--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドルの下落ターゲットと戻り売りポイントは

19:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ユーロドルの下落が止まりません。


5月高値の1.3992から既に1,300pips以上下落し、シカゴIMMポジションではユーロショートが既にユーロクライシス(欧州危機)時に迫るほどのレベルにまで積みあがっているようですが、

・ファンダメンタルズは脆弱、マイナス金利
・ドラギECB総裁が「ECBは必要な限り長期にわたって緩和的な金融政策を維持する」と発言
・ECBは日米のような国債購入型の量的緩和(QE)に踏み切るのではないかとの観測
・インフレ率はECBが「危険水域」と呼ぶ1%未満に11ヶ月連続でとどまっている
・11月9日にカタルーニャ独立住民投票のヘッドライン

など、イベント次第でユーロドルは1.25をトライする可能性がありそうです。


今週は10月2日(木)にECB(欧州中銀)政策金利発表とドラギECB総裁のスピーチ、10月3日(金)に米雇用統計の発表が控えています。思惑・観測やポジション調整などが重なり、ユーロドルは大きく乱高下する可能性が高そうです。


では、ユーロドルの下落ターゲットと戻り売りポイントなどを、テクニカルベースで見てみたいと思います。



20140928_eu_m.png


これは過去15年間の月足チャートですが、まず「ウェッジ割れは急騰か急落」のセオリー通り、ここ2ヶ月で700pipsほど下落しています。そのウェッジ割れの最初のターゲットは、上のラインのパラレルにあたるところ、というのが一般的でしょうか。これは現在1.25台にありますので、もう少しですね。


次に大きなターゲットとしては、スイングでサポレジを見ると、過去10年で

・A:2004年4月安値(1.1758)
・B:2005年11月安値(1.1639)
・C:2010年6月安値(1.1876)
・D:2012年7月安値(1.2041)

といういくつかのスイングローが見える訳ですが、徐々に切り上がっていますので概ね1.2前後と見ていいと思います。


ここを抜けるとどこへ行ってしまうか。1.20より下は、テクニカル的には「真空地帯」になります。このゾーンへ本格的に突入してしまうと、ユーロドルは新しいフェーズに入る可能性があります。


まず2000年10月安値(0.8225)~2008年7月高値(1.6037)の61.8%戻しラインがある1.12あたりが見えます。このフィボナッチポイントは38.2%や半値戻しといったポイントが機能していると見るかどうかはちょっと微妙なところもありますが。


もちろん、1.15、1.10などの心理的節目、ラウンドナンバーなどは重要です。ラインターゲットもあり得ますね。


さて、その後のパリティ(1USD=1EUR)はあり得るのか。


最近FXを始められた方は馴染みがないかと思いますが、15年前など、ユーロドルは0.8~0.9の頃がありました。「相場は何事も起こり得る」という格言があります。ファンダメンタルズ的に、ドルが利上げ、ユーロが緩和方向へ進むのであれば、決してありえない数字ではないと思います。



20140928_eu_w.png


次は週足チャートです。


何と11週連続陰線です。現在のゾーンを下抜けしてしまうと、2012年7月安値である1.2近辺まで主なサポートがありません。


ここまで来ると、下げ止まりの意識としては、ダウ理論でいう「高値・安値の切り下げ」がどこまで続くか、ということになります。先週はほぼ安値引けなので、問題は前週高値を更新するかどうか、ですね。そのようなケースは、前の足の引け値が足の比較的高い位置に来ないと起こりませんので、今週は安値をさらに更新する可能性が高そうです。


ADXはトレンドのターゲットを示すことが多いとされている60を既に超え、過熱ゾーンにあるといえそうですが、ストキャスティクス(14,3,3)、RSI(14)といったオシレーター系指標では、まだダイバージェンスが出ていません。週足で転換するケースでは、かなり高い確率でダイバージェンスが出ますので、まだ転換は先になるといえそうです。MACDもマイナス圏で、まだ下向きです。


昨年2回サポートとなった1.2750は、2012年7月の底値(1.2041)~2014年5月の天井(1.3992)の上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻しライン(1.2786)とも近かったことから、今回も一旦サポートになるとの見方も多かったと思いますが、あっさりと抜けて行っています。そのため、このラインは今度はレジスタンス(=戻り売りポイント)として意識される可能性があります。


ボリンジャーバンドは、この位置でややエクスパンションにあります。まだダウントレンドは続く可能性が高いといえそうです。



20140928_eu_d.png


最後に日足チャートですが、移動平均線はパーフェクトオーダー、ボリンジャーバンドも-1~-2σ間の推移となっていて、強い下落トレンド状態になっています。


先月ちょうどボリンジャー・スクイーズ&ブレイクやグランビルがありますね。このようなところは強いエントリーシグナルになりますが、これに合わせてオシレーター系のヒドゥンダイバージェンスや、ひとつ下の時間足(1時間足や4時間足)での上方向へのダイバージェンスなどが参考になりそうです。


