ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今夜の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

18:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[アジア~ロンドン前半サマリー]


・NY市場での株安を受け日経平均100円超の大幅安、アジア株が総じて軟調となり、月末フローもありリスクオフ優勢
・中国経済の鈍化懸念が引き続き資源国通貨の頭を抑え軟調



[今夜のポイント]


・月末・四半期末・年度末要因
・欧米経済指標
・要人発言
・欧州動向
・ヘッドライン動向
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■アジア~ロンドン前半マーケット動向


[主な要人発言・報道等]


・モンティ伊首相
「欧州は債務危機への対応が遅かった」
「ユーロ圏の債務総額は日米英より少ない」
「ユーロ圏の危機はほぼ終息へ」
「イタリア債務のGDP比率は日本に比べて大きくない」

・豪・RBA金融安定報告
「豪州の銀行は相対的に力強い」
「豪州の銀行の欧州エクスポージャーは非常に低い」

・西村日銀副総裁
「大量の国債買い入れが誤解招かないよう留意必要」
「消費税率引き上げ分を除いた基調としての物価の動き重視」



[主な経済指標等]


・仏・Q4GDP[確報値]
前期比(予想)+0.2%(結果)+0.2%
前年比(予想)+1.4%(結果)+1.3%

・英・Q4GDP[確報値]
前期比(改定値)-0.2%(予想)-0.2%(結果)-0.3%
前年比(改定値)+0.7%(予想)+0.7%(結果)+0.5%

・英・Q4経常収支
(前回)-105億ポンド(予想)-84億ポンド(結果)-85億ポンド




■株式・商品市場


・日経平均:10182.57(-72.58)-0.71%
・上海総合:2284.88(-62.30)-2.65%

・ダウ先物:13128.00(+4.00)+0.03%

・英FT100:5845.80(-23.75)-0.40%
・独DAX:7041.00(-37.90)-0.54%

・金先物:1679.55(-8.15)-0.48%
・原油先物:106.39(-0.94)-0.88%


*日本時間18:15現在




■今夜/明日の注目材料


3/28(水)

[注目指標]
・21:30 3 米・2月耐久財受注
・時刻未定 3 独・3月CPI[速報値]

[会談・会合・要人発言等]
・モンティ伊首相来日(28-29日)
・21:00 独・バイトマン独連銀総裁講演
・24:30 欧・コンスタンシオECB副総裁講演

[その他]
・伊短期債入札(18:00)
・米・週間原油在庫(23:30)
・米・5年債入札(26:00)



3/29(木)

[注目指標]
・16:55 2 独・3月失業率・失業者数
・21:30 3 米・Q4GDP[確報値]
・21:30 3 米・Q4個人消費[確報値]
・21:30 2 米・Q4PCEコア・デフレータ[確報値]
・21:30 3 米・新規失業保険申請件数

[会談・会合・要人発言等]
・25:15 米・ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
・25:45 米・バーナンキFRB議長講演
・26:00 米・プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演

[その他]
・米・7年債入札(26:00)



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今夜のトレンドインデックスとストラテジー


0328strategy夜

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今夜のテクニカル分析と仕掛けポイント


★大好評・絶好調のストラテジーのメイン・トレーディング手法を新規公開!★

「超実践FXトレーディング必勝法」

即実践に活用できる裁量トレーディングの必勝法で、エントリーだけでなく、ストップ・クローズ・ポジションメンテナンス方法まで細かくルール化しており、簡単にトレードの判断ができるようになっています。

約1000pipsの獲得となった先週に続き、今週も既に大幅利益獲得済みとなっています!




