--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円Wave理論通りの展開で再上昇、明確なターゲット

18:15

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





昨日は 日銀金融政策決定会合 における 追加緩和 でドル売り・円買いとなりましたが、綺麗にテクニカルポイントで下げ止まっていますので、チャートのテクニカル分析観点から、目先のターゲット・エントリーポイントを推測してみたいと思います。


今回は エリオット波動 ですが、現在のドル円は非常にきれいなカウントになっていますので、世界中のかなりのトレーダーが指摘しています。ということは、ターゲットとして意識されやすいということになりますので、取り上げてみたいと思います。




121031usdjpy-d_e.jpg
[USDJPY-Daily]


日足チャートです。


エリオット・ウェーブのカウント方法は、押し目買い・戻り売りポイントや、ターゲッティングに多用される、世界的に非常に有名な方法です。


この考え方の基本は、ウェーブ(波動)には衝撃波・調整波があって、その組み合わせでレートは推移していく、というものです。しかし、全てをカウントしてしまうと非常に複雑になってしまいますし、いくつものパターンが存在しますので、今回のような分かりやすい局面での分析方法のひとつに使うのがやりやすいと思います。


現在のドル円でちょうど衝撃波が形成されていますので、これを当てはめてみたいと思います。


まずエリオット・ウェーブ理論(衝撃波・5波動)のおさらいを簡単に。衝撃波は、5つの波動で生成されます。

・第1波動(0-1)
・第2波動(1-2):第1波動の61.8%程度となることが多い
・第3波動(2-3):第1波動の138.2%・161.8%程度となることが多い
・第4波動(3-4):第3波動の38.2%~50.0%程度となることが多い
・第5波動(4-5):第1波動と同程度となることが多い(61.8%程度の場合もあり)


とされています。また追加ルールとして、

・第3波動が最長となることが多い
・第3波動もしくは第5波動はエクステンション(延長)することがある(どちらか一方のみ・両方はなし)
・第1波動終点と第4波動終点がクロスオーバーしたら波動形成は終わり
・第2波動と第4波動は違う形状となる


といったものがあります。


これをトレードにどう生かすかというと、

・第1波動の61.8%戻しで再上昇・再下落した場合は、第3波動入りが推測される。そのターゲットは第1波動の138.2%もしくは161.8%
・第3波動の38.2~50.0戻し近辺で再上昇・再下落した場合は、第5波動入りが推測される。そのターゲットは、第1波動と同程度もしくは61.8%程度

という感じで押し目買い・戻り売りとターゲッティングを設定することになります。


上記日足では、2パターンが考えられます。どちらも起点は9/13安値(77.12)となります。


最初は、先週高値(80.36)で第3波動が終了しているという見方になります。この場合、第3波動は第1波動の138.2%となります。第4波動のターゲットは第3波の38.2~50.0%(78.89-79.24)となり、昨日安値は79.26ですから、これをほぼ達成しています。現在第5波動入り、ターゲットは

・4地点から第1波動の61.8%幅上昇した地点:80.54
・4地点から第1波動と等幅上昇した地点:81.34


となります。


次に、まだ現在第3波動が継続している、という見方です。この場合、第3波動のターゲットは、

・2地点から第1波動の161.8%幅上昇した地点:80.79

となり、その後第4波動、第5波動と続くことになります。ただし、3地点を抜けた時点でRSIはおそらくダイバージェンスの位置になりそうなことは要注意ですね。


このカウント方法は、 1地点(79.20)を割り込んだ場合は、追加ルール抵触で波動形成は終了 となります。




121031usdjpy-h4_e.jpg
[USDJPY-H4]


こちらは4時間足チャートです。こちらは非常にきれいに波動が出ています。

・第1波動(0-1)
・第2波動(1-2):第1波動の61.8%
・第3波動(2-3):第1波動の161.8%
・第4波動(3-4):第3波動の38.2~50.0%の間
・1地点(78.85)と4地点(79.26)はクロスオーバーしていない
・第2波動と第4波動は違う形


と、ここまで全ての要件を満たしています。ということは、現在4地点から第5波動入りとなったと推測されます。


この第5波動のターゲットですが、

・4地点から第1波動の61.8%幅上昇地点:80.15
・4地点から第1波動の等幅上昇地点:80.70

と推測されます。また、第3波動がエクステンションしていないので、第5波動はエクステンションの可能性が残されています。




このように、エリオット・ウェーブ理論を用いて、現在のドル円上昇ターゲットを算出することができます。このターゲットに向け、短い時間足でテクニカルな押しを拾ってみるのは面白いと思います。もちろん100%はあり得ません。特に第5波動は、波動生成途中で腰折れということもよくあります。この場合は、上記日足・4時間足どのパターンも「1地点と4地点がクロスオーバーしたら波動形成は終了」というルールがありますので、この理論を使ったトレーディングの撤退ポイントは明確になっています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。
スポンサーサイト

