--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま注目の通貨ペアとトレード方法

19:30

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ドル円テクニカルとここからの展望・トレード戦略

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140622_uj_w.png


ウィークリータイムフレームです。2週間前とほとんど状況は変わっていません。


ボリンジャーバンドがかなり極端にスクイーズしています。現在の±2σの位置は、

・+2σ=103.19
・-2σ=101.12

です。このチャートに示されている過去3年間では最も狭いレベルです。BBのスクイーズはその生成プロセスの意味からブレイクアウトの兆候として知られています。


ここ3年ほどのチャートで、同様のスクイーズポイントを探すと、他に

・2011年8月~2012年1月
・2012年5月~10月

の2ヶ所が見つかります。今回も含めて3つのレクタングル(長方形)を描いてみると、3つとも同じ大きさであることが分かります。上下は300pips程度、幅は6ヶ月程度です。


過去2回とも、ブレイクアウト後は大きく動きました。


今回も過去2回と同様になるのであれば、あと2~3ヶ月はこのレンジが続く可能性が考えられます。この仮説を裏付ける材料として、ちょうどそのあたりに、前の記事に書いたジャクソンホール・シンポジウムと9月のFOMC(イエレンFRB議長会見つき)があります。ファンダメンタル的にもそうですが、テクイカル的にもそのあたりまでレンジは続く可能性が考えられます。


20140622_uj_d.png


デイリータイムフレームです。


サポレジ(サポート&レジスタンス)としていろいろ言われている100日線(緑)と200日線(赤)ですが、ここまで狭い幅になってしまうと、ブレイクアウト云々は信憑性がどうでしょうか。ここでブレイクアウトしても、上下にいろいろサポレジがあります。

・上はナナメ右下がりのアシスタンスライン(現在103.01)、4月高値の104.11、1月高値の105.43
・下は200日線(現在101.56)、2月安値の100.74、その少し上の101.20あたり

どうやら100日線と200日線をブレイクしても、すぐに次のサポレジにあたりそうです。ちょっと深追いはあまりしたくないですね。


この中で重要なのはおそらく100.70あたりと104.10あたりだと思います。この外側にはストップと逆指値が段階的にかなりあるようです。ここを抜けてこない限り、流れが出てくるのは難しいのではないでしょうか。


引き続き、ここしばらくのトレード戦略は、上では売り、下では買い、が機能しやすそうです。とにかく今のドル円はボラティリティが低いので、小幅の回転が必要です。このような相場状況の中で上下で目先回転を効かせるトレード方法であれば、リバーサルが中心になってくると思いますし、細かく判断しなければいけません。


とすると、やはり裁量トレード方法としては、 キャンドルマスター がぴったりマッチするのではないでしょうか。リバーサルを中心に、需給とポジションを見ながらローソク足で判断し、素早くエントリー・エグジットします。日足・4時間足・1時間足・15分足などを組み合わせて判断すると、方向が見えてくると思います。


細かいエントリー位置・エグジット方法・ストップを置く場所などのトレード・オペレーションは、 こちら にかなり詳しく書いてあります。シンガポールのエキスパートトレーダーが集まる「MasterClass」で教えているトレード方法です。


おかげさまで東京2回・大阪1回のセミナーは全て満席、九州から北海道まで多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました!



▼今すぐダウンロードできます!
Candle Master



★予告★

本日夜、無料メルマガでトレードチャンスの通貨ペアをパスワード記事でご案内します!まだの方は早速登録を!(左のアイコンから登録できます)

ドル円のレンジはいつまで続くのか

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今年2月以降約5ヶ月に渡って、ドル円はほぼ101~104円を往来するレンジ相場が続いています。最近ではあまりのボラティリティの低さに、50pips程度上下しただけで「ドル円上昇・下落」とヘッドラインになってしまうほどです。先週はFOMCがあったにも関わらず、ドル円の1週間の値幅はわずか60pipsにとどまってしまっています。


前回も書きましたが、昨年の5~6月はアベノミクスの円安の反動(エリオットウェーブ4波)で約1,000pipsのボラティリティがあったので、この上下で大きなプロフィットが取れたと思います。ところが今年はわずか1/3しか値動きがありません。昨年大きなプロフィットを取れた人も、同じやり方では今年は無理です。


大きなロットをはれるのであれば別ですが、ちょっとこのような状況では、個人トレーダーでドル円でFXならではのダイナミックなトレードを仕掛けていくのは難しいのではないかと思います。FXトレードは差益売買でプロフィットを確保しますので、レートが動かなければどうしようもありません。


しかしレンジは永遠に続くわけではなく、いつか必ずブレイクしていきます。そこが大きなプロフィットを確保できるトレードチャンスになります。果たしてそれはいつ頃のタイミングになりそうのか・・・テクニカル的側面からは次の記事として、ファンダメンタル側面からシナリオメイキングしてみると・・・


次のドル円のアクションは、おそらくアメリカの金融政策次第になるでしょう。

・地政学リスクに対しては感応度が下がっている
・NYダウ平均が史上最高値更新するなど株高の流れになっているもののドル円はそこまで円安になっていない
・ドル円の値動きは米長期金利の動きに連動しやすいですが、最近は感応度も鈍っている

と、これらの材料だけでは現在の膠着状況の打開は難しいのではないでしょうか。最近のポンドやNZドルの動きを見て分かるように、マーケットが期待しているのは「いつ利上げに向かうのか」ということです。直近の米雇用統計やFOMCでは、概ねサプライズのない(=利上げ転換が早まる兆候のない)結果にとどまっています。これが動かないとドル円的にはどうしようもありません。


