--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円テクニカル分析・今週のシナリオとトレード戦略

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週のマーケットはビッグイベントが続きます。

・月末・四半期末・年度末
・新年度入り
・消費税率引き上げ
・ECB理事会
・米雇用統計

これらのイベントを受けたマーケットの方向性は蓋をあけて見なければ分かりませんが、少なくとも米株&米国債利回り上昇によるドル円のサポート期待などが先週末NYの小さなブレイクアウトなどに兆候が見られているのではないのかと思います。


こういう時、個人トレーダーレベルでファンダメンタルズを追いかけたトレーディングでプロフィットを確保していくのは結構難しいのではないかと思います。もちろん基礎ファンダメンタルや過去の4月アノマリーなどの確認は必要なことではあるのですが、それよりも、重要なテクニカルポイントをしっかりチェックしておくおき、イベントで出来た動意に短めのタイムフレームでフォローポジションを構築していくのがいいと思います。トレーディングのごく基本ではあるのですが。


ここ約2ヶ月にに渡ってドル円相場は膠着状態のトレンドレス相場になっています。それだけに、今回のイベントにおける動意とトレンディングは是非期待したいですね。ではテクニカルポイントをチェックしておきたいと思います。中長期相場のテクニカル的な見かたについては先週と今のところ変わっていないので、今週はウィークリータイムフレーム以下の短中期フォーカスで見てみます。


20140329_uj_w.png


ウィークリーチャートです。先週は高値102.97、安値101.71で、値幅は126pipsしかありません。4週前の長めの陽線以降高値・安値いずれも更新しておらず、トレンドレス状態が続いています。


ここ毎週触れていることですが、これで9週(2ヶ月)続けて高値は13週=3ヶ月MA(ピンク)・安値は26週=半年MA(紫)になっています。厳密に言えば13SMAはいま102.73で先週引け値は102.80ですから抜けてはいるのですが、これは3~4週前同様数pipsは誤差ですのでこれで判断するのは早計で、今週も引き続きこの2本のラインをどちらへ放れるかがポイントになりそうです。動意付くのであれば、別に終値のブレイク方向を見てからでも全然遅くないと思います。

・BB(ボリンジャーバンド)がスクイーズ
・プライスがミドルバンド近辺を往来している
・すべてのMAが収束傾向
・ADXも低い位置

と、インディケーターは引き続き現時点ではトレンドレスを示しています。


上へ抜けた場合は分かりやすくて年初来高値がターゲット。下へ抜けた場合は、過去10年ほどのチャートを見ると何度もサポレジとしてワークしている52週=1年MA(茶)がネクストサポートになりますので、そこへ向かう可能性が出てきます。現在52SMAは100.30にあります。


このあたりにはラウンドナンバーやBB-2σラインもあり、ライントレーダーであれば意識するであろうチャネルの61.8%も接近しています。ウィークリーレベルでは、この100円近辺はテクニカルポイントが収束する強めのサポートゾーンということになりますので、もし下方向へ向かったとしても、このあたりでは下げ止まりやすい、ということになるのかと思います。


20140329_uj_d.png


デイリーチャートです。


今年1月2日につけた105.43と、2月3日の100.74、この間のレンジ相場が続いています。テクニカル的に見ても

・MAが5~100SMAまで収束して絡み合っている
・BBは横向き
・BB間の往来相場
・ADXは低い位置が続いている(パラメーター14だと、わずか14です)

と、デイリーチャートでも全くのトレンドレス相場です。ただもうこの相場も3ヶ月。今週のイベントでそろそろブレイクアウトを期待したいところです。


今週のトレーディングストラテジーとしては、ファンダメンタルズベースでいくと消費税率引き上げに伴う株式市場の動向を見ながら米雇用統計を待つということになりますが、テクニカルベースでは

・短めのタイムフレームでフォローしていき
・レンジ上下もしくはサポレジに近づいたところでキャンドルでカウンターシグナルが出たら短期でカウンター
・カウンターポジションは対極BBなど最も近いサポレジで短期エグジット
・米雇用統計後に流れができたところでBuy DipsもしくはSell Rally

というポジショニングスフレーム、というフローになるのかと思います。


目先のポイントは103.75と101.19という2つの直近サポレジが非常に大切です。このレベルの外側ではストップオーダーが多いと思います。引き続きウィークリー以上の中長期的レベルではアップトレンドベースですので、どちらかというと買いからの方がやりやすそう、というのは変わりません。