日銀追加緩和を受け次のテーマ・NYハリケーンの影響

10:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


昨日のNYマーケットは、ハリケーン・サンディの影響でほぼクローズ状態の薄商いの中、

・スペイン第3四半期GDPが市場予想ほど悪くなかったこと
・イタリア中長期債入札で利回りが低下

といった背景をバックにユーロ買い戻し優勢。


注目イベントの 日銀金融政策決定会合 は、資産買入基金の11兆円増額による追加緩和と、特にサプライズはなく、市場の期待値より低い内容となったために失望感から円買い方向、 「Buy the rumor, sell the fact(噂で買って事実で売り)」 の典型的な流れに。ただし想定に範囲内の調整にとどまり、底堅い動きを見せたために海外勢はドル円買い戻しの動き。政府・日銀が共同で出した文書「デフレ脱却に向けた取り組み」が、今後の緩和継続観測を誘った一面も。


ここから米雇用統計(2日)・米大統領選(6日)といったビッグイベントが続き、その後には 財政の崖 と燻るユーロ圏懸念・世界経済成長懸念等がテーマとなってきます。目先イベント前一服感、新たな方向感模索でレンジとなりやすい環境にありますが、底堅くも推移しそうです。


本日は月末となりますので、実需の駆け込みフローによる動意にも注意。




■今日のポイント・注目材料


・月末
・ユーロ圏財務相電話会議、ギリシャめぐり協議
・16:00 独・9月小売売上高
・19:00 欧・10月CPI(消費者物価指数)速報
・19:00 欧・9月失業率
・22:45 米・10月シカゴ購買部協会景気指数


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・ハリケーン・サンディの影響でNYマーケットはほぼクローズ状態、薄商い
・ハリケーン・サンディによる米経済への影響が、短期的で深刻化しないとの見方で底堅い
・イタリア債入札を無難に通過、スペインGDPが予想ほど悪くなかったことでユーロ買い戻し


[主なヘッドライン]

(米)
・ハリケーン・サンディ、NYに大きな被害、地下鉄は4-5日運休
・米大統領選、オバマ・ロムニー両候補ともハリケーン対応を優先し一時休戦
・NY証券取引所、31日再開
・米労働省、予定通り2日に雇用統計発表の見込み
・8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数:前月比+0.5%、一段と上昇、住宅市場好転示す

(欧)
・スペイン第3四半期GDP速報:前期比-0.3%・前年比-1.6%、5四半期連続縮小
・イタリア5・10年物国債入札、利回りが昨年5月以来の低水準に
・ギリシャ、次回融資に向けた緊縮策の協議終結 主要与党の賛成で議会可決の公算
・10月のユーロ圏景況感指数:84.5に低下、業況指数も悪化

(その他)
・日銀金融政策決定会合、資産買入基金11兆円増額
・ジャカルタ、クアラルンプール市場、終値で史上最高値


[マーケット・データ] - Tue, Oct 30

-Nikkei 225:8841.98(-87.36)-0.98%
-Dow:休場
-FTSE 100:5845.56(+50.46)+0.87%
-DAX:7278.23(+75.07)+1.04%
-Gold:1712.10(+3.40)+0.19%
-Oil:85.68(+0.14)+0.16%




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。

日銀追加緩和も下げ限定、ドル円重要サポートラインは/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

08:15

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1031_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


前日と大きく変わらず。ドルが若干スコアを落としています。若干ながらドル売りの流れに。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1031_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


今週に入ってからの各通貨ペアの動きは方向感がなく、現時点では全通貨ペアフラットになっています。




■今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント *日本時間8:00現在


[ドル円]

121031usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]


121031usdjpy-h4.jpg
[USDJPY-H4]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

昨日の 日銀金融政策決定会合 での下げは、

・波動押し目ターゲット79.20-40
・4時間足ダイバージェンス

で79円台堅持となりました。もう少しレートがこのまま推移すれば、日足でもヒドゥンダイバージェンスになりそうです。押し目買いが入りそうな形状。4時間足ではチャネル(フラッグ)が形成されています。10/5高値(78.85)を割れたら波動終了となりますので、ここを維持できるかどうかは重要ポイント。


【今日の想定レンジ】

79.10(日足BBミドルバンド近辺) - 80.00(チャネルトップ近辺)