この動きがあるとするならば、FOMC(連邦公開市場委員会・Federal Open Market Committee)ということになります。FOMCは年8回ありますが、2つのタイプがあります。ひとつは結果発表のみ行われるもので、もうひとつはイエレンFRB議長の会見が伴うものです。これは今年の場合交互に行われ、後者の方が政策変更の発表などが行われることが多く、市場へのインパクトが大きくなります。


次のFOMCは7月29-30日(イエレン会見なし)、9月16-17日(イエレン会見あり)と続きますが、何か動きがあるとすれば9月の方が可能性が高いのではないかと思います。


また、最近「イエレンFRB議長、今年のジャクソンホール会合に出席へ」というヘッドラインが流れました。米ワイオミング州ジャクソンホールで毎年8月下旬に行われるFRBのシンポジウムは、世界中の中央銀行関係者や経済政策担当者が集い、金融政策について議論する主要な舞台として知られています。ここ数年でも、バーナンキ前FRB議長が重要な政策変更を発表するなど、大きなインパクトをマーケットに与えたのは記憶に新しいところです。


ということは、メインシナリオとしては、この8月下旬のジャクソンホール会合~9月中旬のFOMCを睨んだ動きになってくるのではないでしょうか。現在のファンダメンタルズ環境からすると、サマーバケーション直前の7月末に政策変更は考えにくいです。やはり秋相場が始まる9月ではないでしょうか。11月決算を睨んだファンド勢の仕掛けも、サマーバケーション明け~9月から始まります。


とするならば、ドル円はあと2~3ヶ月はこのレンジ相場が続く、というシナリオをひとつ想定しておきたいですね。


とするならば、トレーダーは・・・

1, 下がったら買い、上がったら売り、とレンジ決め打ちで、狭いストップでマーケットについていき、細かいオペレーションでプロフィットを積み上げていく
2, ブレイクアウトをひたすら待つ
3, 動いている通貨ペアでトレードする

あたりのチョイスになるかと思います。おすすめは3です。動いている通貨ペア、狙い目通貨ペアはたくさんあります。ここで十分にプロフィットは取れるはずです。


魚のいない漁場では、魚は釣れないのと一緒ですね。魚のいる漁場は、いつでも必ずあります。


そんな通貨ペアやタイミングは、毎週の オンラインアカデミー でも紹介していますが、そのうちいくつかを今日はパスワード限定記事でピックアップしてお教えしたいと思います。いつものように、アクセスキーを本日ニュースレター(左側のアイコンから無料で登録できます)でお送りしますね。



▼オンラインアカデミー始まりました。
Online Academy

ビッグチャンスが訪れている通貨ペアとトレードプラン

18:00

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ドル円テクニカルとここからの展望・トレード戦略

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140607_uj_w.png


ウィークリータイムフレームです。


ボリンジャーバンドがかなり極端にスクイーズしてきています。BBのスクイーズはブレイクアウトの兆候として知られています。しかしまだアッパー/ロワーバンドは内向きなので、ここから1~2本以内のブレイクアウトはどうでしょうか。


ここ3年ほどのチャートで、同様のスクイーズポイントを探すと、他に

・2011年8月~2012年1月
・2012年5月~10月

の2ヶ所が見つかります。今回も含めて3つのレクタングル(長方形)を描いてみましたが、実はこれは3つとも同じ大きさです。上下は300pips程度、幅は6ヶ月程度です。


過去2回とも、ブレイクアウト後は大きく動きました。


この観点からすると、今回ももし過去2回と同様になるのであれば、あと2~3ヶ月はこのレンジが続くのでは、という仮説がテクニカルから考えられます。


ちょうどそのあたりに、前の記事に書いたジャクソンホール・シンポジウムと9月のFOMC(イエレンFRB議長会見つき)があるんですよね。そこまでレンジは続くのでしょうか・・・


20140607_uj_d.png


デイリータイムフレームです。


上下にいろいろサポレジがあります。

・上はナナメ右下がりのアシスタンスライン、4月高値の104.11、1月高値の105.43
・下は200日線(現在101.43)、2月安値の100.74、その少し上の100.20あたり

この中で重要なのはおそらく100.70あたりと104.10あたりだと思います。この外側にはストップと逆指値が段階的にかなりあるようです。ここを抜けてこない限り、流れが出てくるのは難しいのではないでしょうか。


先週高値は102.78ですが、おそらく目先ここを更新してきてもRSIはダイバージェンスの位置になります。ちょっと深追いしたくない位置です。


ここしばらくのトレード戦略は、上では売り、下では買い、が機能しやすそうです。とにかく今のドル円はボラティリティが低いので、小幅の回転が必要です。


目先のターゲットや買いの場合の押し目位置としては、先週のフィボナッチ・エクスパンションのが生きてると思います。逆にそのあたりでは買いはエグジット、あとはキャンドルパターンなどで売りエントリー、エグジットは早めに、という感じでしょうか。細かいエントリー位置・エグジット方法・ストップを置く場所などは、 こちら にかなり詳しく書いてあります。


おかげさまで東京2回・大阪1回のセミナーは全て満席、九州から北海道まで多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました!



▼今すぐダウンロードできます!
Candle Master



★予告★

本日夜、無料メルマガでビッグトレードチャンスの通貨ペアをパスワード記事でご案内します!まだの方は早速登録を!(左のアイコンから登録できます)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。