--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円テクニカル・目先の下値メド&戻り売りポイント

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週は月に一度のイベント週です。今週は水~金の3日間に重要イベントが集中しています。マーケットが大きく動きますし、イベント前はポジション調整で上下にレートが振幅しやすくなりますので十分に注意してください。


週明けのファンダメンタルズ的には、

・FOMCのフォワードガイダンス変更観測(利上げ基準を失業率6.5%→6.0%へ)
・次期FRB議長にサマーズ元財務長官説台頭(金融政策専門外・財務長官時代の市場対応能力に対する疑義)

という先週の2つのドル売り要因が、ここまで築かれたドルロング解消につながっています。今日は日経平均も先週末比468円85銭安の1万3661円13銭で終了しており、イベント前に向けてこの流れが継続しそうです。


水~金に米GDP・FOMC・ECB政策金利発表&ドラギECB総裁会見・米雇用統計を控えていますので、ここから新規のポジション建ては難しく、特にドルペアは日本時間水曜27時のFOMC結果を見るまで動きにくい状況です。週明け~半ばにかけては「ドルの戻り売り」からの流れが優勢となりそうです。


20130731_uj_d_l.png


日足です。今日は97.62まで安値がありました。このポイントですが、

・6月13日安値(93.78)~7月8日高値(101.52)の上昇幅に対する半値戻しライン(97.65)
・7月8日高値(101.52)起点のNラインターゲット(フィボナッチエクスパンション100%ライン)(97.59)

があります。さらに、後述の4時間足でも97.65はひとつの重要なターゲットです。このあたりのゾーンで、高値の売りポジションは解消(=買戻し)が出やすいです。今日の日足ですが、十字線か下ヒゲ陽線になるようであれば、今朝の安値が目先イベント前の安値基準になる可能性があります。


ただしそのような場合、その下には当然逆指値・ストップロスが並びますので、そこを付けた場合は下へ伸びるリスクを警戒しておく必要があります。今日の日足確定時点(日本時間明朝6:00)の足形は、非常に重要。


ただしイベント前ですので、ここから買いポジションはリスク含みの逆張りになりますので、基本的には厳しいと思います。ストキャスは下向きですし、ボリンジャーはミドルバンドが下向きに転じてエクスパンション傾向です。戻りは売りが優勢になる形です。


20130731_uj_h4_l.png


4時間足です。今朝の安値は、

・7月19日高値(A)起点、CからA-B幅の161.8%地点(97.65)

です。ここは、上記日足のところでも重要なサポートゾーンですので、一旦下げが止まる可能性があるポイントになります。その場合ですが、

・C-Dの38.2%戻しライン(98.70)~半値戻しライン(99.03)

が戻り売りポイントになります。これはエリオット波動の考え方になります。

・A-Bが1波・B-Cが2波(1波の61.8%戻し)
・C-Dが3波(1波の161.8%)

ですので、ここから4波(戻り)入りの可能性があります。5波は、1波と同幅(172pips)が想定されます。


4時間足での目先のトレードプランとしては、これらのフィボナッチポイントに

・20/25SMA
・ボリンジャー-1σライン・ミドルバンド

が重なったら、

・陰線確認
・ストキャスのクロス、2本のラインが共に下を向いているのを確認

で戻り売りといったところになるでしょうか。戻り売りを入れるには、できればストキャスは50より上まで戻してほしいところですが。


Dealer's Eye では、もう少し目先短期のトレードプランをアップしています。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。
スポンサーサイト

ポンド円トレード事例とエントリー・エグジット方法

10:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20130727_gj_l1.png


MAトレード 」での理想的なトレード事例をアップします。ポンド円1時間足です。1時間足デイトレで、このような理想的なトレードが、誰でも実践できるようになります。


7/26(金)日本時間08:00に売りサインになりました。下方向への流れが出始めて、ダウ理論的にもひとつ前のスイングロー(谷)を割り込みましたので、下方向への流れ開始のシグナルが揃っています。ボリンジャーも右下がりになった中での戻り売り、リスクが少なくすぐ利が伸ばせる、理想的なエントリーポイントでサインが揃っています。


MAトレード 」はテクニカルベースで様々な要因が重なるところでエントリーサインが揃うようになっているので、エントリーの精度はとても高いんです。エントリーして、ほとんどの場合プラス方向に進みます。足元の流れを確認してからエントリーするので、「エントリーしたらそこが天井だった・底値だった」という「高値掴み・底値売り」の可能性はほとんどありません。その中で今回の例のように、「ダウントレンド方向への戻り売り」は、もっともパフォーマンス期待値の高いポジション建てですね。

・152.70 売り(赤い矢印のところ)