[ドル円]

[日足チャート]

120328usdjpy-d2.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・3/15高値(84.16)
・3/27高値(83.37)

(下値ターゲット)
・日足BBミドル(現在82.51)
・3/23安値(81.96)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・BBミドル(20日線)近辺での押し目買い、下へしっかり抜ける展開になれば様子見

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
昨日3/15高値からの下落幅に対する61.8%戻しにワンタッチして戻されています。1時間足ではチャネルが形成されています。日足BBミドル(20日線)をしっかり割れるまでは押し目買いスタンス継続、割れたら3/23安値あたりまで下値余地が拡大しそうです。




[ユーロ円]

[4時間足チャート]

120328eurjpy-h4_2.jpg


(上値ターゲット)
・2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻し(113.26)
・日足BB+2σ(現在111.62)
・2011/10/31高値(111.54)
・3/21高値(111.41)

(下値ターゲット)
・5日線(現在110.05)
・4時間足75SMA(現在109.63)
・3/22安値からの上昇幅に対する61.8%戻し(109.53)
・日足BBミドル(現在108.94)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・5日線~4時間足BBミドル近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
本日は「3/22安値からの上昇幅に対する38.2%戻し+4時間足BBミドル」に安値をサポートされています。引き続きポイントは3/21高値を上へ抜けるかどうか、下方向は本日安値を割り込むようであれば4時間足75SMA近辺まで下値余地が拡大しそうです。




[ユーロドル]

[4時間足チャート]

120328eurusd-h4_2.jpg


(上値ターゲット)
・200日線(現在1.3600)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)
・2/24高値(1.3485)
・3/27高値(1.3384)
・日足BB+2σ(現在1.3377)

(下値ターゲット)
・5日線(現在1.3292)
・4時間足BBミドル(現在1.3308)
・日足BBミドル(現在1.3201)
・3/26安値(1.3190)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・日足BBミドル~4時間足75SMA近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
直近レンジ1.3000-1.3300を上へブレイク、2/24高値(1.3485)までは目立ったレジスタンスは見当たらず、「日足BB+2σ+2/24高値からの下落幅に対する78.6%戻し」でおさえられた昨日高値を抜けてくれば目先は1.3500方向を目指す動きが強まりそうですが、期末ということもありロングは押し目を丁寧に拾いたいところです。1.3300を再び割り込んでくれば、4時間足75SMAあたりまで割り込むかもしれません。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。




外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込



ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今日の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

09:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[ロンドン~NYサマリー]


・米経済指標はまちまちで動意薄
・前日のバーナンキFRB議長の発言に対する市場の反応が行き過ぎとの見方でドル買い戻し優勢
・米シンクタンクの「日銀が追加緩和を検討」レポートで円売り



[今日のポイント]


・月末・四半期末・年度末要因
・欧米経済指標
・要人発言
・欧州動向
・ヘッドライン動向
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■ロンドン~NYマーケット動向


[主なヘッドライン]


・スペイン国債入札、25.8億ユーロ発行(目標上限30億ユーロ)



[主な要人発言・報道等]


・バーナンキFRB議長
「回復で勝利宣言するのはかなり時期尚早」
「経済についてはなお長い道のり」
「8.3%の失業率は高すぎる」
「景気回復の初期段階で、FRBは見通しが楽観的過ぎた」
「住宅市場がFRBにとって依然大きな懸念」

・ダドリーNY連銀総裁
「欧州の流動性懸念は大幅に緩和した」

・ローゼングレン・ボストン連銀総裁
「最近の経済進展は持続不能の可能性もある」
「失業率の高止まりは続けば緩和措置の拡大が必要」

・米政府
「石油戦略備蓄に対するオバマ政権の方針に変化は無い」

・クーレECB理事
「金融市場が全般的に正常化しつつある」
「危機が収束したかは決めるのは時期尚早」

・ムーディーズ
「独AAA格付けは経済によって依然裏付けされている」

・OECD(経済協力開発機構)
「ECBは欧州危機が悪化した場合、一段の措置検討を」



[主な経済指標等]


・米・1月S&Pケース・シラー住宅価格指数
前月比(前回)-0.50%(予想)-0.30%(結果)-0.04%
前年比(前回)-3.99%(予想)-3.80%(結果)-3.78%

