--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル・テクニカル分析・ターゲット/週明けの仕掛けポイント

08:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■時間足別テクニカル分析(週足・日足・4時間足)



[週足]

120225eurusd-w.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)

まず週足で大きな流れを見てみたいと思います。

・先週の値幅:314pips(前週310pips)
・高値:1.3485
・安値:1.3171

ローソク足は高値引けに近い長い陽線になっており、強い足になっています。今年にはいってからのユーロドルの平均週間ボラティリティ(値幅)は約300pipsですので、NY引け近くで安値からの上昇幅が300pipsを超えてきましたので、利益確定の売りが出ています。


BBは3週続けた-1σ~ミドルバンド間のレンジを上抜けしており、右肩下がりから横這いに変わっています。ミドルバンドと今度は+1σの位置は意識しておきたいところです。


フィボナッチでは、4週続けて昨年5月高値からの下落幅に対する23.6%戻し近辺で揉み合ったことから、38.2%ラインのワークも意識されそうです。


RSIは昨年10月あたりの数値を既に超えていますので、ヒドゥンダイバージェンスになっています。


週足での上値ターゲットは、

・昨年5/4高値からの下落幅に対する半値戻し(1.3781)
・75週線(現在1.3766)
・週足BB+1σ(現在1.3718)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)

下値ターゲットは

・週足ミドルバンド(現在1.3323)
・5週線(現在1.3230)

あたりです。




[日足]

120225eurusd-d.jpg


次に日足を見てみます。フラッグを形成しながら上昇しています。


約3週間揉み合った「昨年10/27高値からの下落幅に対する23.6-38.2%戻し・75日線」ゾーンを上へ抜けました。既に半値戻しも超えており、次のターゲットは「昨年10/27高値からの下落幅に対する61.8%戻し・200日線」ゾーンになります。


BBは拡大期にありますので、+1σやミドルバンドは押し目買いポイントとして意識されそうです。5日線もサポートとして意識されそうですね。


RSIは76とかなり高い位置にありますが、まだダイバージェンスになっていませんので上値余地はあるように見えます。


日足での上値ターゲットは、

・200日線(現在1.3729)
・昨年10/27高値からの下落幅に対する61.8%戻し(1.3625)

下値ターゲットは

・5日線(現在1.3310)
・日足BB+1σ(現在1.3294)
・日足BBミドルバンド(現在1.3199)

あたりです。




[4時間足]

120225eurusd-h4.jpg


最後に直近の動きを4時間足で見てみたいと思います。


週半ばにトライアングルをアップサイドブレイク、その後2/9高値(1.3320)近辺での揉み合いの後、さらに上昇が加速しています。


BBは拡大期にあり、先週はBBミドル(20SMA)がサポートになっていますので、目先の押し目買いのポイントとしてBB+1σ~ミドルが意識されそうです。


RSIはまだダイバージェンスになっていませんので上値余地はありそうに見えますが、さすがに80を超えてしまっているので、ロングはヒドゥンダイバージェンスまで待ちたいところです。


4時間足での下値ターゲットは

・4時間足BB+1σ(現在1.3387)
・4時間足BBミドルバンド(現在1.3307)
・2/9高値(1.3320)

あたりです。




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測



・ギリシャが緊縮策を実行できるのか不透明
・ポルトガル・スペイン・イタリアへの懸念拡大
・今後続く欧州債償還問題
・2~3月の期末リパトリ要因

といった上値抑制要因がありながらも、ギリシャ2次支援承認での目先材料出尽くし感で買い戻し優勢となっています。


しかしながらマーケットがギリシャに続く次のテーマの模索感で一旦買い戻し&ストップを誘っているところもありそうです。


ユーロ円ほどではないものの、ユーロドルもテクニカル的には過熱感が見られることや、豪ドルやダウ平均がNY引けで利益確定優勢の売りで頭が重くなっているところはちょっと気にしておく必要があります。




■週明けの上値ターゲット


・昨年5/4高値からの下落幅に対する半値戻し(1.3781)
・75週線(現在1.3766)
・200日線(現在1.3729)
・週足BB+1σ(現在1.3718)
・昨年10/27高値からの下落幅に対する61.8%戻し(1.3625)
・昨年5/4高値からの下落幅に対する38.2%戻し(1.3507)




■週明けの下値ターゲット


・4時間足BB+1σ(現在1.3387)
・4時間足BBミドルバンド(現在1.3307)
・週足ミドルバンド(現在1.3323)
・2/9高値(1.3320)
・5日線(現在1.3310)
・日足BB+1σ(現在1.3294)
・5週線(現在1.3230)
・日足BBミドルバンド(現在1.3199)




■週明けの仕掛けポイント


[Strategy-1](メイン)押し目買い
・4時間足BBミドルバンド近辺での押し目買い
・日足BB+1σ~ミドルバンド近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。





レンタルサーバーなら使えるねっと




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。