--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円今週の展望とテクニカル分析&トレード戦略

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週のマーケット・スケジュールですが、

・30(水)米FOMC・GDP速報
・2(金)米雇用統計

と、3大ビッグイベントが並びます。ただし米GDPとその後のFOMCまでは5時間半しか離れていませんので、今回のGDP後の動きはどこまでという感じはあります。


米四半期GDPは速報→改定→確報と順番に毎月最終週に発表されます。一番サプライズとインパクトがあるのは速報値です。改定値と確報値は既に前にベースとなるデータが発表されているのである程度予想の範囲内に収まることが多いですが、速報値は市場予想と乖離することもあり、その場合発表直後に大きくレートが飛ぶことがあります。


ドル円やクロス円など、この数ヶ月トレンドレス相場になっていますが、今週は上記3大イベントが、来週は各国政策金利の発表やECB理事会があります。日本はゴールデンウィークに入りましたが、マーケットは今週から2週間が大きなターニングポイントになりそうです。


なお、今回の米雇用統計ですが、通常は前日のECB理事会・政策金利発表&ドラギ総裁会見を受けてユーロが乱高下した後に一旦小康状態になり、翌日の米雇用統計の発表後にNYのお昼頃まで動いてそこで週末入り、という流れになりますが、今回は米雇用統計が2日と月初であり、1日はレイバーデーなので、ECB理事会が1週間遅れるスケジュールです。流れがいつもと違っていますので、特にユーロ円を筆頭とするクロス円は通常と違ったパターンの動きをする可能性があります。勢いが出たらそのまま流れができる可能性がありますので、注目しておきたいですね。


20140427_uj_m.png


今週はドル円です。まず現在の位置感をマンスリー・タイムフレームで。


現在の102-103円ゾーンは、

・1995年の底値(79.75)と2011年の底値(75.56)間の高値(1998年、147.71)から引くダウントレンドラインが接近
・同高値からの下落幅に対する38.2%コレクションゾーン
・同高値以降のサポート&レジスタンスラインのリテスト

と、とても重要なテクニカル・レジスタンス・ゾーンになっています。このゾーンを抜けてくるためには、相当のインパクトある流れが必要です。このゾーンにあと半年分くらいのバースペースが残されていますので、このゾーンで引き続きスタックする可能性は十分に考えられると思います。


20140427_uj_m2.png


もうひとつシンプルなマンスリー・チャートです。


直近5本くらいのキャンドルを見てみると、「ダイバージェンス+ツインタワー」のリバーサル・シグナルが出ていて、引き続きオシレーター(ストキャスティクス)は高値圏、2本のラインはクロス後に下を向いています。注目したいのはあと3日残された今月の終値(30日)です。


現時点では現在生成プロセスにあるキャンドルは陰線ですが、高値・安値共に前のキャンドルの高値・安値を切り上げた状態になっています。この足が確定した時点で

・終値が前のキャンドルの安値を下回っているかどうか
・終値が前のキャンドルの中心線を下回っているかどうか

は、この先を占ううえでとても重要な判断材料になります。30日の終値でボディがどのような状態になるか決まります。ちょうどこの日は米GDPの発表があるだけでなく、終値が確定するわずか3時間前にFOMCがあります(今回は会見の予定はないので、一発で動きの方向が出やすいです)。とても重要なポイントですので、これは注目しておきたいですね。


20140427_uj_w.png


ウィークリー・タイムフレームです。

・BB(ボリンジャー・バンド)がフラット
・MA(移動平均線)がスクイーズ(5/13/26)

と、この3ヶ月ほど完全にスタックしてしまっています。ただしこれらの兆候はブレイクアウトが近いというシグナルでもあります。ここしばらく102円台が居心地いい感じになってしまっていますが、「そろそろ動き出すのでは」と期待を持って待ちたいですね。


上方向の週足での上方向のターゲットは昨年高値(105.43)、下方向は52週線(100.70)です。特に下方向ですが、52週線(ブラウン)は過去1年分の足の終値の平均になりますが、長期軸ではとても重要な移動平均線として有名で、過去何度もサポート&レジスタンスになっています。今回はアベノミクス後のファーストタッチですので、少なくとも1回はサポートとして機能する可能性が高いと思います。


これを抜けてしまうと、次は2011年安値(75.56)~2013年高値(105.43)の23.6%コレクションライン(98.40)になります。とくにこの期間は上昇エリオット5波動がコンプリートされていますので、その後はコレクションが出やすいです。その場合のターゲットはフィボナッチポイントになりやすいので、その意味では100円のラウンドポイントよりは98.40ラインの方がよりサポート・ターゲットになりやすいのではないかと思います。