・米・3月消費者信頼感指数
(前回)71.6(予想)70.1(結果)70.2

・米・3月リッチモンド連銀製造業景況指数
(前回)+20(予想)+18(結果)+7




■株式・商品市場


・日経平均:10255.15(+236.91)+2.36%
・上海総合:2347.18(-3.42)-0.15%

・ダウ平均:13197.73(-43.90)-0.33%

・英FT100:5869.55(-33.15)-0.56%
・独DAX:7078.90(-0.33)0.00%

・金先物:1687.70(-0.50)-0.03%
・原油先物:107.33(+0.30)+0.28%


*3/27終値




■今日の注目材料


[注目指標]
・09:30 2 豪・RBA金融安定報告
・14:30 2 仏・Q4GDP[確報値]
・17:30 2 英・Q4GDP[確報値]
・17:30 2 英・Q4経常収支
・21:30 3 米・2月耐久財受注
・時刻未定 3 独・3月CPI[速報値]

[会談・会合・要人発言等]
・モンティ伊首相来日(28-29日)
・10:00 米・ブラード・セントルイス連銀総裁講演
・21:00 独・バイトマン独連銀総裁講演
・24:30 欧・コンスタンシオECB副総裁講演

[その他]
・伊短期債入札(18:00)
・米・週間原油在庫(23:30)
・米・5年債入札(26:00)


*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今朝のトレンドインデックスとストラテジー


0328strategy朝

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今朝のテクニカル分析と仕掛けポイント


★大好評・絶好調のストラテジーのメイン・トレーディング手法を新規公開!★

「超実践FXトレーディング必勝法」

即実践に活用できる裁量トレーディングの必勝法で、エントリーだけでなく、ストップ・クローズ・ポジションメンテナンス方法まで細かくルール化しており、簡単にトレードの判断ができるようになっています。

約1000pipsの獲得となった先週に続き、今週も既に大幅利益獲得済みとなっています!




[ドル円]

[日足チャート]

120328usdjpy-d.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・3/15高値(84.16)
・3/27高値(83.37)

(下値ターゲット)
・5日線(現在82.79)
・日足BBミドル(現在82.52)
・3/23安値(81.96)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・3/23安値からの上昇幅に対する38.2-61.8%戻し近辺での押し目買い
・5日線~1時間足チャネル下限近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
昨日3/15高値からの下落幅に対する61.8%戻しにワンタッチして戻されています。1時間足ではチャネルが形成されています。今のところ日足BBミドル(20日線)をしっかり割れるまでは押し目買いスタンス継続。




[ユーロ円]

[日足チャート]

120328eurjpy-d.jpg


(上値ターゲット)
・2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻し(113.26)
・日足BB+2σ(現在111.62)
・2011/10/31高値(111.54)
・3/21高値(111.41)

(下値ターゲット)
・5日線(現在110.05)
・日足BBミドル(現在108.94)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・5日線~4時間足BBミドル近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
日足BBミドル(20日線)のサポートが3回ワークした形になって上昇、3/21高値と昨年10/31高値を抜けてきた場合は、2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻しがある113.26まで目立ったレジスタンスがありません。まずは先週高値を抜けられるかがポイント。




[ユーロドル]

[日足チャート]

120328eurusd-d.jpg


(上値ターゲット)
・200日線(現在1.3600)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)
・2/24高値(1.3485)
・3/27高値(1.3384)
・日足BB+2σ(現在1.3377)

(下値ターゲット)
・5日線(現在1.3292)
・4時間足BBミドル(現在1.3287)
・日足BBミドル(現在1.3201)
・3/26安値(1.3190)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・4時間足BBミドル~5日線近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
直近レンジ1.3000-1.3300を上へブレイク、2/24高値(1.3485)までは目立ったレジスタンスは見当たらず、「日足BB+2σ+2/24高値からの下落幅に対する78.6%戻し」でおさえられた昨日高値を抜けてくれば目先は1.3500方向を目指す動きが強まりそうですが、期末ということもありロングは押し目を丁寧に拾いたいところです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。





レンタルサーバーなら使えるねっと

ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今夜の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

17:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[アジア~ロンドン前半サマリー]


・独軟化でファイアーウォール強化への期待が高まり、欧州債務危機の拡大懸念が後退
・バーナンキFRB議長発言により新たな追加緩和観測台頭

というリスクオン気味の地合いながら、アジアタイムは材料不足で利益確定の動きもあり小動き、欧州株式強含みスタートでロンドン入りから若干リスクオン優勢



[今夜のポイント]


