--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円・200日線割れ後の下落ターゲットは

12:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140520_uj_d.png


ドル円日足です。200日線の攻防ですが、昨年10-11月に3回跳ねた時は

・ラインの傾きが明らかに右上がり
・アベノミクス上昇後のファーストタッチ

になっていますが、今回は

・ラインの傾きがかなりゆるやか
・ファーストタッチではない

と、明らかに前回に比べて反発力が弱いです。これを割れたら、

・年初来安値(100.74)
・52週線(100.64)
・2011/10安値~2013/12高値の23.6%コレクションポイント(98.38)

あたりが週足で見えています。


20140520_uj_w.png


20140520_uj_d2.png


日足での下方向は、現在の101.20ラインをしっかり割り込むと、

・年初来安値(100.74)
・ラウンドナンバー(100.00)
・1月高値起点のN値(99.43)
・チャネルライン(現在99.20あたり)

もターゲットとして見えていますね。今回は「100円ラインは強固」という先入観は持たない方がいいと思います。



★お知らせ★

・5月31日(土)11:30~13:00東京 *満席
・6月1日(日)11:30~13:00東京 *満席
・6月7日(土)11:30~13:00大阪 *満席

ローソク足の必勝パターンを公開!「キャンドルセミナー」やります。シンガポールから出張します。「 キャンドルマスター 」ご購入者様限定の無料セミナーです。テキストの解説・必勝キャンドルパターン解説・キャンドルインジケーター配布など行います。テキストに書ききれなかった内容などもお話します。シンガポールで活躍する超人気講師の著者から直接レクチャーを受けれるチャンスです!

*セミナーの受講料は無料です
*「 キャンドルマスター 」ご購入者様のみお申込みできます
*お申込み方法・会場などはご購入者様へメールでご案内しています
*日本でのセミナー予定はこの3回のみです
*セミナーのオンデマンド配信・録画配信などの予定はありません
*会場の都合がありますのでお申し込みは先着順で人数限定となります



▼今すぐダウンロードできます!
Candle Master
スポンサーサイト

ユーロ円テクニカル・下落ターゲットとエントリー方法

19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140518_ej_m.png


まず現在の位置感をマンスリー・タイムフレームで。


現在の値位置は2007年のリーマン・ショック前の高値(169.95)から2012年7月の大底(94.10)までの下落に対する61.8%コレクションゾーンにあり、とても重要なフィボナッチ・レジスタンスです。昨年2月に38.2%ゾーンで4ヶ月ほどコレクションが停滞していることに気がつけば、現在の61.8%コレクションゾーンで半年に渡って価格が停滞していることに納得がいきます。「38.2%コレクションがワークした場合は、次は61.8%コレクションポイントがワークしやすい」はフィボナッチの知られた法則です。


2012年7月の底値から2年、その間の上昇幅は5150pipsに達し、

・ADXがトレンド末期を示すレベル60に接近
・BB(ボリンジャーバンド)が収束のフェーズへ移行

と、テクニカルインジケーターはコレクションを示唆しています。


また、5月はまだ10営業日残っていますが、現時点で6ヶ月(半年)MAを割り込んでいます。このラインをしっかり割り込むとすれば、2012年10月以来1年8ヶ月ぶりとなります。長期ロングは手仕舞いが出る可能性があります。


20140518_ej_w.png


ウィークリー・タイムフレームです。


1年半以上に渡ってサポートになっていた紫のライン=26週MA(半年)ラインを2週前に遂に割り込むというテクニカルインパクト後、先週は下げが加速しました。保ち合いトライアングルも下へブレイクしています。


ターゲットが一番気になるところですが、BBがホリゾナルの時は、初動は±2σがターゲットになりやすいということがありますので、

・BBロワーバンド(-2σ):現在138.33 *この位置は毎週変わります

が目先最初の目標のひとつになってくると思います。その次はもちろん、最初のフィボナッチ・カウントである23.6%コレクションライン(133.50)です。


またチャートパターンでいうとおそらくほとんどのトレーダーがトライアングルラインのパラレルを引くと思いますので、このラインとあたるところ(現在134円近辺にありますが、この位置は毎週少しずつ下がります)が意識されると思います。ちょうど、上記のフィボナッチ23.6%コレクションと重なるあたりがいい感じではないでしょうか。