またシンプルにキャンドル・チャートだけ見てみると、現在のレンジはフラッグのようにも見えます。ほとんどの市場予測が上方向や押し目買いになっていると思いますが、テクニカル的には結構下を示しているものが多いです。このあたりは「上も下もあり」とフラットに見た方がいいと思います。上記ラインあたりまで現ポイントから4円程度の下方向へのコレクションは十分にあり得ると思います。


20140427_uj_d.png


デイリー・タイムフレームです。


先週はほぼ束になっている5/25/75日線がレジスタンスになりました。BBミドル(20日線)もあります。先週高値(102.70)レベルは相当強めのレジスタンスになっています。ここは4時間足で見るとかなりきれいなラウンド・トップになっています。ラウンド・トップはこの場合は下方向を示すシグナルになります。ただしこの上(102.80あたり)にはかなりストップロスもありますので、ここをつけた時は103円を一度つける可能性が高そうです。


一方下方向ですが、これはかなりインパクトの強いテクニカル材料が並んでいます。

・101.20(3月のダブルボトム)
・100.86(200日線)
・100.74(2月安値)

特に101.10、100.60あたりにはかなりのストップオーダーも並んでいますので、ここを引っ掛けた時は長い脚が出る可能性があります。


昨年10-11月に3回サポートワークした200日線ですが、

・昨年はアベノミクス後のファースト・タッチであり、はっきり右上がり状態
・今回はファースト・タッチではなく、傾きも緩やか

ですので、1回は跳ねると思いますが、2回め以降のトライで抜ける可能性があります。ここでの買いはしっかり反転を見た方がいいのではないかと思います。


しかしその下の年初来安値の100.70は週足で52週線もありますので、ここは強めのサポートです。この下はかなりロスカットが並んでいて、更に下方向は98-99円台まで目立ったサポートがない真空地帯になります。今回は100円ラインはテクニカル的には決して盤石ではないと思いますので、「3ケタ絶対」という固定観念は持たず、フラットにトレードに挑んだ方がいいのではないかと思います。


どちらかというと今のところ目先売り目線ではあるので、サポート割れで次のターゲットを目指す感じでしょうか。今週はイベント週ですので、狙ってみたいですね。先週は102.45-50で売り、102.20-25で買いというディールが何度かいけたと思いますが、今週はやらない方がいいですね。上へ行っても103近辺は次のレジスタンスがあります。


いつものことですが、

・プライス/5SMAがミドルバンド/25SMAより上にあるときは買い目線
・プライス/5SMAがミドルバンド/25SMAより下にあるときは売り目線
・ミドルバンド/25SMAが傾斜しているときはトレンド、不安定もしくは横向きの時はトレンドレス

という基本線を守ったトレードスタイルが大切だと思います。
スポンサーサイト

ユーロ円の展望とテクニカル分析&トレード戦略

16:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


イースターホリデー明けのマーケットのスケジュールですが、

・今週は市場に大きなインパクトを与えるほどの大きな材料が今のところ見当たらない
・来週は米FOMC・GDP速報(速報が一番インパクトが高いです)・米雇用統計

と、今週は今のところ方向感が出にくい環境になっています。日本は来週末からゴールデンウィークモードに入ってくるのかと思いますが、マーケットは28日の週から2週間が大きなターニングポイントになりそうです。


なお、次回5/2(金)の米雇用統計ですが、通常は毎月第1木曜日にECB理事会・政策金利発表&ドラギ総裁会見があるので、そこでユーロが乱高下した後に翌日の米雇用統計を控え一旦小康状態になり、そして米雇用統計の発表後にNYのお昼頃まで動いてそこで週末入り、という流れになりますが、今回は米雇用統計が2日と月初であり、1日はメーデーなので、ECB理事会が1週間遅れるスケジュールです。流れがいつもと違っていますので、通常と違ったパターンの動きをする可能性があります。勢いが出たらそのまま流れができる可能性がありますので、注目しておきたいですね。


20140420_ej_m.png


今週ユーロ円です。まず現在の位置感をマンスリー・タイムフレームで。


2007年のリーマン・ショック前の高値(169.95)から2012年7月の大底(94.10)までの下落に対する61.8%戻しゾーンにあり、とても重要なフィボナッチのレジスタンス・ゾーンにあります。昨年2月に38.2%ゾーンでも4ヶ月ほどプライスの動きがスタックしているのが見受けられますので、この61.8%戻しゾーンもやはり5ヶ月に渡ってスタックしています。「38.2%戻しがワークした場合は、次は61.8%戻しポイントがワークしやすい」はフィボナッチの知られた法則ですね。