・月末・四半期末・年度末要因(リパトリ等)
・欧米経済指標
・要人発言
・欧州動向
・ヘッドライン動向
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■アジア~ロンドン前半マーケット動向


[主なヘッドライン]


・IMF(国際通貨基金)、アジア経済成長率2012年+5.9%、2013年+6.4%との見通し
・核サミット、核兵器材料の安全保障強化などで合意



[主な経済指標等]


・独・4月GFK消費者信頼感調査
(前回)6.0(予想)6.0(結果)5.9



■株式・商品市場


・日経平均:10255.15(+236.91)+2.36%
・上海総合:2347.18(-3.42)-0.15%

・ダウ先物:13237.00(+37.00)+0.28%

・英FT100:5933.30(+30.60)+0.52%
・独DAX:7139.80(++60.57)+0.86%

・金先物:1694.45(+6.25)+0.37%
・原油先物:107.10(+0.07)+0.07%


*日本時間17:20現在




■今夜/明日の注目材料


3/27(火)

[注目指標]
・22:00 2 米・1月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:00 3 米・3月消費者信頼感指数
・23:00 2 米・3月リッチモンド連銀製造業景況指数

[会談・会合・要人発言等]
・23:00 米・ダドリーNY連銀総裁講演
・25:35 米・ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
・25:45 米・バーナンキFRB議長講演
・26:20 米・フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
・28:45 米・デュークFRB理事講演

[その他]
・米・2年債入札(26:00)



3/28(水)

[注目指標]
・09:30 2 豪・RBA金融安定報告
・14:30 2 仏・Q4GDP[確報値]
・17:30 2 英・Q4GDP[確報値]
・17:30 2 英・Q4経常収支
・21:00 3 独・3月CPI[速報値]
・21:30 3 米・2月耐久財受注

[会談・会合・要人発言等]
・モンティ伊首相来日(28-29日)
・10:00 米・ブラード・セントルイス連銀総裁講演
・21:00 独・バイトマン独連銀総裁講演
・24:30 欧・コンスタンシオECB副総裁講演

[その他]
・伊短期債入札(18:00)
・米・週間原油在庫(23:30)
・米・5年債入札(26:00)



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今夜のトレンドインデックスとストラテジー


0327strategy夜

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今夜のテクニカル分析と仕掛けポイント


★大好評・絶好調のストラテジーのメイン・トレーディング手法を公開!★

「超実践FXトレーディング必勝法」

即実践に活用できる裁量トレーディングの必勝法で、エントリーだけでなく、ストップ・クローズ・ポジションメンテナンス方法まで細かくルール化しており、簡単にトレードの判断ができるようになっています。

約1000pipsの獲得となった先週に続き、今週も既に大幅利益獲得済みとなっています!




[ドル円]

[日足チャート]

120327usdjpy-d2.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・3/15高値(84.16)
・3/15高値からの下落幅に対する61.8%戻し(83.32)
・日足BB+1σ(現在83.35)
・3/19安値(83.01)

(下値ターゲット)
・日足BBミドル(現在82.40)
・3/23安値(81.96)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・3/23安値からの上昇幅に対する38.2-61.8%戻し近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
マーケットがドル売り・円売りになっているので、ドル円の動きは微妙。5日線で跳ね返されずしっかり上へ抜けて再び83円台に乗せてくれば、3/23安値が目先の底として意識されるかもしれません。サポートは日足BBミドルとトレンドライン。




[ユーロ円]

[日足チャート]

120327eurjpy-d2.jpg


(上値ターゲット)
・2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻し(113.26)
・2011/10/31高値(111.54)
・3/21高値(111.41)
・日足BB+2σ(現在111.40)

(下値ターゲット)
・5日線(現在109.98)
・日足BBミドル(現在108.82)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・4時間足BBミドル~+1σ近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
日足BBミドル(20日線)のサポートが3回ワークした形になって上昇、3/21高値と昨年10/31高値を抜けてきた場合は、2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻しがある113.26まで目立ったレジスタンスがありません。まずは先週高値を抜けられるかがポイント。




[ユーロドル]

[日足チャート]

