

・ガイトナー米財務長官
「米国の経済成長見通しにとっての脅威は、イランとユーロ圏」
「人民元など一部通貨は上昇する必要」

・ダドリーNY連銀総裁
「インフレ率は恐らく一段と低下」
「米国の消費者は慎重な姿勢」
「失業率は暫くの間非常に高い水準に留まる」



[主な経済指標等]


・米・Q4GDP[速報値]
前期比(前回)+1.8%(予想)+3.0%(結果)+2.8%

・米・Q4個人消費[速報値]
前期比(前回)+1.7(予想)+2.4(結果)+2.0

・米・Q4PCEコア・デフレータ[速報値]
前期比(前回)+2.1%(予想)+0.9%(結果)+1.1%

・米・1月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報値]
(速報値)74.0(予想)74.0(結果)75.0




■株式・商品市場


・日経平均:8841.22(-8.25)-0.09%
・上海総合:休場

・ダウ平均:12660.46(-74.17)-0.58%

・英FT100:5733.45(-61.75)-1.07%
・独DAX:6511.98(-27.87)-0.43%

・金先物:1735.40(+5.50)+0.32%
・原油先物:99.56(-0.14)-0.14%


*先週終値




■今週の注目材料


1/30(月)

[注目指標]
・22:30 2 米・12月個人所得・支出
・22:30 2 米・12月PCEコア・デフレータ
・時刻未定 2 独・1月CPI[速報値]

[会談・会合・要人発言等]
・23:00 EU首脳会議

[その他]
・週明け
・ゴトー日
・ウェリントン市場休場(オークランド記念日)
・イタリア中長期債入札(19:00)
・フランス短期債入札(23:00)



1/31(火)

[注目指標]
・09:01 2 英・1月GFK消費者信頼感調査
・17:55 2 独・1月失業率・失業者数
・19:00 2 欧・12月失業率
・22:30 3 加・11月GDP
・23:00 2 米・11月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:45 3 米・1月シカゴ購買部協会景気指数
・24:00 3 米・1月消費者信頼感指数

[会談・会合・要人発言等]
・17:30 欧・バローゾ欧州委員長講演

[その他]
・月末
・米主要企業決算(アマゾン、エクソンモービル、ファイザー他)
・米大統領選挙予備選(フロリダ州)



2/1(水)

[注目指標]
・09:30 3 豪・Q4住宅価格指数
・10:00 2 中・1月製造業PMI
・16:00 2 英・1月ネーションワイド住宅価格指数
・17:53 2 独・1月製造業PMI[確報値]
・17:58 2 欧・1月製造業PMI[確報値]
・18:30 3 英・1月製造業PMI
・19:00 3 欧・1月CPI
・22:15 4 米・1月ADP雇用統計
・24:00 4 米・1月ISM製造業景況指数

[会談・会合・要人発言等]
・メルケル独首相中国訪問(1-4日)
・22:30 米・プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
・25:20 独・ワイトマン独連銀総裁講演

[その他]
・月初
・独10年債入札(19:15)
・ポルトガル短期債入札(19:30)



2/2(木)

[注目指標]
・09:30 3 豪・12月住宅建設許可件数
・09:30 3 豪・12月貿易収支
・18:30 2 英・1月建設業PMI
・19:00 3 欧・12月PPI
・22:30 3 米・新規失業保険申請件数

[会談・会合・要人発言等]
・17:00 欧・バローゾ欧州委員長講演
・23:00 米・エバンス・シカゴ連銀総裁講演

[その他]
・米主要企業決算(ダウケミカル・マスターカード・メルク他)
・仏長期債入札(19:00)



2/3(金)

[注目指標]
・10:00 2 中・1月非製造業PMI
・18:30 2 英・1月サービス業PMI
・19:00 2 欧・12月小売売上高
・21:00 4 加・1月雇用統計
・22:30 5 米・1月雇用統計
・24:00 4 米・1月ISM非製造業総合景況指数

[会談・会合・要人発言等]
・09:15 米・フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
・18:00 欧・コスタ・ポルトガル中銀総裁講演

