--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円ユーロ円・週末ここからの想定シナリオと注目点・今日の狙い目通貨ペア/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

12:15

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1130_cb.jpg
[Daily - 日本時間12:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


スイスが最強、円が最弱の構図は変わらずも、ユーロの上昇・豪ドルの下落が目立つ状況。今日はユーロ円の押し目買い・ユーロオージーの押し目買いに妙味。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1130_ti.jpg
[Daily - 日本時間12:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


欧州通貨が強く、オージーがトレンドを若干下げています。短期軸での3通貨の強弱は、ユーロ>ポンド>オージー。クロス円であれば、今日は対欧州通貨の方がパフォーマンス期待値が高そうです。




■今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント *日本時間12:00現在


[ドル円]

121130usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]


121130usdjpy-h4.jpg
[USDJPY-H4]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

再びレートが5日線の上に抜けており、短期ターゲットは11/22高値の82.82。このレートを抜けてきた場合、RSIが日足でダイバージェンスになることに注意。上にはストップがあり抜けたら巻き込みそうですが、今日の月末・週末の日柄も考慮すべき。

4時間足では、昨日レートがBBミドルを抜けたら上方向としていましたので、ここは上。ここからミドルバンドの傾きと±2σラインがワイドニングしていくかどうかが注目ポイント。この2点が揃うようであれば押し目買い意欲がありそうです。RSIの位置もよく見る必要。


【今日の想定レンジ】

81.70(4時間足75SMA近辺) - 82.90(11/22高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド~-2σライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロ円]

121130eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]


121130eurjpy-h4.jpg
[EURJPY-H4]


【今日のテクニカル】

今週月曜の高値を更新してきました。やはり一昨日の下ヒゲ十字線が効いています。今日は月末・週末であり、日足RSIがダイバージェンスの位置にあることは意識しておく必要。

4時間足では、レートがBBミドルを抜けており、ここからミドルバンドの傾きと±2σラインがワイドニングしていくかどうかが注目ポイント。この2点が揃うようであれば押し目買い意欲がありそうです。RSIの位置もよく見る必要。


【今日の想定レンジ】

105.90(4時間足BB-1σライン近辺) - 107.80(3/21高値からの下落幅に対する78.6%戻しライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド~-2σライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロドル]

121130eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


121130eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]

【今日のテクニカル】

現在2011年5月高値起点のダウントレンドラインにあたっていますが、ここは

・日足BB+2σライン
・今週火・木曜の1.3010レベルのダブルトップライン
・週足BB+1σライン
・4時間足+2σライン

というテクニカルレジスタンスが揃うゾーンです。ここを抜けるようであれば、9/17高値(1.3170)を目指してくるシナリオが想定されます。抜けられないようであればダブルトップが意識され、今週のサポートラインとなった4時間足200SMAのネックラインを目指すシナリオが想定されます。ここは重要な分岐点。先週金曜NYタイムに薄いマーケットで急伸しているので、週末といえども気を抜けない状況。


【今日の想定レンジ】

1.2920(4時間足BB-1σライン近辺) - 1.3070(9/17高値からの下落幅に対する78.6%戻しライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド~-2σライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




11月はドル円・クロス円がすごいことに!この相場で取れていない方は・・・

★具体的なエントリー方法・ストップを置く位置・決済方法は、 「超実践FXトレーディング必勝法」 に掲載されています。ダマシ排除&エントリーの精度アップに効果的です。決済ポイントも決まりますので、利益を伸ばせます。

「超実践FXトレーディング必勝法」手法検証サイト でトレード事例(フォワード・パフォーマンス)を公開しています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。
スポンサーサイト

今日の円相場の流れとシナリオ・安倍発言と注目点

11:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


昨日のNYマーケットは

・前半:ギリシャ債務削減策の実現性や米「財政の崖」問題をめぐる不透明感でリスクオフ
・後半:共和党のベイナー下院議長が合意楽観視・オバマ大統領がクリスマス前の合意観測で巻き戻し