【今日のエントリーポイント】

・日足BBミドルバンド近辺(押し目買い)




[ユーロ円]

121031eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]


121031eurjpy-h4.jpg
[EURJPY-H4]

【今日のテクニカル】

昨日安値は200日線(赤いライン)でサポート、日足BBミドル(=20日線)より上で陽線引け。アップトレンドラインも維持されています。昨日安値で4時間足は

・4時間足BB-2σライン
・下ヒゲ
・ダイバージェンス
・ヒドゥンダイバージェンス
・10/23高値からの下落ターゲット138.2%ライン

となっており、リバーサルしています。目先底堅く推移しそうなチャート形状。


【今日の想定レンジ】

102.40(4時間足BB-2σライン近辺) - 104.20(4時間足ダウントレンドライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BB-1・-2σライン近辺(押し目買い)




[ユーロドル]

121031eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


121031eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]

【今日のテクニカル】

直近7週に渡って1.2800~1.3170のボックス推移、

・ボックストップ:日足BB+2σライン・9/17高値(1.3170)近辺
・ボックスボトム:200日線・日足BB-2σライン・1.2800近辺

のあたりにレートが接近するようであれば、動きを注視する必要があります。日足RSIは真ん中、日足BBは全くの横ばい推移と、完全にレンジ状態。

昨日戻り高値は、10/17高値からの下落幅に対する38.2%戻しまでありました。ここを抜けてくるようであれば、同61.8%戻しライン(1.3040)あたりを目指す動きが想定されます。


【今日の想定レンジ】

1.2920(4時間足BBミドルバンド近辺) - 1.3050(10/17高値からの下落幅に対する61.8%戻し近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド近辺(押し目買い)




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。

日銀金融政策決定会合シナリオとNYハリケーンの影響

10:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


昨日のNY市場は ハリケーン・サンディ の影響で

・株式市場は休場、債券市場は半日取引
・為替市場も参加者が少なく、通常の1/3程度の薄商い

とほぼクローズ状態の中、

・ギリシャ財政再建をめぐる先行き不透明感
・スペインが全面支援に踏み切る兆候が見られず

でユーロが弱含み。ドル円・クロス円は、 日銀金融政策決定会合 待ちの状況。


目先のヤマ場のひとつである本日の 日銀金融政策決定会合 ですが、既に資産買い入れ基金の10兆円程度の増額は織り込み済みとなっており、上値トライはサプライズがあるかどうか、発表後の為替の反応が最大の注目点となります。 前原経財相 が出席、政府の圧力もありそうです。

・基金拡大枠を20兆円拡大
・資産買い入れ基金の残高達成期限を撤廃し、事実上の無期限(オープンエンド)緩和と位置付け
・日銀が外債購入に言及する可能性

といった予想を超えたサプライズ材料が出れば、再び円売り活発化・80円台乗せが想定されますが、その場合も景気先行き不透明感から、一過性となることも。市場予想程度の緩和にとどまった場合は、円買い圧力が強まりそうです。


白川日銀総裁の会見内容にも注目となります。


なお、本日も ハリケーン・サンディ の影響でNY株式・債券市場の休場が決定していますので、NYタイムは薄商いとなりそうです。




■今日のポイント・注目材料


・NY株式・債券市場休場(ハリケーン・サンディの影響)
・NY商品市場はフロア取引は休場、電子取引のみ
・日銀金融政策決定会合
・15:30 白川日銀総裁会見
・17:00 第3四半期スペインGDP速報
・17:00 ドラギECB総裁講演
・17:55 独・10月雇用統計
・19:00 欧・10月景況感・業況感指数
・19:00 イタリア中期債入札
・22:00 米・8月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:00 米・10月消費者信頼感指数


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・ハリケーン・サンディの影響でNY市場がほぼクローズ、為替商いは通常の1/3
・スペイン・ギリシャめぐる不透明感でユーロが対ドル・円で下落


[主なヘッドライン]

(米)
・ハリケーン・サンディ、米東部に上陸へ、経済損失200億ドルも
・NY株・債券取引は30日も中止、ハリケーンの影響深刻、月末の再開が焦点
・ハリケーンの影響で参加者少なく、為替取引は通常の3分の1
・ロムニー・オバマ両氏、29・30日の遊説中止
・米9月個人所得:前月比+0.4%(市場予想+0.4%、前回+0.1%)
・米9月個人支出:前月比+0.8%(市場予想+0.6%、前回+0.5%)
・米9月PCEデフレータ:前月比+1.7%(市場予想+1.7%、前回+1.5%)