[その他]
・週末
・2/4 米大統領選挙予備選(ネバダ州)
・2/5 フィンランド大統領選挙



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今朝のトレンドインデックスとストラテジー


0130strategy朝

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今朝のテクニカル分析と仕掛けポイント


[ドル円]

[日足]

120129usdjpy-d.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・200日線(現在78.28)
・1/25高値(78.27)
・日足BB+2σ(現在77.57)
・75日線(現在77.31)
・日足BBミドル(現在76.97)

(下値ターゲット)
・レンジ下限(76.50)
・日足BB-2σ(現在76.37)
・週足BB-2σ(現在75.89)
・10/31安値(75.56)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・75日線近辺での戻り売り
・1/25高値からの下落幅に対する38.2-618%戻し近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)ブレイクアウト
・レンジのブレイクアウトもしくはリテストでの追随

(コメント)
再び75日線を割り込んでしまっており、75日線と78.30ラインはレジスタンスになりそうです。逆にレンジ下限(76.50)トライの様相となっており、76.50下のストップを引っ掛けたら下方向へ加速するかもしれません。先週金曜の足もほぼ安値引けとなっており、弱い形になっています。




[ユーロ円]

[日足]

120128eurjpy-d.jpg


(上値ターゲット)
・2011/4高値からの下落幅に対するフィボナッチ23.6%戻し(103.22)
・10/31高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(102.56)
・75日線(現在102.88)
・1/26高値(102.19)
・日足BB+2σ(現在102.06)

(下値ターゲット)
・1/27安値(100.58)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(100.21)
・4時間足200SMA(現在100.11)
・4時間足75SMA(現在99.35)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(98.99)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2-61.8%戻し近辺でダイバージェンスになったら押し目買い

[Strategy-2](サブ)戻り売り
・2011/4高値からの下落幅に対するフィボナッチ23.6%戻し~10/31高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し近辺でダイバージェンスになったら戻り売り

(コメント)
昨年11月以降の上値抑制レジスタンスとして意識されてきた日足BBミドル(20SMA)はサポートとして意識されそうです。BBは既に+2σにタッチ、ヒドゥンダイバージェンスになっていますから、重さは意識されそうです。75日線(青)も迫っています。




[ユーロドル]

[日足]

120129eurusd-d.jpg


(上値ターゲット)
・2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3507)
・週足BBミドル(現在1.3381)
・75日線(現在1.3307)
・10/27高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3242)

(下値ターゲット)
・4時間足BBミドル(現在1.3091)
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.2991)
・週足BB-1σ(現在1.2980)
・4時間足BB-2σ(現在1.2958)
・4時間足200SMA(現在1.2941)
・4時間足75SMA(現在1.2893)
・日足BBミドル(現在1.2890)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2-61.8%戻し近辺で4時間足でヒドゥンダイバージェンスになったら押し目買い
・4時間足BBミドル~-2σ近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)戻り売り
・2011/10高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し~75日線近辺で日足・4時間足でダイバージェンスになったら戻り売り

(コメント)
RSIの数値は既に昨年11月高値あたりよりも高くなってしまっており、ヒドゥンダイバージェンスになっています。ここから上には75日線(現在1.3307)・10/27高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3242)といったレジスタンスゾーンがあります。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*当ブログの記載内容は、信頼性が高いと思われる情報源から入手した情報を元にしておりますが、その正確性・完璧性は保障されません。
*当ブログの内容は、投資勧誘ではなく情報提供のみを目的としています。当ブログの記事の内容もしくは関連する情報に基づいて生じたいかなる損失・損害に対して、当方は一切の責を負いません。投資・投機の最終判断は自己責任です(ディスクロージャーをお読みください)。





レンタルサーバーなら使えるねっと

ドル円テクニカル分析と週明けの仕掛けポイント

15:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報






■時間足別テクニカル分析(週足・日足・4時間足)



[週足]

120129usdjpy-w2.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)