まだダイバージェンスは出ていませんので、テクニカル的にはまだ下方向をつけてくる可能性が高そうです。とするならば、トレード戦略としては売りからになるかと思いますが、これは戻り売りか、ブレイクアウトか、悩みどころと思います。ブレイクアウトだと下値で捕まってしまう可能性もありますし、ストップを広く取らなければいけません。一方戻り売りは、戻りなしで逃す可能性があります。


そのような場合、いくつかに分け、ブレイクアウトと戻り売りを組み合わせてポジションを取っていくといいと思います。


具体的にここからどうトレードしていくか。サポレジを見ながらファンダメンタルズベースでトレードするのは、実はとても難易度が高いです。やはり、プライスアクションベースでテクニカルで追っていかないと、個人トレーダーでは精度の高いトレードは難しいのではないかと思います。底値売りとかは避けたいですよね、


ここはもう世界中で大定番の MAトレーディングマスターBBトレーディングマスター のトレード方法ですね。これでブレイクアウトと戻り売りを組み合わせていくといいと思います。このようなトレンド局面では、とにかく爆発的な利益を取れる可能性があるトレード方法です。


ここまで下げると相応の戻り場面もあると思いますので、なお一層ですね。資金管理のうえで分割エントリー・エグジットしていくと、トータルコスト的にいいのではないでしょうか。



トレンド相場で絶大な威力を発揮するトレード方法↓
MA Trading Master



ボリンジャーバンドの王道トレード方法↓
BB Trading Master
スポンサーサイト

今週のトレード方法、ドル円・ユーロドル・NZドル円

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週のトレードですが、基本戦略としては、

・マーケット全体が「ドル買い」の流れになっている
・ドル円を含むドルストレートをドル買い方向に押し目買い、戻り売りすれば、取れる可能性が高い
・オセアニア通貨はとにかく弱い

ということであり、今週の流れの中で具体的には、

・ドル円の押し目買い
・ユーロドルの戻り売り
・豪ドル・NZドルの売り

がやりやすく、利益を取りやすいということは、事前に オンラインアカデミー で解説した通りとなります。オンラインアカデミーのStrategy Viewerを見れば、いま豪ドルとNZドルが売りであることは一目瞭然です。


このような流れの中では、トレンドフォロー(順張り)方向にポジションを取ることが基本ですので、

・移動平均線などのトレンド系のテクニカルをベースに使う
・ボリンジャーバンドはミドルバンドの移動平均、±1σでの押し目買い・戻り売り、ブレイクアウトなどのトレンド系の使い方をする
・押し目・戻りのポイントはオシレーター+ヒドゥンダイバージェンスで
・トレンドの勢いをADXDMIなどで見る
・エグジットはルール通りしっかり伸ばす

といったトレードの基本をひとつひとつおさえていくことが必要です。


トレンド状態か否かは こちらの記事(トレンドを簡単に判断してトレードする方法) に簡単に判断できる方法を先日書いています。


この基本戦略に基づき、今週のトレード例をピックアップしてみます。




ボリンジャーバンドを使った BBトレーディングマスター のトレード例


20140927_eu_h1.png


ユーロドル1時間足

・1.2835で売りエントリー
・平均1.2772で分割エグジット(+63pips)

・1.2731で売りエントリー
・+50pipsで半ポジ利確&ブレークイーブン、ノーリスクで売りポジション半ポジ保有中

といった手堅いトレードになります。このトレード方法の特徴として、エントリー後ほとんど含み損がなく、すぐに利益がのりますので、ストレスの非常に少ないトレードということです。


20140927_nj_h4.png


NZドル円4時間足

・88.03で売りエントリー
・既にブレークイーブンでノーリスク、現在+215pipsでポジション保有中

BBトレーディングマスター のトレードルールだと、見事に戻りの最高のところで売りポジションが建てられます。いまオセアニアは特に弱いので、キウイや豪ドルの売りは安心感がありますね。このようにトレンドが出ているときは4時間足で利益を伸ばすと爆発的に取れることが多いです。




ローソク足とインジケーターを組み合わせた キャンドルマスター のトレード例


20140927_uj_h1.png


ドル円1時間足

・108.61で買いエントリー(日本時間金曜朝9:00)、ストップは108.41(わずか20pipsでOK)
・109.37でエグジット(+76pips)

