--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円・テクニカル分析とターゲット/週明けの仕掛けポイント

15:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■時間足別テクニカル分析(週足・日足・4時間足)



[週足]

120318usdjpy-w.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)

週足で大きな流れを見てみたいと思います。

・先週の値幅:220pips(前週206pips)
・高値:84.16
・安値:81.96

6週連続陽線になっていますが、この6本の陽線の中で上にヒゲを残したのは初めてであることはちょっと気にしておきたいポイントです。利益確定・調整売りが出やすくなっているかもしれません。


移動平均線は2010/5以来約1年10ヶ月振りに75週線(青)より上での推移になっており、このラインはサポートラインとしてリテストが確認された形になっています。


BBは依然+2σ上にあり、BBミドル(20週線)とは5円以上乖離していることは気になるところです。


フィボナッチでは、昨年4月高値(85.50)からの下落幅に対する78.6%戻しラインを上へ抜けましたので、全戻し(85.50)がターゲットになります。


RSIはまだダイバージェンスになっていませんが、80を超えてしまっており、昨年4月時よりも高い値でヒドゥンダイバージェンスになっています。この値にまでRSIが上昇しているのは2005/12以来約6年3ヶ月振りです。明らかに高値警戒圏ではあります。ちなみに月足でもヒドゥンダイバージェンスです。


[週足上値ターゲット]

・2011/4/6高値(85.50)
・85.00


[週足下値ターゲット]

・週足BB+1σ(現在80.41)
・75週線(現在79.99)




[日足]

120318usdjpy-d.jpg


次に日足を見てみます。依然5日線(黄)・BB+1σをサポートに上昇を継続しています。


BBは1ヶ月以上ミドルバンド(20日線)にタッチしていませんので、上昇してくるミドルバンドは今後押し目ポイントのひとつとして意識されそうです。


75日線が200日線をGC(ゴールデンクロス)してきました。75日線が200日線を上抜けて来たのは2010年7月以来1年7ヶ月振りです。ただしこの2本のラインとはかなり乖離しています。5日線をしっかり割り込んでくるようであれば、目先5日線をレジスタンスに調整が進むかもしれません。


RSIはダイバージェンスになっており、ここからのロングポジションは、ヒドゥンダイバージェンスを待ちたいところです。


[日足上値ターゲット]

・3/15高値(84.16)
・日足BB+2σ(現在83.87)


[日足下値ターゲット]

・5日線(現在83.20)
・日足BB+1σ(現在82.66)
・日足BBミドル(現在81.44)
・トレンドライン(現在81.39)




[4時間足]

120318usdjpy-h4.jpg


最後に直近の動きを4時間足で見てみたいと思います。大きくはチャネル内の上昇になっています。


先週BBミドルを割って引けているので、BB-2σあたりまで目先割り込むかもしれませんが、ヒドゥンダイバージェンスになっており、下では拾う動きがありそうです。


現在トライアングルもしくはフラッグですが、上へ抜けたらRSIがダイバージェンスになりそうです。下は、前週にサポートになった75SMA(青)・トレンドラインあたりを意識しておきたいところです。


[4時間足下値ターゲット]

・2/1安値からの上昇幅に対するフィボナッチ23.6%戻し(82.24)
・4時間足75SMA(現在82.03)




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測


2月以降ほぼ一本調子に上昇を続け、

・日銀インフレ目途導入
・貿易収支で過去最大の貿易赤字
・円キャリー復活
・米経済指標の堅調推移
・QE3(量的緩和第3弾)観測後退
・株高

といった円売り要因が強く、引き続き押し目は買われやすい地合いが続いています。


昨年高値(85.50)が目先のターゲットになっていますが、

・2/1安値以降8円以上上昇(過熱感)
・3月期末決算へ向けたリパトリの動き
・昨年のドル円の変動率約12%、今年は既に約11%

等、目先はやはり調整も意識しておきたいところではあります。


テクニカル的には

・月足・週足ヒドゥンダイバージェンス
・日足ダイバージェンス

で高値示唆ですので、引き続きロング方向は押し目を丁寧に下値ターゲット近辺で仕掛けたいところです。




■週明けの上値ターゲット


・2011/4/6高値(85.50)
・85.00
・3/15高値(84.16)
・日足BB+2σ(現在83.87)




■週明けの下値ターゲット


・5日線(現在83.20)
・日足BB+1σ(現在82.66)
・2/1安値からの上昇幅に対するフィボナッチ23.6%戻し(82.24)
・4時間足75SMA(現在82.03)
・日足BBミドル(現在81.44)
・トレンドライン(現在81.39)




■週明けの仕掛けポイント


[Strategy-1](メイン)押し目買い
・日足ヒドゥンダイバージェンス+日足BB+1σ近辺での押し目買い
・日足ヒドゥンダイバージェンス+日足BBミドル~トレンドライン近辺での押し目買い

[Strategy-2](サブ)なし




--------------------------------------------------





無料メルマガの夕刊(通常月~木・除祝)に「本日のお宝仕掛けポイント」(ドル円・ユーロドル)というコーナーがあるのですが、先週もユーロドルが絶妙なところでの仕掛けとなっており、約+150pipsですね。ダイバージェンスやオシレーターの売られすぎ・サポレジタッチ・トレーリングストップ等を目安にクローズすれば、+100pipsは取れたと思います。2月は非常にいい仕掛けポイントが続きましたが、3月も好調です。


エントリーレートに到達するのは月に4~5回程度(それより多い月も少ない月もありますが)なので回数は多くありませんが、到達時にはこのように伸びることも多いです。左側のサイドバーから登録いただけます。






いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。




外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。