その他の下のサポートレベルは

・2月安値(100.74)
・200日MA(赤いライン、100.54)

です。特に200日線は昨年10・11月に3回サポートワークし、さらにアベノミクス相場以来一度もしっかり割り込んでいない重要なラインです。このあたりはウィークリータイムフレームでも重要なサポートゾーンですね。ちなみに200日線は中長期投資家のポジショニングの目安になるとても大切なラインです。ファーストトライでブレイクする確率はあまり高くないと思います。


20140329_uj_h4.png


では4時間足タイムフレームを使って今週の短期トレードのシナリオを描いてみたいと思います。デイリーBBと75・100SMAが完全に横向きで、全くのトレンドレス相場ですね。


まずファンダメンタルズベースのシナリオとしては、週明けは消費税率引き揚げの株式市場への影響を見ながら(アジアタイムのNIKKEI)、初動ののちマーケットフォーカスは米雇用統計へ移行、という仮説が想定されます。米雇用統計は現時点では失業率6.6%、NFP(非農業部門雇用者数)+20万人という強めのコンセンサスです。これが4/1(火)の米IS製造業景況指数と4/2(水)のADP雇用統計でステーブルになってくると思います。ということは、比較的底堅いイメージからロングベースのフレームがやりやすいのではないでしょうか。


3/7-14の高値(103.75)安値(101.19)間という狭いレンジの中での判断にはなりますが、先週金曜NYタイムの動向を見るとロングモメンタムはあるように思えます。であるとするならば、レンジシーリングのリテストや25SMAなどは押し目買いポイントになってきやすく、またBBのブレイクアウトを追いかけるのであれば(狭いレンジの中ではありますが)+1σラインとミドルバンドあたりも狙い目になります。


このあたりのサポレジを意識したうえで、最終的には1時間や15分といったタイムフレームでキャンドルやインジケーターに落とし込んでいくというフローになります。


ざっくり見れば、デイリーBBミドルが現時点で102.30-40あたりにありますので、このあたりはまず週明け最初の押し目買いポイントになりやすいのではないでしょうか。その場合の利確のターゲットはショートタームだと+2σラインのファーストタッチ。コンサバティブにいくのであればデイリーベースでADXが右上がりになる・±DIラインがクロスといったサインを待ってもいいと思います。
スポンサーサイト

ドル円テクニカル分析・今週のシナリオとトレード戦略

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140322_uj_w.png


週足です。先週は高値102.67、安値101.26で、値幅141pips。前週・前々週の高値・安値いずれも更新しておらず、方向感がなお状態が続いています。


ここ毎週書いていますが、これで8週(2ヶ月)続けて高値は13週=3ヶ月MA(ピンク)・安値は26週=半年MA(紫)になっています。今週も引き続きこの2本のラインをどちらへ放れるかがポイントになりそうです。

・BB(ボリンジャーバンド)がスクイーズ
・プライスがミドルバンド近辺を往来している
・すべてのMAが収束傾向
・ADXも低い位置

とトレンドレスになっていますので、動意待ちですね。


上へ抜けた場合は分かりやすくて年初来高値を目指しやすいのですが、下へ抜けた場合は、過去10年ほどのチャートを見ると何度もサポレジとしてワークしている52週=1年MA(茶)がネクストサポートになりますので、そこへ向かう可能性が出てきます。現在52SMAは100.14にあります。


100円ライン近辺は、この他にもラウンドナンバーやBB-2σラインというのもありますし、ライントレーダーであればおそらく引くであろう昨年の2トップの頂点を結んだ2トップのチャネルに対する61.8%あたりも、やはり現在100円あたりにあります。週足で見ると、この100円近辺はかなりテクニカルポイントが集まっているサポートゾーンということになります。下げてもこのあたりでは下げ止まりやすい、ということですね。