(欧)
・イタリア・ベルルスコーニ前首相、モンティ首相率いる現政権への支持撤回示唆、欧州債券市場ではイタリアとスペイン国債の利回り上昇、独連邦債買われる
・フィッチ、イタリアのシチリア州格付けをBBBに引き下げ
・9月スペイン小売売上高、付加価値税増税で記録的落ち込み


[マーケット・データ] - Mon, Oct 29

-Nikkei 225:8929.34(-3.72)-0.04%
-Dow:休場
-FTSE 100: 5794.90(-11.81)-0.20%
-DAX:7204.81(-27.04)-0.37%
-Gold:1708.70(-3.20)-0.19%
-Oil:85.54(-0.74)-0.86%




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。

日銀会合、ドル円重要ラインとトレード判断ポイントは/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

08:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1030_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


前日とほぼ変わらずの位置にあります。ポンド・ユーロが若干右肩下がりになっています。豪ドルが最強・カナダドルが最弱の構図変わらず。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1030_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


ポンドが上昇の勢いを弱めています。本日は 日銀金融政策決定会合 があるので、ドル円・クロス円の動向が注目されます。




■今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント *日本時間8:00現在


[ドル円]

121030usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

昨日は200日線(赤いライン)がサポート、32pipsのみの値幅。依然日足BBミドルバンド(=20日線)がまだ右肩上がりであることから、押し目では買いがはいりそうなチャート形状。波動的には79.20-40あたりが押し目目処、1時間足や4時間足でのヒドゥンダイバージェンスが判断材料になりそうです。今日は 日銀金融政策決定会合 で大きく動きそうです。


【今日の想定レンジ】

79.00(日足BBミドルバンド近辺) - 80.40(日足BB+2σライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・日足BBミドルバンド近辺(押し目買い)
・日足BB+2σライン近辺(戻り売り)




[ユーロ円]

121030eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]

【今日のテクニカル】

昨日は日足BBミドルバンド(=20日線)がサポートになっています。ここから下は、

・日足BBミドルバンド(=20日線)(現在102.54)
・200日線(現在102.05)
・アップトレンドライン(現在101.40-50)
・日足BB-1σライン(現在101.47)
・10/11安値(100.12)

といったサポートが断続的に並んでおり、まずは7月安値以降約4ヶ月続いているアップトレンドが継続できるかどうかの分岐点になります。今日は 日銀金融政策決定会合 でのドル円動向の影響を大きく受けそうです。


【今日の想定レンジ】

101.40(日足BB-1σライン近辺) - 103.70(日足BB+1σライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・日足BB-1σライン近辺(押し目買い)
・日足BB+1σライン近辺(戻り売り)




[ユーロドル]

121030eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]

【今日のテクニカル】

直近7週に渡って1.2800~1.3170のボックス推移、

・ボックストップ:日足BB+2σライン・9/17高値(1.3170)近辺
・ボックスボトム:200日線・日足BB-2σライン・1.2800近辺

のあたりにレートが接近するようであれば、動きを注視する必要があります。日足RSIはヒドゥンダイバージェンスになっています。現在アップトレンドラインにあたっていますが、ボックスの方が意識されそうです。


【今日の想定レンジ】

1.2830(日足BB-2σ近辺) - 1.2980(日足BBミドルバンド近辺)


【今日のエントリーポイント】

・日足BB-2σライン近辺(押し目買い)
・日足BBミドルバンド近辺(戻り売り)




★具体的なエントリー方法・ストップを置く位置・決済方法は、 「超実践FXトレーディング必勝法」 に掲載されています。ダマシ排除&エントリーの精度アップに効果的です。決済ポイントも決まりますので、利益を伸ばせます。

「超実践FXトレーディング必勝法」手法検証サイト でトレード事例(フォワード・パフォーマンス)を公開しています。

[直近のテキスト手法トレード事例]

・10/26 ユーロドル +101pips
・10/26 ドル円 +153pips
・10/25 ドル円 +228pips
・10/24 ユーロドル +103pips
・10/24 ユーロドル +127pips
・10/23 ユーロ円 +298pips
・10/23 豪ドル円 +71pips
・10/23 ポンド円 +115pips
・10/19 ユーロドル +81pips
・10/19 カナダ円 +89pips
・10/19 ユーロドル +88pips
・10/18 スイス円 +208pips
・10/18 豪ドル米ドル +199pips
・10/18 豪ドル円 +210pips
・10/17 ユーロドル +193pips
・10/16 ユーロドル +175pips
・10/16 ユーロドル +100pips
・10/16 ユーロ円 +90pips
・10/16 ポンド円 +207pips




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。