120327eurusd-d2.jpg


(上値ターゲット)
・200日線(現在1.3605)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)
・2/24高値(1.3485)

(下値ターゲット)
・4時間足BB+1σ(現在1.3322)
・5日線(現在1.3278)
・4時間足BBミドル(現在1.3259)
・日足BBミドル(現在1.3203)
・3/26安値(1.3190)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・4時間足BBミドル~レンジブレイクリテスト近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
直近レンジ1.3000-1.3300を上へブレイクしました。2/24高値(1.3485)までは目立ったレジスタンスは見当たらず、目先は1.3500方向を目指す動きが強まりそうですが、期末ということもありロングは押し目を丁寧に拾いたいところです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。




外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込



ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今日の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

09:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[ロンドン~NYサマリー]


・メルケル独首相がESMの規模拡大を容認
・バーナンキFRB議長が金融緩和策継続示唆、QE3(量的緩和第3弾)期待が再燃

といった要因を背景に欧米株式市場大幅高、リスクオン優勢



[今日のポイント]


・月末・四半期末・年度末要因(リパトリ等)
・欧米経済指標
・要人発言
・欧州動向
・ヘッドライン動向
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




--------------------------------------------------





■ロンドン~NYマーケット動向


[主なヘッドライン]


・ユーロ圏財務相、週末に救済基金増強で合意の見通し
・米アップル、中国政府と商標権問題や投資拡大について協議
・米アメックス、11%の増配発表



[主な要人発言・報道等]


・バーナンキFRB議長 
「金融緩和は雇用の大幅拡大のために必要」
「雇用拡大のペースが持続可能は不透明」
「弱い景気が長期失業の主な要因」
「雇用市場は正常と言うには程遠い」
「雇用の大幅増加には景気が力強さを増す必要がある」
「FRBは依然として商品相場の価格を懸念」

・メルケル独首相
「EFSFをESMと並行稼働させる可能性」
「加盟国による離脱はユーロ圏を壊滅的な結果に招く」
「ギリシャの離脱を容認することは、重大な政治的誤りとなる」

・EU
「週内にファイヤーウォールの強化で合意することが極めて重要」

・ショイブレ独財務相
「ユーロ圏各国は共通の金融取引税で合意できない見通し」

・ドラギECB総裁
「金融・経済活動全般に安定化の兆候」
「銀行の資金調達環境は改善、銀行貸出は安定化しつつある」
「3年物オペは信用失墜をを避けるために計画された」

・ノワイエ仏中銀総裁
「危機前の金融政策環境にはたやすく戻ることはできない」
「バランスシートの拡大リスクがあり、それを無視することはできない」

・デベルRBA総裁補佐
「豪ドルが経済見通しに大きな影響を与えている」

・PIMCO
「FRBは4月のFOMCで新型QEを示唆する可能性も」



[主な経済指標等]


・独・3月IFO景況感指数
(前回)109.6(予想)109.6(結果)109.8

・米・2月中古住宅販売成約指数
前月比(前回)+2.0%(予想)+1.0%(結果)-0.5%
前年比(前回)+10.3%(予想)N/A(結果)+13.9%




■株式・商品市場


・日経平均:10018.24(+6.77)+0.07%
・上海総合:2350.60(+1.06)+0.05%

・ダウ平均:13241.63(+160.90)+1.23%

・英FT100:5902.70(+47.81)+0.82%
・独DAX:7079.23(+83.61)+1.20%

・金先物:1685.60(+23.20)+1.40%
・原油先物:107.03(+0.16)+0.15%


*3/26終値




■今日の注目材料


[注目指標]
・15:00 2 独・4月GFK消費者信頼感調査
・22:00 2 米・1月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:00 3 米・3月消費者信頼感指数
・23:00 2 米・3月リッチモンド連銀製造業景況指数

[会談・会合・要人発言等]
・17:00 欧・ユンケル・ユーログループ議長講演
・23:00 米・ダドリーNY連銀総裁講演
・25:35 米・ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
・25:45 米・バーナンキFRB議長講演
・26:20 米・フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
・28:45 米・デュークFRB理事講演

[その他]
・スペイン短期債入札(17:30)
・米・2年債入札(26:00)