2012年7月の底値からそろそろ2年、ずっとアップトレンドが続き、その間の上昇幅は5150pipsに達しています。ADXもトレンド末期を示すレベル60にまで近づいていますので、それなりの調整がいつはいってもおかしくないという状況は認識しておいた方がいいのではないかと思います。


20140420_ej_w.png


ウィークリー・タイムフレームです。ポイントだけをシンプルに抜いてます。


26週MA(半年分のキャンドル終値の平均値)はとても重要です。このチャートにおいても昨年来ずっとサポートラインになっています。このラインと直近の動きで、保ち合いトライアングルが形成されているのが分かるかと思います。どちらかへブレイクするのは間違いないのですが、既にボリンジャー・バンドがスクイーズしていて、現プライスの位置はそのちょうどミドル近辺です。「BBのスクイーズはブレイクアウトの兆候」として有名です。遠くないタイミングでブレイクアウトが来るのではないかと思います。


上へ抜けた場合は分かりやすくて直近高値(2013年12月、145.67)を目指すと思いますが、問題は下へ抜けた時です。これだけ大きなサポートをブレイクしてしまった場合は、テクニカル的には相当なインパクトがあります。この2年、調整らしい調整なく5000pips以上上昇してきたので、最初のフィボナッチ・カウントである23.6%戻しライン(133.50)までかなりありますので、下へ抜けた時の方が動きが大きくなりそうです。


20140420_ej_d2.png


デイリー・タイムフレームを、テクニカル・インジケーターをはずしてサポレジだけで見てみます。現在1ヶ月半に渡ってボックスで、上は143.77、下は139.94です。このボックスをどちらへ抜けるかが最初のポイントになります。もちろん上へ抜けた場合のターゲットは12月27日高値(145.67)です。


では下へ抜けた時。直近数回にわたってサポートしている140円ラインを割り込んだときは、テクニカル的には2月4日安値(136.21)を目指す可能性が高いと思います。またこの位置は、現在のボックスを一段下へずらした位置とほぼ重なります。これもまた、このあたりを目指す可能性の信憑性を高めます。


このように、テクニカル・インジケーターなしでも、意外とサポレジや高値安値のボックスで、このような仮説を描くことができるものです。このようなシナリオが描けたら、具体的なトレードポイントを4時間足や1時間足といったアワリー・タイムフレームに落とし込んでいく作業になります。今回のトレンドレスのレンジ相場はもう3ヶ月になります。エネルギーもかなり蓄積されていると思いますので、イニシャル・ブレイクアウトは、トレンドフォローでついていってもよさそうな感じがします。

「春にドル円は大きく下落する」のアノマリー

10:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


「ドル円は4~5月をピークに下落する」のジンクスは広く知られているところですが、実際どうなのでしょう?下は過去10年間の3~6月につけた高値から3ヶ月以内に最大何pips下落したかというデータです(チャートはドル円月足)。


20140420_uj_m1.png


2013
5月高値(103.72)から6月安値(93.78)まで994pips下落

2012
3月高値(84.16)から6月安値(78.20)まで594pips下落

2011
4月高値(85.50)から6月安値(79.68)まで582pips下落

2010
5月高値(94.97)から7月安値(87.95)まで702pips下落

2009
4月高値(101.43)から6月安値(94.44)まで699pips下落

2008
8月高値(110.65)から10月安値(90.91)まで1974pips下落

2007
6月高値(124.13)から6月安値(111.58)まで1255pips下落

2006
4月高値(118.90)から5月安値(108.98)まで992pips下落

2005
4月高値(108.92)から4月安値(104.61)まで431pips下落

2004
5月高値(114.92)から6月安値(107.00)まで792pips下落


過去10年分のデータを見てみると、2008年だけ2ヶ月ずれていますが、いずれも大きく下落していることが分かります。アベノミクスに沸いた昨年(2013)でさえ、5~6月には最大994pipsも下落しています。2008年分を含めるとするならば、過去10年は「3~6月に高値をつけ、そこから大きく下落する確率」は100%です。


いろいろなところを見ると、ドルの強気な見通しが多いのではないかと思います。もちろん毎年ファンダメンタルズ環境も変わってきていますので、「今年も大きく下落する」保証はひとつもありません。しかし、「FXマーケットは過去を繰り返す」こともまた広く知られているところですので、こういったデータも知っておくのはとても大切なことだと思います。相場は行った方向へ流れますので、「上」「下」決めつけずに、フレキシブルについていくことが必要ですね。