いずれにせよ、まだブレイク初動です。まだここからかなりの値幅が出る可能性があります。


20140518_ej_d.png


デイリー・タイムフレームです。

・過去2年で最も狭いレベルにスクイーズしていたBB
・3ヶ月に渡って形成されていたボックス

の両方ともブレイクアウトしました。ロワーバンドをバンドウォーク、オシレーターは低い位置にはありますがRSI_MAは下向きですし、ダイバージェンスにもなっていません。テクニカル的には十分にまだ下を狙える形が出ています。これは戦略的には戻り売りからになると思います。


ターゲットは、ボックスのダブルと年初来安値が136円台前半にあります。このあたりを目指してくる可能性は十分にあり得ます。テクニカル的には、先週高値(140.85)を抜けない限りはダウントレンドです。この少し上にストップを置いて売りを入れるのがセオリーと思います。

・日足/4時間BBやMA
・先週高値からのフィボナッチ

などで、キャンドルパターンを待ちたいですね。先週もユーロ円は分かりやすいキャンドルパターンの売りサインが出てます。1時間足だと140円台半ば、4時間足だと140円台前半で売りです。+100pips以上の利益が出てますね。


ターゲットが見えているものの、売りエントリーのポイントはどうするか。これはもうキャンドルでしょう。売りポイントに関して、黄金のパターンが列挙されてます。こういう流れが出ているときに、MAやBBなどにキャンドルパターンが出たら鉄板です。今週は「 キャンドルマスター 」のパターンを見ながらチャンスを待ちたいですね。大きな利益を狙いましょう!


Strategy Viewer で公開されているポジションを、今夜無料メルマガ(左のアイコンから登録できます)でお送りしますね。どのあたりでエントリーし、どのあたりを狙っているかをお伝えします。


★お知らせ★

・5月31日(土)11:30~13:00東京 *満席
・6月1日(日)11:30~13:00東京 *追加開催決定!
・6月7日(土)11:30~13:00大阪 *残りわずか

ローソク足の必勝パターンを公開!「キャンドルセミナー」やります。シンガポールから出張します。「 キャンドルマスター 」ご購入者様限定の無料セミナーです。テキストの解説・必勝キャンドルパターン解説・キャンドルインジケーター配布など行います。テキストに書ききれなかった内容などもお話します。シンガポールで活躍する超人気講師の著者から直接レクチャーを受けれるチャンスです!

*セミナーの受講料は無料です
*「 キャンドルマスター 」ご購入者様のみお申込みできます
*会場などはご購入者様へメールでご案内しています
*日本でのセミナー予定はこの3回のみです
*セミナーのオンデマンド配信・録画配信などの予定はありません
*会場の都合がありますのでお申し込みは先着順で人数限定となります



▼今すぐファイルがダウンロードできます!
Candle Master

ポンド円・戻り売りポイントとターゲット

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140515_gj_d.png


20140515_gj_h4.png


ポンド円です。上が日足で下が4時間足です。今朝の安値(170.43)がちょうどいいところでとまって一旦コレクションも兆候を見せています。この場所は

・日足チャートでは4ヶ月に渡るトライアングルのサポートである100日線(グリーン)
・4時間足チャートでは、5月2日高値起点のA-B-Cターゲット(X-A=B-C)

になっています。また週足チャートなどを見ると、26週線やBBミドルなどの重要なテクニカルサポートがはしっています。ということは、この2日間の短期売りポジションは、このあたりがエグジットポイントとなります。プロであれば、一旦売りポジションを利確するところです。しかし、