週内に半分利益確定のサインが揃っています。

・151.01 半決済+BE(ブレークイーブン) +169pips


現在半分決済&ブレークイーブンで、残りはリスクフリーです。もう「損はない状態で、しかも利益は半分確保していて、さらに利益を伸ばせるだけ伸ばせる」という理想的な状況になっています。チャート的には週明けにもう一段下げる可能性が高そうです。その前に2番目の条件が来たら、残りも利益確定です。


このように、流れが出ると、とにかく「 MAトレード 」は破壊力を持っています。エントリーももちろんですが、エグジットもルールが細かく決められていて、利を伸ばすことができます。是非「流れに乗って利を伸ばす」感覚でトレードをやってみてください。


トレードで利益を獲得するには、

・足元の流れを判断すること
・エントリーの精度をアップすること
・利益をできるだけ伸ばし、ベストのタイミングでエグジットすること


に尽きます。「 MAトレード 」のトレードルールは、この部分をすべて網羅していますので、トレードスキル・レベルに関わらず、うまいトレードができるようになります。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。

ドル円下げ止まりポイントは・最新テクニカル分析

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


昨日高値から約200pipsほど下げ、重要なテクニカルラインを割り込んできています。


この下落に関しては、下落トレンド入りというよりは、直近の上昇過程で形成されたロングポジションの利益確定のポジション整理と見ていいと思います。今日は

・週末
・月末が近い
・来週がイベントラッシュ
・徐々にサマーバケーション入り

ということで、ポジション調整が出やすいタイミングになっています。新規ポジ建てでレートが動く、というよりは、ここまでのポジション(ドル買い方向)の解消で逆行しやすいということです。6月から7月にかけて8円近く上げたのに対して、まだ3円程度しか調整していません。たとえば、ドル円はここまで買われてきたので、イベント前・夏休み前に手仕舞いの売りを出しておこう、といった感じです。


来週は米雇用統計がありますから、ここから積極的な上攻め・下攻めの可能性はそう高くないと思います。ではどの程度まで目先下値が想定されるか、現時点のチャートで見てみたいと思います。


20130726_uj_d_l.png


日足です。

・シンメトリカル・トライアングル割れ
・ボリンジャー・ミドルバンド(20日線)割れ
・ここまでサポレジとしてよく機能している25日線(紫)割れ
・直近サポレジとして機能している75日線(青)割れ
・ストキャスは2本ともに下向き

と、いわゆる「下値警戒」の形になっています。


ただ、現在ボリンジャーバンドは横向きになっていますので、フェーズとしてはレンジが意識されやすいです。ということは、-2σライン(今日は98.50あたり)がサポートラインとして機能しやすいです。このあたりで下げ止まる可能性が考えられます。このラインを今日NYクローズでしっかり割り込んでしまったとすると・・・

・6月13日安値(93.78)~7月8日高値(101.52)の上昇幅に対する半値戻し(97.65)
・同61.8%戻しライン(96.74)

あたりまで下値余地が拡大します。上記2つのラインは、

・半値戻しラインは7月8日高値起点のNライン(100%フィボナッチエクスパンションライン)とほぼ一致
・61.8%戻しラインは、「最初に38.2%戻しラインが機能した時は、次は61.8%戻しラインが機能しやすい」というフィボナッチの法則

から見ても割と重要なラインです。


ただ、ちょっと目先ロングは入れられないな、という感じです。



20130726_uj_h4_l.png


4時間足を見てみます。


パッと見すぐ目が行くのは200SMA(赤)です。3週前にこのラインで下げ止まって反発しましたが、今日またこのラインまで下げています。まずはここで下げ止まるかどうかを見るということになります。「下げ止まる」とは

・陽線が出る
・ローソク足でリバーサルパターンが出る(ヒゲ、ハンマー足、2B、2Bars、毛抜き、包み、明星等)
・ストキャスがクロスして、2本とも右上がりになった状態で足が確定する
・5SMAが右上がりになる

といった条件がすべて揃うことです。これが揃うまでは、「逆張り」になります。今日みたいに相場が薄いときの逆張りは1本で持っていかれてしまうことも少なくないので、十分に注意しておかなければいけませんね。


その時の安値(7月11日、98.26)も、当然意識されるラインになるかと思います。


また先週高値(A)を起点に、A-Bと同じ幅をCから落としたラインが、ちょうど今あたりになります。やはり、今の200SMAあたりは重要なサポートラインになろうかと思います。これを下へ抜けてしまった場合は、同161.8%ラインが97.65にあります。ここは、日足のところでもある重要なサポートラインですね。そういった意味から、次はこのあたりが重要になるかと思います。


