--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル・テクニカル分析とターゲット/週明けの仕掛けポイント

09:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■時間足別テクニカル分析(週足・日足・4時間足)



[週足]

120512eurusd-w.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)


まず週足で大きな流れを見たいと思います。

・先週の値幅:160pips(前週203pips)
・高値:1.3063
・安値:1.2903

前週のローソク足安値とのギャップがまだクロージングされていないのが気になりますが、チャート的には1月下旬から約3ヶ月半続いたレンジをダウンサイドへブレイクしています。


かろうじてBB-1σで先週は下げ止まっていますが、これを下へ抜けると-2σあたりまで週足レベルでは一気に下値余地が広がります。RSIもまだだいぶ下方向へ余裕がありそうです。


週明けの足では5週線が下を向きそうですので、このラインも目先は上値抑制レジスタンスとして意識されそうです。


[週足上値ターゲット]

・週足BBミドルバンド(現在1.3107)
・5週線(現在1.3106)


[週足下値ターゲット]

・週足BB-2σ(現在1.2735)
・今年安値(1/13、1.2623)




[日足]

120512eurusd-d.jpg


次に日足を見てみます。


前週末の時点でBBが過去1年で最狭レベルにまでスクイーズしていましたので「ブレイク間近」としていましたが、その通りの展開になっています。BBミドルがまだ完全に右肩下がりにはなっていないのですが、BBはスクイーズからワイドニングのフェーズに入りましたので、-1σとミドルバンドは、戻り売りのポイントとして意識されそうです。


今年安値からの上昇幅に対する61.8%戻しラインが推移する1.2950レベルは2月以降3回トライしていずれも上へ跳ね返されていましたが、4回目のトライでダウンサイドへようやくブレイクしています。このような強いサポートラインは、4~5回目でブレイクすることが多いですね。


RSIを見ると非常に低い値になっていますが、まだダイバージェンス示現となっていませんので、戻りは売りが優勢となりそうです。


フィボナッチは、今年安値からの上昇幅に対する61.8%戻しを割り込んでいますので、次は78.6%戻しラインになりますが、このレベルはちょっとサポートとしては弱そうです。その下は、今年安値ですね。


[日足上値ターゲット]

・日足BBミドルバンド(現在1.3123)
・5/8高値(1.3063)
・日足BB-1σ(現在1.3020)


[日足下値ターゲット]

・5/11安値(1.2903)
・1/13安値からの上昇幅に対する78.6%戻し(1.2807)




[4時間足]

120512eurusd-h4.jpg


最後に直近の動きを4時間足で見てみたいと思います。


やはり1.3070-80のギャップがクロージングされていないことは気になりますが、先週はBBミドルを一度も上へ抜けていません。水曜NY以降は1.2900-1.2980の僅か80pipsの間を行き来するだけの、ほとんど動きのない状況になっています。
BBがスクイーズしてきていますので、週明けのブレイクが期待できそうです。


ダイバージェンスになってはいますが、RSIが戻してもレートが戻さずすぐにヒドゥンダイバージェンスになる状況で上値をスイング毎に切り下げていますので、このダイバージェンスの効果は弱いかもしれません。


上へ戻した場合は、4月にサポレジとしてワークしていた4時間足75SMAが下がってきますので、そのあたりはレジスタンスとして意識されそうです。フィボナッチは、週明けに下値を更新したら取り直しになりますが、週明けにもし上へ抜けても、5月高値からの下落幅に対する38.2%戻しあたりはワークしそうな感じです。


[4時間足上値ターゲット]

・4時間足75SMA(現在1.3107)
・5/8高値(1.3063)
・4時間足BB+2σ(現在1.3001)


[4時間足下値ターゲット]

・5/11安値(1.2903)




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測


先週のユーロドルは、約3ヶ月半に渡ったレンジを遂にダウンサイドにブレイクしています。


ギリシャ政局は組閣失敗→再選挙の流れ濃厚ですが、ここまではある程度織り込まれ感もあります。しかし目先ユーロは

・ギリシャユーロ圏脱退
・スペイン財政懸念
・フランスオランド新政権

といった不透明材料満載の感があり、まだまだ表に出ていない材料もありそうです。戻したとしてもショートカバーの域となりそうです。


先週水~金は1.3000手前に大きな売り、1.2900にかなり大きな買いオーダーがあり、この両オーダーにはさまれて動けなくなっていましたが、この両オーダーの外側にはストップがありますので、週明けはまずこのストップをつけた方にブレイクしそうな感じです。


下方向は、1.29を割れると今年安値あたりまで現時点ではテクニカル的に真空に近い状態です。




■週明けの上値ターゲット


・日足BBミドルバンド(現在1.3123)
・4時間足75SMA(現在1.3107)
・5/8高値(1.3063)
・日足BB-1σ(現在1.3020)
・4時間足BB+2σ(現在1.3001)




■週明けの下値ターゲット


・5/11安値(1.2903)
・1/13安値からの上昇幅に対する78.6%戻し(1.2807)




■週明けの仕掛けポイント


・日足BB-1σ~4時間足BB+2σ近辺での戻り売り
・週明けギャップオープンとなったら一旦様子見




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。





レンタルサーバーなら使えるねっと




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。