で「往って来い」の展開。NYダウが前日比一時-100ドル超えから一気に+100ドル超えまで急反発、為替マーケットも連動。


昨日のマーケットは象徴的で、マーケットのリスクオン・オフ要因が明確化。

・欧州懸念(今はギリシャ債務削減問題)に対する不透明感
・米財政の崖問題に対する不透明感

に対し、ネガティブなヘッドラインが出たらリスクオフ・その逆が巻き戻しという展開が続き、方向感がはっきりしない状況。依然不透明感は燻っており、マーケットの雰囲気が替わりやすくなっていることから、突っ込んだポジショニングはちょっと避けておきたい局面。


11月最終週・月末といった要因も積極的なポジショニングは避けたいところで、ヘッジファンド勢の11月末決算や月末のリバランスに関連するディールの影響も受けそう。


昨日はドル円は81.50-70にテクニカルサポートによる買いオーダー、ユーロ円は105.40-50のサポートオーダーがワークして反転したものの、直近の過熱感は依然残っており、「下値では買い・上値では売り」という状況。ちょっと目先は方向感が出にくそう。押した局面で丁寧に拾う程度にとどめておいた方が無難。昨日の押しで調整完了か、もう一段の押しがあるか、現時点ではちょっと判断に難しい不安定な状況。


今朝も安倍自民党総裁「物価目標2%達成するまで無制限な金融緩和を」発言がありましたが、今夜は安倍総裁と野田首相のネット会談が予定されています。




■今日のポイント・注目材料


・17:55 独・11月雇用統計
・19:00 イタリア国債入札
・19:00 欧・11月景況感・業況感指数
・19:30 英・BOE(英中銀)12月金融安定化報告
・20:00 ネット番組で野田首相、安倍自民総裁らが党首会談
・22:30 米・第3四半期GDP改定
・22:30 米・第3四半期個人消費改定
・22:30 米・週間新規失業保険申請件数
・24:00 米・10月中古住宅販売成約指数


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・ギリシャ債務削減策の実現性や米財政問題への懸念でリスクオフも、ベイナー米下院議長発言で「財政の崖」回避へ期待高まり巻き戻しの「往って来い」


[主なヘッドライン]

(米)
・「財政の崖」協議、歳出削減伴えば歳入について協議する用意(ベイナー米下院議長)
・米経済は抑制されたペースで推移、雇用も控えめ(地区連銀経済報告)
・「財政の崖」回避と赤字削減策でクリスマス前の合意望む(オバマ米大統領)

(欧)
・ユーロ圏中銀、ギリシャ国債のロールオーバーに応じる可能性(ユーロ圏財務相会合)
・仏AAA格付け、財政再建未達なら来年引き下げの公算(フィッチ)
・スペインの金融改革は順調、銀行などのリスク高くこの先障害も(IMF)
・BOE(英中銀)、追加資産購入の可能性排除せず(ビーン副総裁)
・イタリア短期債入札、利回りが危機波及前・2010年4月以来の低水準に
・独5年債入札に堅調な需要、米「財政の崖」懸念で安全志向強まる
・独11月CPI(消費者物価指数)速報:前年比+1.9%(市場予想+1.9%、前月+2.0%)
・10月スペイン小売売上高:前年比-9.7%、マイナスは2年4ヶ月連続

(その他)
・「物価目標2%達成するまで無制限な金融緩和を」(安倍自民総裁)


[マーケット・データ] - Wed, Nov 28

-Nikkei 225:9308.35(-114.95)-1.22%
-Dow:12985.11(+106.98)+0.83%
-FTSE 100:5803.28(+3.57)+0.06%
-DAX:7343.41(+11.08)+0.15%
-Gold:1718.80(-26.00)-1.49%
-Oil:86.49(-0.69)-0.79%




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。

ドル円ユーロ円・今日の想定シナリオと注目ポイント・今日の狙い目通貨ペア/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

08:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1129_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


今週は動きが少ないのですが、ドルと円が弱い・ポンドは中段・それ以外は強めというリスクオン傾向は継続。「強い通貨を弱い通貨に対して買う」「弱い通貨を強い通貨に対して売る」「勢いのある通貨を勢いのない通貨に対して買う」「勢いのない通貨を勢いのある通貨に対して売る」というのが、カレンシーバランスの使い方。今日はオージードルの押し目買いに妙味。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1129_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


