--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円テクニカル分析とターゲット/週明けの仕掛けポイント

10:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■時間足別テクニカル分析(週足・日足・4時間足)



[週足]

120428eurjpy-w.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)

まず週足で大きな流れを見たいと思います。

・先週の値幅:164pips(前週337pips)
・高値:107.78
・安値:106.14

先週の値幅は前週の半分以下になっています。高値・安値共に前週の内側に収まっており、この3週は揉み合い様相になっています。


RSIも真ん中近辺の推移になっており、BBもミドルバンド(20週線)と+1σの間を推移しています。週足レベルですが、この2本の位置は大まかに意識しておきたいですね。

またトレンド時には5週線がサポート・レジスタンスになることが多いのですが、先週は5週線に頭をおさえられていますので、上方向であれば、このライン位置もチェックしておきたいところです。


[週足上値ターゲット]

・75週線(現在109.50)
・週足BB+1σ(108.51)
・5週線(現在107.43)


[週足下値ターゲット]

・週足BBミドル(現在104.39)




[日足]

120428eurjpy-d.jpg


次に日足を見てみます。


先週は一貫して日足BBミドル(20日線)で頭をおさえられています。このラインはやはり目先のレジスタンスであると同時に、BBが収縮してきていることは意識しておきたいところですね。BBの収縮はブレイクのの前兆を示唆することで知られています。


また、4/16に安値をサポートした75日線(青)が200日線(赤)をGC(ゴールデンクロス)してきており、このラインはサポートのひとつになりそうです。このラインを終値でしっかり割り込んできた場合は、4/16安値方向になります。


RSIは先週は一貫して40-60間の推移になっているので、トレンドレスを示唆しています。まずは方向感が出るのを待ちたいですね。


[日足上値ターゲット]

・3/21高値からの下落幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(108.81)
・3/21高値からの下落幅に対する半値戻し(108.01)
・4/20高値(107.97)
・日足BBミドル(現在107.03)


[日足下値ターゲット]

・75日線(現在105.64)
・日足BB-2σ(現在104.89)
・4/16安値(104.60)




[4時間足]

120428eurjpy-h4.jpg


最後に直近の流れを4時間足で見てみます。


先週はフラッグ内を1往復半していますが、RSIも一度も30と70を超えることはありませんでしたので、4時間足レベルでも方向感の無いトレンドレスのレンジ相場を示しています。BBも-2σ~+2σ間のレンジです。目先は、やはりこのレンジのブレイクを待ちたいところですね。


移動平均線では75SMA(青)と200SMA(赤)が、狭い幅を並行推移しています。このようなフェーズは揉み合いレンジとなりやすいことで知られています。先週は75SMAが2回サポートとしてワークして上へ跳ね返していますが、引けで戻しており、しっかり割り込んでくるようであればレジスタンスに転換するかもしれません。


[4時間足上値ターゲット]

・3/21高値からの下落幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(108.81)
・4時間足200SMA(現在108.18)
・4/20高値(107.97)


[4時間足下値ターゲット]

・4/27安値(106.14)
・4/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(105.89)
・4/16安値(104.60)




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測


先週は幅の狭いレンジとなっており、日銀金融政策決定会合では乱高下となったものの、ユーロ円はレンジ内の値幅にとどまり「往って来い」となりました。目先はこれをどちら方向へブレイクしてくるかがポイントになりそうです。


4/30~の週は日本はGW入りですが、

・ECB政策金利発表&ドラギECB総裁会見
・米雇用統計
・週末にフランス大統領選決選投票を控える
・オランダ・ギリシャ政局リスク

といった動きがありますので、ユーロ相場の動向に注意したいところですね。


ただし、「GWは円高」とのアノマリーもありますので、目先は頭はおさえられやすいことは意識しておいた方がいいかもしれません。




■週明けの上値ターゲット


・3/21高値からの下落幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(108.81)
・4時間足200SMA(現在108.18)
・3/21高値からの下落幅に対する半値戻し(108.01)
・4/20高値(107.97)
・日足BBミドル(現在107.03)




■週明けの下値ターゲット


・4/27安値(106.14)
・4/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(105.89)
・75日線(現在105.64)
・日足BB-2σ(現在104.89)
・4/16安値(104.60)




■週明けの仕掛けポイント

[Strategy-1](メイン)押し目買い
・75日線近辺での押し目買い
・日足BBミドルを終値でしっかり超えてきたら、リテスト局面を押し目買い

[Strategy-2](サブ)戻り売り
・日足BBミドルを終値でしっかり割り込んできたら、リテスト局面を戻り売り




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。