*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今朝のトレンドインデックスとストラテジー


0327strategy朝

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今朝のテクニカル分析と仕掛けポイント


★大好評・絶好調のストラテジーのメイン・トレーディング手法を新規公開!★

「超実践FXトレーディング必勝法」

即実践に活用できる裁量トレーディングの必勝法で、エントリーだけでなく、ストップ・クローズ・ポジションメンテナンス方法まで細かくルール化しており、簡単にトレードの判断ができるようになっています。




[ドル円]

[日足チャート]

120327usdjpy-d.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・3/15高値(84.16)
・3/15高値からの下落幅に対する61.8%戻し(83.32)
・日足BB+1σ(現在83.35)
・3/19安値(83.01)

(下値ターゲット)
・日足BBミドル(現在82.40)
・3/23安値(81.96)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・3/23安値からの上昇幅に対する38.2-61.8%戻し近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
マーケットがドル売り・円売りになっているので、ドル円の動きは微妙。5日線で跳ね返されずしっかり上へ抜けて再び83円台に乗せてくれば、3/23安値が目先の底として意識されるかもしれません。サポートは日足BBミドルとトレンドライン。




[ユーロ円]

[日足チャート]

120327eurjpy-d.jpg


(上値ターゲット)
・2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻し(113.26)
・2011/10/31高値(111.54)
・3/21高値(111.41)
・日足BB+2σ(現在111.40)

(下値ターゲット)
・5日線(現在109.98)
・日足BBミドル(現在108.82)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・1時間足BBミドル・4時間足BB+1σ近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
日足BBミドル(20日線)のサポートが3回ワークした形になって上昇、3/21高値と昨年10/31高値を抜けてきた場合は、2011/4/11高値からの下落幅に対する61.8%戻しがある113.26まで目立ったレジスタンスがありません。まずは先週高値を抜けられるかがポイント。




[ユーロドル]

[日足チャート]

120327eurusd-d.jpg


(上値ターゲット)
・200日線(現在1.3605)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)
・2/24高値(1.3485)

(下値ターゲット)
・4時間足BB+1σ(現在1.3302)
・5日線(現在1.3278)
・4時間足BBミドル(現在1.3246)
・日足BBミドル(現在1.3203)
・3/26安値(1.3190)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・1時間足BBミドル・4時間足BB+1σ近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし

(コメント)
直近レンジ1.3000-1.3300を上へブレイクしました。2/24高値(1.3485)までは目立ったレジスタンスは見当たらず、目先は1.3500方向を目指す動きが強まりそうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。





レンタルサーバーなら使えるねっと

ドル円・ユーロドル・ユーロ円/今日の仕掛けポイント・テクニカル分析/主要通貨ペアトレンド分析&ストラテジー/マーケット動向とポイント

07:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[先週金曜日~週末サマリー]


弱い米住宅指標・欧米株安・長期金利低下から前半はリスクオフ優勢の流れも、米株持ち直し・金原油相場の堅調推移等を背景に持ち直し。全般に週末を控えたポジション調整の様相



[今日のポイント]


・週明け
・月末・四半期末・年度末要因(リパトリ等)
・欧州・英国サマータイム入り
・欧米経済指標
・欧州動向
・ヘッドライン動向
・株式・資源動向
・中東地政学リスク




■先週金曜日~週末マーケット動向


[主なヘッドライン]


・ダウ平均、4営業日ぶり反発
・イラン原油輸出が大幅減との報道で原油相場急騰
・ギリシャ債務交換、受付締切を4/4に延長
・ギリシャ新発10年債利回りが急上昇、20%超え



[主な要人発言・報道等]


・ウィール英MPC委員
「中期的には通常の成長に戻る」
「1Qの成長は予想より強い」
「引き続き消費者支出は弱い」

・ゴンザレス・パラモECB専務理事
「原油価格がインフレのリスク」
「中期的な物価は抑制されている」
「追加の3年物資金供給オペについては考えていない」
「出口戦略は現段階では議論されていない」