昨日はリスクオフの巻き戻しとなりましたが、今週は全般に調整で方向感がない状況で、トレンド的にはフラット。短い時間軸では「オージー>ユーロ>ポンド」。




■今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント *日本時間8:00現在


[ドル円]

121129usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]


121129usdjpy-h4.jpg
[USDJPY-H4]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

日足では、昨日はBB+1σライン一時割り込みも戻して引け。6本前の長い陽線を5本のローソク足でも戻していないところが底堅さと押し目買い意欲を示しているものの、2日連続して5日線(黄色いライン)がレジスタンスとなっていることから、上方向はこのラインを抜けてから。ちなみにここから11/22高値(82.82)を上抜けた場合、日足レベルで分かりやすいダイバージェンスになりそう。

4時間足ではフラッグですが、それより手前にここ2週間「サポート→ブレイク→レジスタンス」と推移してきたBBミドルバンド(=20SMA)があるので、これを抜けた時点で買いが出そうなチャート形状。11/22高値近辺が短期ターゲット。


【今日の想定レンジ】

81.30(11/9安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン) - 82.80(11/22高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・9/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン近辺(押し目買い)
・11/9安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロ円]

121129eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]


121129eurjpy-h4.jpg
[EURJPY-H4]

【今日のテクニカル】

日足では、昨日は約100pipsの長い下ヒゲを持つ十字線で底堅い足も、オシレーターは依然過熱感。4時間足を見ると、昨日安値は「11/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン+ヒドゥンダイバージェンス」で分かりやすい買いポイント。ここからはBBが横ばい・RSIが真ん中近辺とちょっと慎重に行きたい局面に。戻りは売りが出やすいチャート形状。昨日のメルマガの「105.40で買い」はバッチリでしたね。+100pips以上いけています。


【今日の想定レンジ】

104.50(11/13安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺) - 107.20(11/26高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・11/13安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロドル]

121129eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


121129eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]

【今日のテクニカル】

昨日は日足では+1σライン・4時間足では200SMA(赤いライン)が綺麗にサポート。4時間足200SMAは先週に一度揉み合ってブレイクしたラインですので、ヒドゥンダイバージェンスもあり分かりやすい反発ライン。この戻りもまたBBミドルバンドと分かりやすい流れ。4時間足ではRSI・BBともにフラットであることから目先慎重に。日足ではBBがフラット・なかなか昨年5月高値起点のダウントレンドラインを抜けない状況。これを抜けたら新たなフェーズ入り、抜けなければレンジになりやすそうなチャート形状に。


【今日の想定レンジ】

1.2870(11/13安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺) - 1.3010(11/27高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・11/13安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




11月はドル円・クロス円がすごいことに!この相場で取れていない方は・・・

★具体的なエントリー方法・ストップを置く位置・決済方法は、 「超実践FXトレーディング必勝法」 に掲載されています。ダマシ排除&エントリーの精度アップに効果的です。決済ポイントも決まりますので、利益を伸ばせます。

「超実践FXトレーディング必勝法」手法検証サイト でトレード事例(フォワード・パフォーマンス)を公開しています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。

ここからの円相場の流れとシナリオ、ドル円押し目目処

11:15

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


ユーロ圏財務相とIMF(国際通貨基金)がギリシャ債務削減策について合意で買われたユーロは、

・合意の詳細がはっきりせず
・ギリシャが債務削減目標を達成できるのか懸念
・債券買い戻し案に対する疑問燻る
・ギリシャめぐる合意は玉虫色の決着との見方

と、不透明感から押し戻される結果に。直近のユーロはギリシャ支援期待で買い上げられていたことから、材料出尽くしで「Buy the rumor, sell the fact(噂で買って事実で売り)」的側面も。ユーロドルは前週に大幅上昇していたことから、短期ロング筋は昨日伸びきったところ(1.3000近辺)で一斉に利益確定の動きに。