・ここしばらく利上げ期待でロングがかなり蓄積されていたためポジションが極端に偏っている
・昨日のBOE総裁が「当面低金利継続」とコメント

と、目先はロングポジションの手仕舞いが進みやすい状況にありますので、ここは戻り売りを戦略としたいところです。


ここからのシナリオとしては、4時間足チャートでみると、

・A-B-Cがコンプリートしたため、今度はX-Cのフィボナッチカウント(232.6か38.2)で戻り売り
・このまま今朝安値を割り込んで3波入り

の2つのパターンが考えられます。そのため、前者ぜあればフィボナッチカウントで4時間足と1時間足のオシレーターの戻りをみて(おそらくヒドゥンダイバージェンスになるはずです)戻り売り、ストップは戻り高値の少し上。後者の場合は、バークローズでヒゲにならないのを確認してブレイクアウトでいいでしょう。その場合のターゲットは、X-Ax161.8%がBから落ちた地点である169.09になると思います。


Strategy Viewer が「スクリーンシェア+Blog+チャットイベント」に大幅アップグレードしました。トレード戦略やポジション解説もあります。しかも今なら1ヶ月5,000円以下の破格値でお申込みできます!



★お知らせ★

・5月31日(土)11:30~13:00東京 *満席
・6月1日(日)11:30~13:00東京 *追加開催決定!
・6月7日(土)11:30~13:00大阪 *残りわずか

「キャンドルセミナー」やります。シンガポールから出張します。「 キャンドルマスター 」ご購入者様限定の無料セミナーです。テキストの解説・必勝キャンドルパターン解説・キャンドルインジケーター配布など行います。シンガポールで活躍する超人気講師の著者から直接レクチャーを受けれるチャンスです。是非お待ちしています。今週末にご購入者様にご案内をお送りします!

*セミナーの受講料は無料です
*「 キャンドルマスター 」ご購入者様のみお申込みできます
*日本でのセミナー予定はこの3回のみです
*セミナーのオンデマンド配信・録画配信などの予定はありません
*会場の都合がありますのでお申し込みは先着順で人数限定となります



▼今すぐファイルがダウンロードできます!
Candle Master

ポンド円・ブレイクアウト前兆とターゲットは

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140513_gj_d.png


ポンド円・デイリータイムフレームです。


BB(ボリンジャー・バンド)が過去2年で最も狭いレベルにスクイーズしています。BBのスクイーズはブレイクアウトの前兆として知られています。さらに、上は173.50、下は100日線(グリーン)でトライアングルになっています。


上へ抜けた場合のターゲット、下に抜けた場合のターゲット、それぞれ Strategy Viewer に具体的に書きました。まさにダブルブレイクアウト前兆、大きく儲けられるチャンスです。


Strategy Viewer が「スクリーンシェア+Blog+チャットイベント」に大幅アップグレードしました。しかも今なら1ヶ月5,000円以下の破格値でお申込みできます!



★お知らせ★

・5月31日(土)11:30~13:00東京
・6月7日(土)11:30~13:00大阪

「キャンドルセミナー」やります。シンガポールから出張します。「 キャンドルマスター 」ご購入者様限定の無料セミナーです。テキストの解説・必勝キャンドルパターン解説・キャンドルインジケーター配布など行います。シンガポールで活躍する超人気講師の著者から直接レクチャーを受けれるチャンスです。是非お待ちしています。15日頃にご購入者様にご案内をお送りします!

*セミナーの受講料は無料です
*「 キャンドルマスター 」ご購入者様のみお申込みできます
*日本でのセミナー予定はこの2回のみです
*セミナーのオンデマンド配信・録画配信などの予定はありません
*会場の都合がありますのでお申し込みは先着順で人数限定となります



▼今すぐファイルがダウンロードできます!
Candle Master

ユーロ円テクニカル分析・展望と驚愕のターゲットとは

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ユーロ円は数ヶ月に渡って膠着状態が続いていましたが、流れが出そうな気配です。8日(木)に開催されたECB(欧州中銀)理事会は政策金利を0.25%に据え置きましたが、その後の会見でドラギECB総裁が次回の理事会(6月5日)で「容易に行動」と追加緩和実施を匂わせました。