20140322_uj_d.png


日足です。


今年1月2日につけた105.43と、2月3日の100.74、この間のレンジが続いています。テクニカル的に見ても

・MAが収束して絡み合っている
・BB間の往来相場
・BBは横向き
・ADXは低い位置が続いている

と、日足レベルでもトレンドレス相場ですので、ここから取る目先のトレード戦略としては、

・レンジ決め打ちで上下でカウンターベースの短期トレード(抜けたらすぐ撤退)
・短いタイムフレームで短期トレード

という選択肢になるかと思いますが、カウンターベースのポジショニングに関しては、やはりサポレジを使ったものがいいと思います。その場合は

・MAや高値安値ライン
・オシレーターの上下
・ローソク足などで出現するカウンターサイン

あたりを組み合わせるといいパフォーマンスを得られることが多いです。このあたりは分かりやすく こちら に書かれています。まさに現在のような相場にはもってこいのトレード方法になりますね。このようなトレードパターンは、トレンド系のMAやBBを使ったものと別に、レパートリーを持っておくとかなり強いです。


目先のポイントは、直近高値(103.75)安値(101.19)の2つが非常に大切です。週足以上の中長期的には上方向を向いているというベースがありますので、どちらかというと買いからの方がやりやすそうではありますが。


その他の下のサポートレベルは

・2月安値(100.74)
・200日MA(赤いライン、100.36)

です。特に200日線は昨年10・11月に3回サポートワークし、さらにアベノミクス相場以来一度もしっかり割り込んでいない重要なラインです。200日線は中長期投資家のポジショニングの目安になる重要なラインです。


20140322_uj_h4.png


では4時間足から今週の短期トレードのシナリオを描いてみたいと思います。今週も先週同様ドル円の大きな動意材料というのは現時点ではあまり見込めそうにないので(ウクライナ問題とかG7とかのヘッドラインで上下はするとは思いますが)、日足BBが横向きに推移し、プライスはその中を上下するのでは、ということが考えられます。


まして今週は事実上の3月最終週であり(来週に31日はありますが)、日本企業の3月末決算という季節要因がからみます。さらに来週は米雇用統計が発表される重要なイベント週です。今週積極的に上下ブレイクして攻めていくような感じにはなりにくいと思います。


とすると、現在日足BB-2σラインは101.11、+2σラインは103.41にありますので、今週の値幅は概ね101.00~103.50に収まってくるのでは、という仮説が立てられます。もちろん大きく抜けた時点で戦略変更です。とするとそこまでのあいだで短期トレードを完結させるという戦略が必要になりますが、4時間足を見るち75/100/200SMAが全部絡まって完全に横向きです。とすると必然的に4時間足タイムフレームでは20/25SMA以下での判断、もしくは1時間足というチョイスになってきます。その上での判断材料として

・上昇過程にあるミドルバンド(20SMA)と25SMA(プライスはその上にあることが重要)
・現在形成されているフラッグ
・3/7~3/14の下落幅に対するフィボナッチポイント

あたりが挙げられると思います。そこで、MACDもゼロラインより上で上向きですので、

・20/25SMAあたりで
・フラッグの下辺近くで
・オシレーターを十分に引き付け
・下落幅に対する61.8%戻しラインあたりをまず狙ってみる
・下へ抜けたら浅くすぐにロスカット

という短期トレード戦略はあり得ると思います。


そのあたりでコンサバティブにいくのであればADXが右上がりになる・±DIラインがクロスといったサインを待ってもいいと思いますが、トレンドレス相場における短期トレードで4時間タイムフレームでそこまで待つと遅いことが多いです。


このあたりが仮説に基づくトレード戦略のひとつといえそうですが、今週のドル円はファンダメンタルズから見てもテクニカルから見てもトレンドレス相場ですので、上がったの下がったのいっても、結局日足BBの中で収まってしまい、そう大きく期待できないのではないかな、という感じがします。まあその中できっちり取っていくのがトレーダーではあるのですが。


↓ 特典付き限定先行予約受付中!
Candle Master

ドル円・テクニカル分析に基づく長期シナリオと仮説

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140322_uj_m.png


今日は月足で大きめに見てみます。大きなテクニカルターゲットやサポレジなど、月足で見ると分かりやすいことが多いと思います。


MAを見ると、上から6,12,24,60あたりのSMA(半年、1年、2年、5年)が順に並んでいて(PO=パーフェクトオーダー)、全て右上がりになっています。長期トレンドは右上がり。ざっくりとなんですが、ピンクのSMA(12MA=1年)が月足トレンドの大きなサポレジになっていると思います。このラインは現在100円近辺にあるのですが、ここを大きく割り込まないようであれば長期的なアップトレンドは継続です。月足なので数円のバッファが必要ですが。ただ仮に割りこんできたとしても、オシレーターがおそらくヒドゥンダイバージェンスになると思いますので、今のところ長期モメンタムはやはり上、ということになろうかと思います。