欧州関連は、再びスペイン支援動向へ焦点が移行しそうです。


・米感謝祭ウィークの小売店売上高が前年比4.5%増
・米サイバーマンデー売上高、前年比+30.3%の大幅増で過去最高
・米消費者信頼感の改善

が明るい結果となっているものの、昨日発表された OECD(経済協力開発機構) 最新経済見通しでは

・2013年の世界全体のGDP(国民総生産)伸び率予想を5月時点の4.2%から3.4%に引き下げ
・ユーロ圏債務危機、世界経済見通しにとって最大の脅威
・スペイン、財政再建目標達成は困難、追加緊縮で景気一段と悪化も
・中国の経済成長率、輸出低迷で伸び悩む見通し

といった先行き不透明感。


米議会は感謝祭ウィークの休会が明け、減税失効と歳出の自動削減開始が重なる「財政の崖」回避に向けた協議が再開されたものの、依然解決の行方は見出せず進展なしといった中、リスクオンの巻き戻しも。


ドル円はさすがに11月にはいって4円近く上昇していることから、調整の動き。直近の円売り相場を仕掛けた海外短期投機筋はかなりの部分既に利益確定済み、感謝祭ウィークを過ぎクリスマス休暇に向かう中、世界主要ヘッジファンド勢が一斉に決算を迎える11月最終週半ばであることから、ちょっと動きづらいのも事実。


テクニカル的には

・9/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻し(81.47)
・同38.2%戻し(80.64)
・11/9安値からの上昇幅に対する38.2%戻し(81.38)
・日足BBミドルバンド(=20日線、現在80.90)

あたりが目立った目先のサポート、この近辺で押し目買い条件が揃うかどうかがポイント。


大きな流れとしては、

・根強い米「財政の崖」問題に対する懸念はあるものの最終的には回避されるとの楽観、足元の米経済指標が底堅く、大きくドルを売りこみにくい
・目先のギリシャ融資問題はクリア、新たな懸念一服であることから大きくユーロを売り込みにくい

環境の中、

・12月16日に衆議院選挙を控え、自民党政権有力視も政権不安
・日銀金融緩和観測
・エネルギー問題
・貿易赤字
・対中懸念、経済への影響

といった背景から、市場の目は日本へ向きやすくなっており、現在の円売り一服・揉み合いの流れを通過したら、再度円相場となるというシナリオも一考の余地。




■今日のポイント・注目材料


・イタリア6ヶ月債入札
・ドイツ5年債入札
・22:00 独・11月CPI(消費者物価指数)速報
・24:00 米・10月新築住宅販売件数
・28:00 米・ベージュブック(米地区連銀経済報告)


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・ギリシャ債務削減策をめぐる懸念で、ユーロが対ドル・対円で下落

[主なヘッドライン]

(米)
・米サイバーマンデー売上高、前年比+30.3%の大幅増で過去最高
・11月第3週大規模小売店売上高指数、前年比+4.5%
・Windows8、ライセンス販売が発売1ヶ月で4000万件
・米政府、中国の為替操作国認定見送り
・FRBは失業率が少なくとも6.5%に低下するまで低金利政策継続すべき(シカゴ地区連銀総裁)
・11月消費者信頼感指数が73.7に上昇、2008年2月以来4年半ぶりの高水準
・10月耐久財受注:前月比変わらず(市場予想-0.7%、前回+9.2%)
・9月住宅価格指数:前月比+0.2%、前年比+4.4%

(欧)
・ドイツ下院、ギリシャ融資実施を週内に承認へ
・イタリア2年債入札、利回りが2010年10月以来の低水準、ギリシャ向け支援合意を好感
・ギリシャめぐる合意受け独連邦債が下落、不透明感から下げは限定的
・10月フランス失業者数が前月比1.5%増、14年半ぶりの水準に悪化
・スペイン、財政再建目標達成は困難、追加緊縮で景気一段と悪化も(OECD)

(その他)
・フィッチ、アルゼンチン格付けをCCに引き下げ、デフォルトの可能性高まる


[マーケット・データ] - Tue, Nov 27

-Nikkei 225:9423.30(+34.36)+0.37%
-Dow:12878.13(-89.24)-0.69%
-FTSE 100:5799.71(+12.99)+0.22%
-DAX:7332.33(+40.30)+0.55%
-Gold:1742.30(-7.30)-0.42%
-Oil:87.18(-0.56)-0.64%