ほぼ1スイングの底から天井まで取りきった見事なトレードですが、エントリーもエグジットもしっかりルール化されていますし、ポジションを持った後もどこまで伸ばしていいかがチャートを見ればすぐに簡単に分かります。1時間足の場合、1時間に1回だけスマートフォンなどでチャートを見ればいいので、ポジションを持った後でもチャートに張り付かなくていいのがいいですね。


20140927_gu_m15.png


ポンドドル15分足

・1.6320で買いエントリー
・1.6398でエグジット(+78pips)

キャンドルマスター のトレード方法だと、このように15分足デイトレで、ちょっとした戻りをカウンターで取ることもできます。ストップもとても狭くて済みます。この例だとハンマーの後に買うのはやりやすいんですが、その後はエグジットが大切です。この例のように、きっちりと天井を一旦確認した後にエグジットできるようにならないと、継続してFXトレードで取っていくことは難しいと思います。 キャンドルマスター は、とにかくエグジットにこだわったトレードルールになっています。




これらは全てプロ級のトレード例のように見えますが、どれもトレードはルール化されていますので再現性が高く、スキルレベル(初級・中級・上級)を問わず誰でも簡単にできます。しかも、チャートを読み取る力がつきます。これらのトレード方法はグローバル・スタンダードなので、裁量トレーダーは持っておくべきトレード方法のひとつと思います。


矢印が出たりするインジケーターばかりや人任せでは、トレードは決してうまくなりません。このようなごくスタンダードな方法をひとつひとつものにしていき、自分で判断できるようになることで、どのような相場にも対応できる「トレード力」が身についていくんです。


11月までトレードシーズンは続きますので、まだまだ大きく取れる場面は何度も訪れます。是非これらのトレードマニュアルで「トレード力」を身に着けていただきたいと思います。



ボリンジャーバンドの王道トレード方法↓
BB Trading Master



利を伸ばすエグジット方法(6パターン)は↓
Candle Master

ポンド円はいま買いか・売りか・様子見か

18:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


先週スコットランド住民投票で大きく上下したポンド円ですが、先日書きましたように、今週から来週前半にかけて、

・イベント通過、Sell the factをこなす
・月末&四半期末
・目立ったイベントがない

と、方向感が出にくい状況になっています。


目先に関しては、

・ファンダメンタルズは底堅く、BOE(イングランド銀行)総裁が近い利上げを示唆している(ブリッシュ要因)
・スコットランド絡みによる政治的混乱が生じている(ベアリッシュ要因)

が錯綜していることから、下がったところは買い、上がったところは売りが出てきやすいと思います


このような時は、ヘッドラインを過度に追っかけてしまっても振り回されてしまいますので、テクニカルをしっかりみていけばいいのではないかと思います。


20140924_gj_h1.png


これは今週にはいってからのポンド円1時間足チャートですが、25SMA(紫のライン)がほぼ横向きになっています。このような時は、基本的に様子見となります。つい先日 こちらの記事(トレンドを簡単に判断してトレードする方法) で書きましたが、チャートを開いたら、まず25SMAの状況を見るといいと思います。

・右上がりに傾いていて、かつレートがラインより上方にあればアップトレンド、25SMAより上で買い
・右下がりに傾いていて、かつレートがラインより下方にあればダウントレンド、25SMAより下で買い

などといったトレード方法が、トレンドフォロー(順張り)のトレード方法としてやりやすくていいと思います。25SMAが横ばいのときは、トレンドフォローのポジショニングは「待ち」になりますので、今はこの状態になります。


しかしながら、4時間足チャートを見ると、ちょっとしたチャンスが近そうなサインも出ていますので、それは見逃さない方がいいと思います。

・どのようなチャンスなのか?
・そのタイミングは?
・どのインジケーターを組み合わせて使えばいいか?
・エントリー・エグジットサインはどれか?

といった具体的なトレード方法については、しっかりトレードルールに従えばここは取れるのではないかと思います。


その答えは こちら に詳しく書いてあります。


20140924_gj_m5.png


ちなみに、 このトレード方法 を使って、先週の大きく動いた金曜のデイトレを例にとってみると、5分足チャートで

・178.99で買いエントリー、平均180.22で分割エグジット(+123pips)
・179.44で売りエントリー、平均178.47で分割エグジット(+97pips)

のエントリー・エグジットサインがチャートから読み取れます。


どちらも、動き出しの初動でエントリーでき、買いか売りかの方向もバッチリ。エグジットは、伸びきった天底近くの最高の場所でできているのではないかと思います。


ともにポジションのホールド時間はわずか1時間程度で、+200pips取れれば、0.1ロットで2万円、1ロットだと20万円の利益です。十分な利益と思います。通常5分足だと、2~30pips狙いのデイトレですから、このトレード方法がいかにこのような場面に強いかが分かると思います。「そろそろチャンスが近い」というサインも事前に出ますので、そのような時に狙えばいいですね。