・ロックハート・アトランタ連銀総裁
「米経済は持ち直してきている」
「消費活動は底堅い」
「インフレは満足すべき範囲」
「労働市場は引き続き弱い」
「FRBのバランスシートの拡大はいくつかの懸念を引き起こす」
「欧州からのリスクは数ヶ月前より緩和されている」



[主な経済指標等]


・加・2月CPI
前月比(前回)+0.4%(予想)+0.4%(結果)+0.4%
前年比(前回)+2.5%(予想)+2.7%(結果)+2.6%

・米・2月新築住宅販売件数
前月比(前回)-0.9%(予想)+1.3%(結果)-1.6%
年率(前回)32.1万件(予想)32.5万件(結果)31.3万件




■株式・商品市場


・日経平均:10127.08(+40.59)+0.40%
・上海総合:2375.77(-2.42)-0.10%

・ダウ平均:13080.73(+34.59)+0.27%

・英FT100:5854.89(+9.24)+0.16%
・独DAX:6995.62(+14.36)+0.21%

・金先物:1662.40(+19.90)+1.21%
・原油先物:106.87(+1.52)+1.44%


*先週終値




■今週の注目材料


3/26(月)

[注目指標]
・17:00 3 独・3月IFO景況感指数
・23:00 3 米・2月中古住宅販売保留

[会談・会合・要人発言等]
・20:00 独・ショイブレ財務相講演
・20:00 米・プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
・21:00 米・バーナンキFRB議長講演
・25:00 欧・ドラギECB総裁講演

[その他]
・週明け
・欧州・英国サマータイム入り
・独短期債入札(17:30)



3/27(火)

[注目指標]
・15:00 2 独・4月GFK消費者信頼感調査
・22:00 2 米・1月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:00 3 米・3月消費者信頼感指数
・23:00 2 米・3月リッチモンド連銀製造業景況指数

[会談・会合・要人発言等]
・17:00 欧・ユンケル・ユーログループ議長講演
・23:00 米・ダドリーNY連銀総裁講演
・25:35 米・ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
・25:45 米・バーナンキFRB議長講演
・26:20 米・フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
・28:45 米・デュークFRB理事講演

[その他]
・スペイン短期債入札(17:30)
・米・2年債入札(26:00)



3/28(水)

[注目指標]
・09:30 2 豪・RBA金融安定報告
・14:30 2 仏・Q4GDP[確報値]
・17:30 2 英・Q4GDP[確報値]
・17:30 2 英・Q4経常収支
・21:00 3 独・3月CPI[速報値]
・21:30 3 米・2月耐久財受注

[会談・会合・要人発言等]
・モンティ伊首相来日(28-29日)
・10:00 米・ブラード・セントルイス連銀総裁講演
・21:00 独・バイトマン独連銀総裁講演
・24:30 欧・コンスタンシオECB副総裁講演

[その他]
・伊短期債入札(18:00)
・米・週間原油在庫(23:30)
・米・5年債入札(26:00)



3/29(木)

[注目指標]
・16:55 2 独・3月失業率・失業者数
・21:30 3 米・Q4GDP[確報値]
・21:30 3 米・Q4個人消費[確報値]
・21:30 2 米・Q4PCEコア・デフレータ[確報値]
・21:30 3 米・新規失業保険申請件数

[会談・会合・要人発言等]
・25:15 米・ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
・25:45 米・バーナンキFRB議長講演
・26:00 米・プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演

[その他]
・米・7年債入札(26:00)



3/30(金)

[注目指標]
・08:50 2 日・2月雇用統計
・08:50 2 日・2月全国消費者物価指数
・18:00 3 欧・3月CPI[速報値]
・21:30 3 加・1月GDP
・21:30 2 米・2月個人所得・個人消費
・21:30 2 米・2月PCEコアデフレータ
・22:45 3 米・3月シカゴPMI
・22:55 2 米・3月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報値]

[会談・会合・要人発言等]
・モンティ伊首相訪中(30-31日)
・07:45 米・ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演
・16:00 ユーロ圏財務相会合
・19:30 EU財務相会合(30-31日)

[その他]
・週末
・月末
・年度末
・2012年第1四半期末



*その他、株式・債券・商品市場動向、要人発言、地政学リスク等にも注意
*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間
*円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・カナダドル・スイスフラン関連
*数値は独自判断による注目レベル(低1←→5高)