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。

ドル円ユーロ円の押し目目処とここから・今日の狙い目通貨ペア/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

08:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1128_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


ほぼ全通貨が直近の動きに逆行、11月末決算でマーケット全体が利益確定の動きになっていることが分かります。。「強い通貨を弱い通貨に対して買う」「弱い通貨を強い通貨に対して売る」「勢いのある通貨を勢いのない通貨に対して買う」「勢いのない通貨を勢いのある通貨に対して売る」というのが、カレンシーバランスの使い方。今日はドルスイスの押し目買いに妙味。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1128_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


マーケットが利益確定の流れになっていることから、全通貨ペア一時的にフラットになっています。短期軸ではユーロ・オージー・ポンドはほぼ拮抗。




■今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント *日本時間8:00現在


[ドル円]

121128usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]


121128usdjpy-h4.jpg
[USDJPY-H4]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

昨日は日足BB+1σラインがサポート。これは「BBミドルバンドが右肩上がりで+2σラインを突き抜けた時は、最初の押し目は+1σラインが目標」のセオリー通り。4営業日かけても5本前の1本の陽線の起点までも戻せていないことから底堅さ。

5日線をレートが下抜け、昨日はレジスタンスに転じていることは注意。RSIは依然高い数値のままで、もう少し押し目があっても。直近目安は9/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン、上昇してくる日足BBミドルバンドあたり。

ただし4時間足ではフラッグになっており、BBはスクイーズ、このフラッグを上へ抜けたら先週高値を再トライの形。ただしその場合の上値余地は限定的では。


【今日の想定レンジ】

81.30(11/9安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン) - 82.80(11/22高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・9/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン近辺(押し目買い)
・11/9安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロ円]

121128eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]


121128eurjpy-h4.jpg
[EURJPY-H4]

【今日のテクニカル】

昨日は高値・安値共に前日を更新せず小動き。日足BBミドルバンドが右肩上がり、±2σラインがワイドニングのフェーズで押し目買い優勢も、BBがスクイーズに転じたら利益確定の売りが出やすい形に。ここ2週間の上昇幅に対して調整があまりに小さく、この位置ではちょっと乗りにくい状況で、少なくとも11/13安値からの上昇幅に対する23.6-38.2%程度の調整を見たい局面では。

今日は4時間足BBが横ばいスクイーズですが、11/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しラインと日足BB+1σラインが共に105.50近辺にあります。この105midが直近目先のテクニカルサポートになりやすそうです。オシレーターがエントリー判断の基準に。


【今日の想定レンジ】

105.40(11/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン近辺) - 107.20(11/26高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・11/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロドル]

121128eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


121128eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]

【今日のテクニカル】

「週足BB+1σライン+2011年5月高値近辺を起点とするダウントレンドライン+日足BB+2σライン」のレジスタンスで昨日高値は押し戻された形。このレジスタンスゾーンはちょっと厚め。昨日は前日高値を上抜けた後に前日安値を割っており、足型的にはちょっと押されそうな形。昨日サポートになっている日足BB+1σラインを割り込んだ場合はミドルバンド近辺までの押しも想定できそう。ただしレジスタンスゾーンを上抜けたらストップ巻き込みも。

4時間足では昨日は11/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻しラインのサポートがワークしています。BBがスクイーズに転じており、ここを割り込んだら38.2%戻しラインあたりまでも。RSIはヒドゥンダイバージェンスです。


【今日の想定レンジ】

1.2870(11/13安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺) - 1.3010(11/27高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・11/13安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




11月はドル円・クロス円がすごいことに!この相場で取れていない方は・・・

★具体的なエントリー方法・ストップを置く位置・決済方法は、 「超実践FXトレーディング必勝法」 に掲載されています。ダマシ排除&エントリーの精度アップに効果的です。決済ポイントも決まりますので、利益を伸ばせます。

「超実践FXトレーディング必勝法」手法検証サイト でトレード事例(フォワード・パフォーマンス)を公開しています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。