ダウ理論からは、先週高値(A)を更新できずに(C)、先週安値(B)を割ってしまった状態です。目先は戻り売りの方が出てきやすいチャート形状と言えると思います。目先のトレンド指標になる25SMA(紫)が下向きに転じていますので、このラインまでここから戻すと、戻り売りが出やすくなると思います。


ただ、来週は雇用統計が控えていますし、月末・サマーバケーション前です。ここから積極的に上攻め・下攻めよりは、雇用統計まで幅の広いレンジで上下してくるのではないでしょうか。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。

ドル円保ち合いトライアングル・効果的なトレード方法

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週はもう注目度の高いイベントはありません。来週のイベントを控え、市場参加者が非常に少ないです。ここから新規のポジ建てを行うところは少なく、月末も近いですから、持ち高調整がこのまま明日まで続くのではないかと思います。相場は方向感・流れが出にくいです。


そのような中、昨日は

・ロンドン市場:欧州PMIが好調でユーロ買い
・NY市場:米国債利回り上昇に連れてドル買い

というように、普段はそこまで大きく反応しないものに対して、市場が薄いことから、大きめにレートが振幅しています。


今日明日、新たな方向感が出るというよりは、大きめに振幅しながら、レンジを継続する可能性が高いと思います。


20130725_uj_d_l.png


日足です。シンメトリカル・トライアングルを形成しています。シンメトリカル・トライアングルは上下等幅の保ち合いですからレンジですが、

・ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっている
・オシレーターが真ん中近辺に集まっている
・MAが収束している

ということから、ブレイクアウトが期待できる局面かと思います。


ただトライアングルに関しては、現在かなりトライアングルの先の方になってきて幅が細ってきていますが、上下どちらへ抜けてもすぐにボリンジャーの±2σラインがあります。1回目のブレイクアウトはダマシになるかあまり伸びない可能性もあります。リテストがあるかもしれません。


来週金曜の雇用統計は、まだここから6本先のローソク足になりますので、現在のトライアングルは雇用統計より前に確実に抜けることになりますが、雇用統計前にぐんぐん伸びるかどうかは微妙ということもあります。


ボリンジャーバンドを見ると

・現在プラスマイナス2σラインがスクイーズしてきている
・ミドルMA(20日線)はやや右上がりですが、ほぼ横向き
・レートが20日線を上下に往来している

と、いわゆるレンジ状況になっています。


ここは、来週の米雇用統計までは、ボリンジャー±2σラインを日足終値(日本時間6:00)で抜けてくるのを見るまで、ついていくのは待ってみた方がいいかもしれません。ということは、逆に抜けてきたら仕掛け時、ということになろうかと思います。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。

豪ドル円最新テクニカル分析・上下メドとトレード方法

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


豪ドルはとにかく弱いです。今日も中国の経済指標が弱く、一旦豪経済指標(CPI)で持ち上げられた後に売られています。現在のところ、豪ドルはポジション調整の買い戻し以外に買い上げる理由が見当たらず、基本的には「どこで売るか」目線が市場では優勢かと思います。


20130724_aj_d_l.png


日足です。


今年高値からの下落幅に対して

・ユーロ円は78.6%戻しライン
・ポンド円は61.8%戻しライン

まで既に戻しているのに対し、豪ドル円は何とまだ23.6%戻しラインまでしか戻していません。ファンダメンタル的にも

・豪経済政策
・依然緩和政策
・金利下げ観測
・金の暴落
・中国経済がアヤシイ

と、ちょっとまだ豪ドルを積極的に買える状況にはなっていません。


現在25日線(紫)がやや上昇気味ですが、ほどんどレートが上昇しないまま、既にストキャスがこの位置にまでなっています。これは上値が相当重いです。


フィボナッチから見たら、今年高値(4月11日高値・105.41)~6月13日安値(88.90)までの下落幅に対する23.6%戻しラインが最初に機能していることから、同38.2%戻しライン(95.21)あたりまでの戻りが想定されていましたが、そこまで戻すかどうか、という感じです。


その手前の200日線(赤)に引っ掛かってしまっています。このラインを抜けることができずに、先に25日線(紫)割り込んでローソク足がクローズした場合、売りが出てきそうな形です。目先は、このラインで支えられるかどうか、注意しておかなければいけませんね。


大きく見れば、95円あたりまで戻せば、75日線(青)もしくは上記フィボナッチポイントあたりで売り、という中期戦略が考えられますが、そこまで戻さなかった場合、

・現在のフラッグ割れ
・25日線が下を向いた状態になったら

リテストで反発確認後にショートを建てていくのがいいかもしれません。週足のオシレーターを見ても、明らかにレートの戻りが重いです。


上へ向かったとしたら、200日線を抜けたら、上記2ポイント(75日線・フィボナッチ38.2%戻しライン)がある95円ラインあたりまで行く可能性が高いと思います。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。