ここまでユーロは強気でしたが、少なくともk次回会合がある6月5日までは一旦モメンタムが冷えた感じがします。ユーロドルの1.4000超えを防ぎたいドラギ総裁の策略ともいえそうですが、ユーロドルも1.4000大台手前で梯子を外された感がありますので、ユーロ円も連動しそうです。ここまで相当中長期のロングが積みあがっています。ユーロ円はこの2年間で5,000pips超えの上昇です。ちょっとしたコレクション(調整)でもそれなりの値幅が出る可能性があります。


ユーロドルの週明けの戻り売りポイントとターゲットは、昨日のパスワード限定記事の方をご覧ください。


20140511_ej_m.png


まず現在の位置感をマンスリー・タイムフレームで。このあたりはここしばらくの見かた継続です。


現在の値位置は2007年のリーマン・ショック前の高値(169.95)から2012年7月の大底(94.10)までの下落に対する61.8%コレクションゾーンにあり、とても重要なフィボナッチのレジスタンスです。昨年2月に38.2%ゾーンでも4ヶ月ほどスタックしていますので、この61.8%戻しゾーンでもやはり5ヶ月に渡るレンジになっています。「38.2%コレクションがワークした場合は、次は61.8%コレクションポイントがワークしやすい」はフィボナッチの知られた法則です。


2012年7月の底値からそろそろ2年、ずっとアップトレンドが続き、その間の上昇幅は5150pipsに達しています。

・ADXがトレンド末期を示すレベル60に近づいている
・BBが収束のフェーズへ移行しつつある

と、テクニカル・インジケーターはそれなりのコレクションもおかしくないという状況を示しています。


20140511_ej_w.png


ウィークリー・タイムフレームです。


遂に、サポートになっていた紫のライン=26週MA(半年)ラインを割れて引けました。1年8ヶ月ぶりです。これはテクニカル的に相当なインパクトがあります。さらに、26SMAを下辺とした保ち合いトライアングルも下へブレイクしています。


ではどのあたりがターゲットになるか。BBがホリゾナルの時は、初動は±2σがターゲットになりやすいということがありますので、

・BBロワーバンド(-2σ):現在138.25 *この位置は毎週変わります

が目先最初の目標のひとつになってくると思います。その次はもちろん、最初のフィボナッチ・カウントである23.6%コレクションライン(133.50)です。かなりの値幅が出る可能性があります。


20140511_ej_d.png


デイリー・タイムフレームはどうでしょう。何度も取り上げてきたボックス下限で先週末はぎりぎり持ちこたえましたが、木曜に書きましたように


「今回のトレンドレスのレンジ相場はもう3ヶ月になります。RSIもほぼ真ん中です。直近のBB(ボリンジャー・バンド)の幅は、昨年来最も狭いレベルにまでスクイーズしています。エネルギーもかなり蓄積されていると思いますので、イニシャル・ブレイクアウトは、トレンドフォローでついていってもよさそうな感じがします。」

ですので、金曜始値(140.69)で売り、がセオリーとなります。


このボックスを終値で割り込んだら、テクニカル的には2月4日安値(136.21)を目指す可能性が高そうです。この位置は現在のボックスを一段下へずらした位置とほぼ重なりますので、信憑性もありそうです。今回の初動はドル円がほぼフラットの状態で出ていますので、週明けの戻り売りポイントは、昨日のパスワード限定記事に記した同じテクニカルポイントでいいと思います。



★お知らせ★

・5月31日(土)11:30~13:00東京
・6月7日(土)11:30~13:00大阪

「キャンドルセミナー」やります。シンガポールから出張します。「 キャンドルマスター 」ご購入者様限定の無料セミナーです。テキストの解説・必勝キャンドルパターン解説・キャンドルインジケーター配布など行います。シンガポールで活躍する超人気講師の著者から直接レクチャーを受けれるチャンスです。是非お待ちしています。15日頃にご購入者様にご案内をお送りします!

*セミナーの受講料は無料です
*「 キャンドルマスター 」ご購入者様のみお申込みできます
*日本でのセミナー予定はこの2回のみです
*セミナーのオンデマンド配信・録画配信などの予定はありません
*会場の都合がありますのでお申し込みは先着順で人数限定となります



▼今すぐファイルがダウンロードできます!
Candle Master




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。