ドル円・今週の展望とトレード戦略&テクニカル分析

15:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


米雇用統計はさほど悲観的な内容ではありませんでしたが、

・日銀金融政策決定会合で現状維持(一部緩和期待があった)
・黒田日銀総裁会見での「目先緩和は必要ない」発言
・FOMC議事録がイエレンFRB議長会見ほどタカ派でなく早期利上げ期待が後退
・世界的な株安不安
・地政学リスク
・JPモルガンの1Q決算がよくない

といった材料が重なり、ドル円は先週1週間で約2円下げました。米雇用統計後の下げは5営業日でトータル279pipsに達しています。株安に関しては、NYダウなどが市場最高値圏にありましたので、イースター・ホリデー前に手仕舞いの調整の流れでしょうか。ドル円は毎年5月が下げやすいというアノマリーがありますが、今年は少し早めに始まった感じがします。


今週のスケジュールですが、

・14日(月)米小売売上高
・15日(火)米CPI(消費者物価指数)、イエレンFRB議長講演
・16日(水)住宅指標&ベージュブック(米地区連銀経済報告)

あたりが材料になってくると思います。18日(金)~21日(月)はほぼ世界的に(日本以外)イースター・ホリデーで4連休になり、17日(木)は短縮取引になりますので、今週のマーケットは事実上3日半、という形になります。


20140413_uj_d.png


デイリータイムフレームです。


先週は約200pips下げましたが、

・先週木金でツイーザー・ボトム(毛抜き)になっていますが、陽線のボディが前のキャンドルの中心線まで戻していない
・ストキャスティクスのレベルは15以下にまで下げていますが、まだラインはクロスしていない

と、現レベルでの下げ止まりを期待するのはまだ早計と思います。


ボリンジャー・バンドは水平なので下落トレンド入りしたという見かたにはなりませんが、

・20日MA(BBミドルバンド)や25日MA(紫)は右下がりで、5日MA(オレンジ)とプライスはその下にある
・5日MAは右下がりで、プライスはさらにその下にある
・MAの並び順が、上から100/75/25/5になっている
・-DIが+DIより上にある

あたりはネガティブ・シグナルなので、ここはショートターム・トレーディングでは売りからの方が出てきやすいと思います。


サポート&レジスタンスでは

・3月のダブルボトム(101.20)
・2月安値(年初来安値)と200日MA(赤)が重なる100.70

あたりは注目されるサポートレベルです。特に200日MAは昨年10~11月に3回サポートワークしている重要なラインですので、このラインの少し上には買いオーダーが並んでいそうです。今週このあたりまであれば、

・短いタイムフレームでキャンドルなどでリバーサル・シグナルを確認
・引け値でしっかり割れたら撤退

という条件付きなどで、一度買いポジションを立ててみるのも面白いのではないでしょうか。ファーストタッチは跳ねる可能性が高いと思います。セカンドタッチになってしまうと、割れる可能性が高まりますので、カウンターを狙うのはファースト・タッチの時だけです。


20140413_uj_h4.png


4時間足タイムフレームです。


大局は75/100/200SMAが水平で収束し、その上下を短いサイクルでプライスがスイングしているというトレンドレス相場ですが、20SMA(ミドルバンド)・25SMAが右肩下がりですから、週明けは売りからの方が多やりやすいと思います。先週半ば以降のオシレーターを見ても、ダイバージェンスになってはいるものの、オシレーターが戻してもプライスが全然戻っていないヒドゥン・ダイバージェンスになっています。ヒドゥン・ダイバージェンスはトレンド継続(コンティニュアス・パターン)を示します。


101.20と100.70にサポートレベルがありますので、ここからさらに大きく下落するイメージは今のところちょっと持ちにくいともいえますが、とはいえ現レベルから下へ100pips程度の余地はあると思います。


これらを踏まえると、

・現レベルからもう少し上げると売りが出やすいのではないか
・先週安値を割れると、101.20、100.70を順に目指すのではないか
・年初来安値と200日線が重なる100.70より少し上には買いオーダーがかなりあるのではないか

というシナリオが想定されますので、この仮説に基づくとするならば、現時点では

・週明けは、オシレーターが上がってきたところで、現在やや右上がりになっている5SMA(オレンジ)が右下がりになって、さらにそれが右下がりの25SMA(紫)より下であれば、上記2つのサポートレベルより少し上をターゲットに短期的な売りポジションを立てててみる
・200日MAの少し上からはカウンターの買い狙い

というテクニカルベースのトレーディング・ストラテジーが考えられるのではないかと思います。

ドル円テクニカル分析・今週のシナリオとトレード戦略

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140406_uj_w.png


ウィークリータイムフレームです。


先週は高値104.11、安値102.78で、結果的に値幅は前の週とほぼ同じ133pipsしかありません。上ヒゲを残す陽線ですが、前週の高値安値いずれも更新していること、そして目先のレジスタンスになっていた4週前の高値を更新しているところはポジティブかと思います。