まず週足で大きな流れを見てみたいと思います。先週の値幅は163pips(前週77pips)となっています。昨年11月以降、1週間の値幅としては最もハイボラティリティとなっています。


2007/6以来4年半に渡って続く下降トレンドラインを一旦上に抜けましたが、BB+2σでぴったり上値をおさえられ、ライン下で引けています。ローソク足の形状は上ヒゲハンマーの陰線、弱い足になりました。ちょっとこの足の形状は弱気ですね、しかもほぼ安値引けです。


週足BBは依然収縮したままの横這いで、週足BBは2000年以降過去10年間で最も狭い幅を継続しています。先週はBB+2σで頭をおさえられ、ミドルを割って引けていますので、-2σの位置も意識しておきたいところです。現在

・週足BB+2σ=78.33
・週足BBミドル=77.11
・週足BB-2σ=75.89

です。




[日足]

120129usdjpy-d.jpg


次に日足を見てみます。11月以降の76.50-78.30のレンジ上抜け失敗となり、200日線(赤)にも上値をおさえられています。再び75日線を割り込んでしまっており、この75日線と78.30ラインはレジスタンスになりそうです。


逆にレンジ下限(76.50)トライの様相となっており、76.50下のストップを引っ掛けたら下方向へ加速するかもしれません。先週金曜の足もほぼ安値引けとなっており、弱い形になっています。




[4時間足]

120129usdjpy-h4.jpg


先週は今年に入ってからのレンジ上限77.30をブレイク後一気に上昇が加速したのですが、76.50-78.30レンジ上限でおさえられて急落、1週間かけての「往って来い」になっています。


今度はレンジ下限の76.50が接近しています。このラインは

・2011.11/18
・2012/01/03
・2012/01/17

と3回サポートとなったラインです。今度で4回目のトライとなります。76.50割れには大きめのストップがありそうですね。


RSIは下方向へまだダイバージェンスとなっていませんが、かなり低い位置まで売り込まれていますので、一旦の戻りは想定しておいた方がよさそうです。




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測


先週のドル円は久しぶりに大きく動きました。昨年10/31の介入以降の週では、1週間の値幅163pipsは最も大きな値動きとなっています。


今年に入ってからの76.50-77.30の幅約80pipsの狭いレンジを上へブレイクした後は、一気に昨年11月来のレンジ(76.50-78.30)上限まで伸びましたが、大きな「往って来い」になりました。金曜は今度は76.50のレンジ下方ブレイクが意識される安値引けになっています。


FOMCで米ドル安政策が明確化されたことから米景気に対する楽観論が後退、ドル売りの流れとなりつつあり、ドルを買いにくい状況になっていることから、今週は下抜けも意識されるかもしれません。


今週は金曜に米雇用統計の発表を控えていますが、前回サプライズの好結果となっていることから、今回は注目度が高まり、週後半にかけては米雇用統計を意識した展開となりそうです。




■週明けの上値ターゲット


・200日線(現在78.28)
・1/25高値(78.27)
・日足BB+2σ(現在77.57)
・75日線(現在77.31)
・日足BBミドル(現在76.97)




■週明けの下値ターゲット


・レンジ下限(76.50)
・日足BB-2σ(現在76.37)
・週足BB-2σ(現在75.89)
・10/31安値(75.56)




■週明けの仕掛けポイント


[Strategy-1](メイン)戻り売り
・75日線近辺での戻り売り
・1/25高値からの下落幅に対する38.2-618%戻し近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)ブレイクアウト
・レンジのブレイクアウトもしくはリテストでの追随




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*当ブログの記載内容は、信頼性が高いと思われる情報源から入手した情報を元にしておりますが、その正確性・完璧性は保障されません。
*当ブログの内容は、投資勧誘ではなく情報提供のみを目的としています。当ブログの記事の内容もしくは関連する情報に基づいて生じたいかなる損失・損害に対して、当方は一切の責を負いません。投資・投機の最終判断は自己責任です(ディスクロージャーをお読みください)。





レンタルサーバーなら使えるねっと




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。