しかも、チャートを読み取る力がつきますので、スキルレベル(初級・中級・上級)を問わず、誰でも簡単にこのようなトレードが再現しやすいと思います。このトレード方法は世界中でもとにかくグローバル・スタンダードなものなので、裁量トレーダーであれば持っておくべきトレード方法のひとつと思います。


矢印が出たりするインジケーターばかりや人任せでは、トレードは決してうまくなりません。このようなごくスタンダードな方法をひとつひとつものにしていき、自分で判断できるようになることで、どのような相場にも対応できる「トレード力」が身についていくんです。


11月までトレードシーズンは続きますので、まだまだ大きく取れる場面は何度も訪れます。是非 BBトレーディングマスター で「トレード力」を身に着けていただきたいと思います。



BB Trading Master

日本の半期末決算期(9月末)がドル円に及ぼす影響

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


9月22日になりました。来週水曜からは10月になりますので、来週の9月は29・30日しかありません。実質、今週も9月最終週とみていいと思います。


9月は日本は半期末になります。4~3月期は日本が多いです。世界的には1~12月期が多く、また世界の主要金融機関(銀行・証券会社・保険会社・ヘッジファンドなど)は、年末決算を避け11月末決算であることが多いです。


ということは、今月末に半期末決算があるのは、主に日本ということになります。


半期末決算に向け、数字をつくるため、ここまでのポジションは一旦閉じられやすいです。ということは、ここまで一方向へ動いた通貨ペアは、一旦利確がでやすい、ということになります。9月末に半期末決算がある日本、ということになると、対象通貨ペアは主にドル円・クロス円ということになるでしょう。その他の通貨ペアは、円ペアほどの影響を受けにくいと思います。


これを言い方を変えると・・・


ドル円・クロス円はこの1ヶ月大きく上昇したので、日本の半期末決算へ向けてロングポジションは利確玉が多く出てくるので、上昇したところは売りが出やすく、月内は上方向は伸びにくい、逆に調整が入りやすい。特に東京タイムに関してはこの傾向が強いのではないか。


ということになります。


ここまで大きく伸びてきたドル円・クロス円は、テクニカル的にトレンドは上方向ですし、底堅いことは底堅いと考えるのが自然と思いますが、こと月内に関しては、このような季節要因を考慮しておく必要がありそうですね。


これは絶対ではありませんが、毎年の傾向としては覚えておくといいと思います。2~3月の年度末も同じですね。



このようなFXトレードのノウハウは、こちらで↓
Online Academy

ドル円の大相場にここから乗れるトレード方法

18:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ドル円・クロス円は、圧倒的なトレンド相場が続いています。毎年9~11月はトレードシーズンで、この期間は各国中銀の大きな政策が発表されたり、金融機関の11月末決算へ向けた第4四半期の仕掛けが入りやすく、大きく相場が動きます。まだまだこれからも相場が大きく動きますので、大きく狙えるトレードチャンスがこの期間は何度も訪れると思います。


このようなトレンド相場でのトレード方法は、やはりトレンドフォローの順張りになります。逆張りは危険です。川の流れに逆らったポジショニングはハイリスクです。トレンドフォローの代表的なトレード方法は、やはり移動平均線を使ったものになると思います。


20140920_uj_h4_2.png


これはドル円の4時間足チャートですが、これを 移動平均線を使ったトレード方法 でトレードしてみると、この4週ではこの4回買いエントリーのポイントがあります。


どれもブレイクアウトだったり押し目買いだったり、絶好のエントリーポイントです。マニュアルのトレードルール通りにエグジットすれば、どれも100~150pipsは取れていると思います。


この1ヶ月、ドル円で利益が出ていない方は、トレード方法・トレードルールを見直してみるのもいいと思います。


仮にエントリーできたとしても、エグジットはしっかりルール通りできているでしょうか?FXトレードでは、エグジットが重要です。 MAトレーディングマスター は、エントリーもエグジットもしっかりルールを定めています。


矢印が出たりするインジケーターばかりや人任せでは、トレードは決してうまくなりません。このようなごくスタンダードな方法をひとつひとつものにしていき、自分で判断できるようになることで、どのような相場にも対応できる「トレード力」が身についていきます。


おそらく、ここから11月までも、取れていくのではないでしょうか。これを取り逃してしまうのは、もったいないと思います。


11月までトレードシーズンは続きますので、まだまだ大きく取れる場面は何度も訪れます。是非 MAトレーディングマスター で「トレード力」を身に着けていただきたいと思います。もう1年以上続くロングセラーです。



トレンド相場で絶大な威力を発揮するトレード方法↓
MA Trading Master




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。