--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円テクニカル分析とターゲット/週明けの仕掛けポイント

12:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■時間足別テクニカル分析(週足・日足・4時間足)



[週足]

120505eurjpy-w.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)

まず週足で大きな流れを見たいと思います。

・先週の値幅:209pips(前週164pips)
・高値:106.52
・安値:104.43

大きな流れとしては、「昨年10/31の介入後高値+75週線+BB+2σ」を上へ抜けることができず下落した形になっています。


トレンド時には5週線がサポート・レジスタンスになることが多いのですが、3週続けて5週線に頭をおさえられていますので、このラインの位置は意識しておきたいところです。


BBは再びミドルまで下げてきました。2008/7高値起点のダウントレンドラインのリテストポイントにも当たっています。この4週間はBBミドル~+1σ間のレンジとなっていましたが、このラインをしっかり下へ抜けてくるようであれば、-1σ~ミドル間のレンジへ移行するかもしれません。


[週足上値ターゲット]

・75週線(現在109.40)
・週足BB+1σ(108.60)
・5週線(現在106.24)


[週足下値ターゲット]

・週足BB-1σ(現在100.49)




[日足]

120505eurjpy-d.jpg


次に日足を見てみます。


まず大きなポイントは、ひとつ前のスイングボトムにあたる4/16安値(104.60)を割り込んで引けていることですね。ひとつ前のスイングトップを上に抜けることなくボトムを切り下げていることから、ダウ理論的見地からダウントレンドの継続となります。


前週に一貫して頭をおさえられた日足BBミドル(20日線)に、先週もやはり頭をおさえられる形になっています。今後もこのラインはレジスタンスとしてワークしそうです。


また先週金曜の引けはほぼ安値引けの足形となっており、

・RSIは低い位置にあるもののダイバージェンスにはなっていない
・BBが再びワイドニングに転じている
・105.00-106.00近辺に集まっていた「75日線(青)・200日線(赤)・5日線(黄)今年安値からの上昇幅に対するフィボナッチ38.2%戻しライン」といったテクニカルサポートゾーンをダウンサイドにブレイクしている

ことから、トレンド加速が意識されるところです。


[日足上値ターゲット]

・4/20高値(107.97)
・日足BBミドル(現在106.30)
・5日線(現在105.49)


[日足下値ターゲット]

・1/16安値からの上昇幅に対する半値戻し(104.21)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(102.51)




[4時間足]

120505eurjpy-h4.jpg


最後に直近の流れを4時間足で見てみます。


4/16安値を割り込みましたので、トレンドラインが更新されています。


直近にサポートラインとしてワークしていた75SMA(青)を週初に割り込み、週央にはレジスタンスに転じました。このポイントは

・75SMA
・前週の安値ライン
・ヒドゥンダイバージェンス

が重なっており、絶好の戻り売りポイントでしたね。現レート位置とは少し乖離していますが、75SMAはダウントレンドラインと近接しており、戻り局面ではレジスタンスとして意識されるポイントになりそうです。


また、前週にほぼ並行に横這い推移となっていた75SMA(青)と200SMA(赤)が、再び下を向き始めました。BBも再びワイドニングに転じており、ダウントレンド入りが意識されるチャート形状になっています。


RSIは既にかなり低い位置にありますが、まだダイバージェンスになっておらず、下値余地はまだありそうです。


[4時間足上値ターゲット]

・4時間足75SMA(現在106.45)
・4時間足BBミドル(現在105.49)




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測


先週のユーロ円は、前週安値を抜けられず下落継続、まさに「GWは円高」のアノマリー通りの展開になっています。


マーケットの流れ的に

・弱い米雇用統計からQE3(量的緩和第3弾)が意識されやすい
・スペイン財政懸念・政局リスクといった欧州懸念

から「ドルは買えない・ユーロも買えない」ことで、結果的に円が選好されやすくなっています。日銀の介入や日本格下げのニュース等も意識されるものの、この流れの加速は警戒しておきたいところですね。


この週末には

・フランス大統領選決選投票
・ギリシャ総選挙

といった動きがありますので、週明けユーロ相場の動向に注目です。




■週明けの上値ターゲット


・4/20高値(107.97)
・4時間足75SMA(現在106.45)
・日足BBミドル(現在106.30)
・5日線(現在105.49)
・4時間足BBミドル(現在105.49)



■週明けの下値ターゲット


・1/16安値からの上昇幅に対する半値戻し(104.21)
・1/16安値からの上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻し(102.51)




■週明けの仕掛けポイント

・5日線・4時間足BBミドル近辺での戻り売り
・日足BBミドル近辺での戻り売り




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。