--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル・テクニカル分析・戻り目処とターゲット

17:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





[週足]

120217eurusd-w_1.jpg

*チャートは画像クリックで拡大します

まず週足で大きな流れを見てみたいと思います。ローソク足は、このあたりでNYで引ければ陰線ながら下ヒゲは150pips程度になります。


今週も先週に引き続きBB-1σ~ミドルバンド間の推移となり、この週足のBB-1σとミドルバンドは2週続けてサポート・レジスタンスになっていますので、2本のラインの位置は意識しておきたいところです。


フィボナッチでは、4週続けて昨年5月高値からの下落幅に対する23.6%戻しあたりが軸になっています。これだけこのラインが意識されていますので、上へ抜けた場合には38.2%戻しラインもワークしそうです。


RSIは現在ほぼ真ん中にまで戻しており、もう少し上昇すると昨年10月あたりの数値と並びますので、ヒドゥンダイバージェンスが意識されそうです。



[週足上値ターゲット]

・2010/5高値からの下落幅に対するフィボナッチ38.2%戻し(1.3507)
・週足BBミドル(現在1.3318)


[週足下値ターゲット]

・週足BB-1σ(現在1.2924)




[日足]

120217eurusd-d_1.jpg


次に日足を見てみます。テクニカル的には75日線(青)・10/27高値からの下落幅に対する38.2%戻しといったレジスタンスゾーンで一旦跳ね返された形になっており、このゾーンを再度上へ抜けてくるかがポイントになりそうです。


BBは-2σが今週のサポートになりました。BBが収縮しており、ミドルバンドは横向き、RSIもほぼ真ん中になっており、一旦日足レベルでのチャートはニュートラルになっています。


[日足上値ターゲット]

・10/27高値からの下落幅に対するフィボナッチ半値戻し(1.3434)
・2/9高値(1.3320)
・日足BB+2σ(現在1.3284)


[日足下値ターゲット]

・日足BB-2σ(現在1.3005)
・2/16安値(1.2973)




[4時間足]

120217eurusd-h4_1.jpg


最後に直近の動きを4時間足で見てみたいと思います。1月下旬から約2週間続いた1.3025-1.3225のレンジを上抜け後に下抜け、結局真ん中に戻ってくる形となっています。


移動平均線は、目先は200SMA(赤)がサポート・75SMA(青)がレジスタンスになっていて、ほぼ横に並行に推移しています。レートはその間にあるため、レンジ推移となりやすい条件が揃っています。RSIもほぼ真ん中に戻しています。


[4時間足上値ターゲット]

・2/9高値(1.3320)
・4時間BB+2σ(現在1.3217)
・4時間足75SMA(現在1.3163)


[4時間足下値ターゲット]

・4時間足BB-2σ(現在1.3105)
・4時間足200SMA(現在1.3000)
・1/13安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(1.2889)





--------------------------------------------------





今週はギリシャ関連のヘッドラインで一喜一憂する展開となり、目まぐるしくジェットコースターのようにトレンドが切り替わる展開となりました。


ただし日足テクニカルで見ると、この3週間ほど1.3150あたりを軸に上下200pipsの振幅を、BB-2σ~+2σ間および75日線がらみで方向感無くレンジを形成している感じです。先週高値・今週安値のどちらをブレイクしてくるかが次のトレンドのポイントになりそうです。


20日には週明け早々にユーロ圏財務相会合が予定されており、来週末にはG20も予定されています。まだヘッドライン相場が続きそうですので、短いサイクルでのトレーディングが求められそうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。




外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。