--------------------------------------------------





■今朝のトレンドインデックスとストラテジー


0326strategy朝

*テクニカル分析の組み合わせによる独自インデックスとストラテジー





■今朝のテクニカル分析と仕掛けポイント


★大好評・絶好調のストラテジーのメイン・トレーディング手法を新規公開!★

「超実践FXトレーディング必勝法」

即実践に活用できる裁量トレーディングの必勝法で、エントリーだけでなく、ストップ・クローズ・ポジションメンテナンス方法まで細かくルール化しており、簡単にトレードの判断ができるようになっています。




[ドル円]

[日足]

120325usdjpy-d.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

(上値ターゲット)
・3/15高値(84.16)
・3/15高値からの下落幅に対する61.8%戻し(83.32)
・日足BB+1σ(現在83.25)
・4時間足BBミドル(現在83.11)
・5日線(現在83.06)
・3/19安値(83.01)
・4時間足75SMA(現在82.85)
・3/15高値からの下落幅に対する38.2%戻し(82.80)

(下値ターゲット)
・3/23安値(81.96)
・2/1安値からの上昇幅に対する38.2%戻し(81.05)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・2/1安値からの上昇幅に対する38.2%戻し~日足BB-1σ近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)戻り売り
・5日線~日足BB+1σ近辺での戻り売り

(コメント)
一旦調整のターゲットに到達したことで、

1, 再度上値トライ:中期的にはまだ上はありそうですが、年度末最終週に3/15高値(84.16)を抜けるかは微妙
2, 一旦再度上へ向かうものの、再度ロング筋の利益確定が出てもう一段調整
3, 81~84円近辺で揉み合い

といった3つのシナリオが考えられます。週明けの動きがポイントになりそうです。




[ユーロ円]

[日足]

120324eurjpy-d.jpg


(上値ターゲット)
・3/21高値(111.41)
・日足BB+2σ(現在110.83)
・3/21高値からの下落幅に対する61.8%戻し(110.29)
・4時間足BBミドル(現在109.94)
・5日線(現在109.88)

(下値ターゲット)
・日足BBミドル(現在108.56)
・1/16安値からの上昇幅に対する23.6%戻し(108.02)
・3/6安値からの上昇幅に対する61.8%戻し(107.84)
・日足BB-2σ(現在106.29)
・トレンドライン(現在106.26)
・3/6安値(105.62)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)戻り売り
・5日線~4時間足BBミドル~・3/21高値からの下落幅に対する61.8%戻し近辺での戻り売り

[Strategy-2](サブ)押し目買い
・トレンドライン~日足BB-2σ近辺での押し目買い

(コメント)
今週は期末&2012年第1四半期最終週となるため、リパトリといった大き目のフローが出やすい環境にあります。戻りでは売りが強まるかもしれませんので、欧州懸念の再燃に注意しながら、短期的には売りも、中期的には押し目を丁寧に拾っていくスタンスとなりそうです。




[ユーロドル]

[日足]

120324eurusd-d.jpg


(上値ターゲット)
・200日線(現在1.3615)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)
・2/24高値(1.3485)
・日足BB+2σ(現在1.3420)
・2/24高値からの下落幅に対する61.8%戻し(1.3301)

(下値ターゲット)
・トレンドライン(現在1.3165)
・4時間足75SMA(現在1.3164)
・4時間足BB-2σ(現在1.3158)
・3/22安値(1.3133)
・3/15安値(1.3003)

(仕掛けポイント)
[Strategy-1](メイン)押し目買い
・4時間足75SMA~トレンドライン近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)レンジ&ブレイクアウト
・レンジ上限下限近辺での戻り売り・押し目買い&ブレイクアウト・リテスト

(コメント)
目先マーケットはギリシャ懸念に続く新たな材料模索となっており、ユーロドルも1.3000-1.3300のレンジ推移になっています。引き続きヘッドラインに振り回されるリスクオン・オフで神経質に上下しながらの展開で、レンジをどちらへ抜けるかがポイントになりそうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。





レンタルサーバーなら使えるねっと