さらにMA(Moving Average / 移動平均線)

・直近9週に渡って高値をおさえていた13週MA(ピンク)を抜けたまま引けていること
・5週MA(オレンジ)が13週MAをGC(ゴールデンクロス)しそうなこと
・引き続き26週MA(パープル)のサポートが機能していること

などもポジティブなファクターに加えることができると思います。ADXDMIやストキャスティクスなども、上向き転化の兆候が出ています。


ただ注目すべきこととして、米雇用統計後の高値がぴったりBB+1σラインで止まっています。これと現在BB(ボリンジャーバンド)が横向き推移であることを考えると、目先はBB内往来のトレンドレス相場になるのではないか、というシナリオも十分あり得ます。これも含めてもう1週見てみたいですね。


ということからすると、ウィークリーBBの位置はチェックしておいた方がいいと思います。今週の高値安値はほぼこの近辺となる可能性があります。

・+2σ:105.05
・+1σ:103.96
・MB:102.88
・-1σ:101.79
・-2σ:100.71

今週はもう一段スクイーズする可能性が高そうです。今週の想定値幅としては

・MB~+1σ:102.88~103.96
・-1σ~+1σ:101.79~103.96

あたりに収まってくることが考えられます。ロング目線なのであれば、下限近辺での押し目買いなどは、いいトレーディング・ストラテジーのひとつになると思います。ここ9週連続でサポートワークしている26週MA(101.90)も重要ですよ。


20140406_uj_d.png


デイリータイムフレームです。


先週のキャンドルは、4日連続陽線の後、その前の2本を包む長めの陰線引け。木金で毛抜き天井になってます。ちょっと目先短期は戻り売りが出てきやすい並び順でしょうか。


押し目の目安としては、

・先週ずっと高値がBB+2σラインでおさえられていること
・BB全体は横向き推移であること
・先々週に7営業日連続でミドルバンドをまたいだボックスを形成したこと

あたりからして考えると、このあたりはいいポイントになってくるかと思います。現在日足BBミドル(このチャートでは20日SMA)が102.57にありますので、102.40-60あたりでしょうか。このあたりで買いポジション構築を考えているトレーダーは多いと思います。


そのあたりで

・ストキャスがいい位置に下がってクロス
・±DIのクロスもしくは接近後の再拡散

などを参考にしてもいいと思います。ただウィークリータイムフレームを見るともうしばらくトレンドレス相場が続きそうな気配もなきにしもなので、デイリーチャートでみるとちょっと反応が遅く、短めのタイムフレームで入れていった方がいいかもしれません。このあたりは相場動向を見ながらフレキシブルに対応する必要がありそうです。


20140406_uj_h4.png


4時間足タイムフレームです。先週中盤の鈍い上昇は明らかにダイバージェンスが出ていましたので、上値の深追いをしないということは分かりやすかったと思います。上値はちょうどデイリーのMTF+2σで止まっています。


ここからのトレーディングストラテジーですが、ストキャスは十分に下げていて、かつヒドゥンダイバージェンスになっているので買いを入れたくなりますが、

・プライスが25SMAより下にある
・5SMAが25SMAをDC(デッドクロス)している
・-DIが+DIより上にある
・BB-2σを下へブレイクしている
・MACDも下向き

と、ちょっとまだロングポジションを入れるタイミングではなさそうです。少なくともこれらのうちいくつかがクリアされないと、売りの勢いの方が出ています。


デイリーチャートの方でサポートゾーンにとして挙げている102.40-60あたり、ちょうど4時間足タイムフレームでもMAが束になって集まっていますね(水色の丸のところ)。2週前のボックスもやはりこのあたりでしたので、

・このあたりまで下押す可能性が考えられる
・このあたりでは買いオーダーが出てきやすい

ということが考えられます。ただこのゾーンを大きく割っていくイメージは今のところないので、目先のトレーディングとしては、

・ミドルバンドや25SMAまでの戻りを短期ショート、102ミドル狙い
・102ミドルで状況をみて押し目買い

といったストラテジーが考えられるのではないかと思います。


いずれにせよ、

・プライス/5SMAがミドルバンド/25SMAより上にあるときは買い目線
・プライス/5SMAがミドルバンド/25SMAより下にあるときは売り目線
・ミドルバンド/25SMAが傾斜しているときはトレンド、不安定もしくは横向きの時はトレンドレス

という基本線を守ることが重要だと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。