またここでは目安をあと2つほど挙げておきたいと思います。ひとつは1998年8月高値(147.71)起点のダウントレンドライン。チャート的にはこのラインを手前に足踏みの形になってます。これをしっかり抜け切るようであれば、新たなステージにはいってくることになりますが、抜けないようだともう少し足踏みが続くと思います。


もうひとつは同じ起点から大底(2011年10月の75.56)に対するフィボナッチ。現在のゾーンというのは、ちょうど38.2%戻しゾーンにあたります。このゾーンでもう1年止まっています。ここを抜けてくるのであれば、半値戻し、61.8%戻しライン、というターゲットが見えてきます。


付け加えるのであれば、このゾーンはまた、1999年の底、2004年の底に対するサポレジ(オレンジのラインと水色の丸)になっていますので、やはりこれだけのテクニカル的な材料が揃っていることによるこのゾーンでの足踏み、ということになると思います。数年スパンということになりますが、このゾーンを抜けてきた場合レジスタンスはサポートに切り替わってくることが多いです。


まとめますと、長期的なシナリオ(仮説)としては

・長期的なテクニカルトレンドは上方向が続いている
・現在足踏みしているゾーンは重要なレジスタンスゾーン
・このテクニカルレジスタンスを抜けれないと、もう少し足踏みが続く
・抜けてくるようであれば長期的には111、120円方向
・下方向のサポートゾーンは100円近辺

ということがいえるのかと思います。長期スイングポジションを持つには、こういった仮説がベースになってきます。


デイトレや数日間のエントリー/エグジットといった短期トレードはまた話が別になりますので、明日またアップしたいと思います。


↓ 特典付き限定先行予約受付中!
Candle Master

【FXメンターセミナー】3時間でトレードが劇的に進化する

19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


フォレックス・メンターによる3時間のセミナーで、あなたのトレードライフが劇的に変わる!
~あなたのやり方ではトレードはうまくならない~



世界中のFXトレーダーが集結するハイレベル激戦区・アジアNo.1FXマーケットのシンガポールMasterClassでフォレックス・メンターを務めるマネーマネージャーが講師。2013年は数名のトレーダーをファンドトレーダーへ導いた超一流のスキルとテクニック、メンターならではのセミナーは、

あなたのトレードの再構築

を基軸としており、なぜ勝てないのか、勝つためには何が必要なのか、その問題・検証・改善策まで深く追及する内容は、単なる手法紹介や相場展望を述べるだけのFXセミナーと格が違います。


昨日は大阪で開催しましたが、直前の告知にも関わらず午前の部が急遽追加開催となり、大勢のトレーダーの方がお越しになりました。今週末は23日(日)は東京です。


【内容】

・なぜあなたはトレードがうまくならないのか
・本気でトレードがうまくなりたい人がするべきこと
・問題・改善・仮説・実行・検証
・あなたのトレードの再構築
・シンガポールのトレーダーはなぜ勝つのか
・超一流トレーダーのメンタリティ管理とは
・シンガポール流マネーマネジメント
・シンガポーリアンが実践するトレード手法
・ファンドトレーダーのトレードライフとは
・どうしたらあなたも専業やファンドトレーダーになれるのか
・トレード進化のためのテーマ設定
・シンガポールから見る3月&4月以降の相場展望とトレード戦略
・FXのトレンドが分かる!最新世界のFXトレード&データのご紹介
・ドル円&クロス円・相場予測とトレード戦略
・ファンドトレーダーが実践する超一流のスキルとテクニックとは


【豪華特典】

・Strategy Viewer 4週間分アクセスコード(8,330円相当)プレゼント!
・シンガポールMasterClassセッション用トレードマニュアル(日本語版)プレゼント!
・MetaTrader4用マルチタイムテクニカルインジケーター&テンプレートプレゼント!
・FX会社協賛グッズプレゼント!
・トレードマニュアル・ディスカウントクーポンプレゼント!


詳細は こちら から!取材とテレビ撮影も入る予定です。

ユーロ円・テクニカル分析&今週の展望とトレード戦略

19:00

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。