--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル・テクニカル分析とターゲット/週明けの仕掛けポイント

09:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■時間足別テクニカル分析



[週足]

120609eurusd-w.jpg

(チャートは画像クリックで拡大します)

まず週足で大きな流れを見たいと思います。

・先週の値幅:239pips(前週336pips)
・高値:1.2623
・安値:1.2384

5週連続陰線の後の陽線ですが、5週線(黄)にぴったり頭をおさえられ、上にヒゲを残す足型になっています。


先週高値は1/13安値・前週安値と同じで、典型的な教科書通りのサポレジに。目先の高値方向は、このラインは重要なレジスタンスラインとなりそうです。

一方安値方向は、前週安値(1.2286)を割り込むと、週足レベルでの下方向の目立ったサポートは、1.2000と2010/6安値(1.1876)あたりしか見当たりません。


BBはワイドニングのフェーズにありますから、大きな流れは戻り売り優勢。5週間続けてレジスタンスになっている5週線の位置は意識しておきたいところです。


[週足上値ターゲット]

・週足BB-1σ(現在1.2774)
・5週線(現在1.2624)
・1/13安値&6/7高値(1.2623)


[週足下値ターゲット]

・6/1安値(1.2286)
・1.2000
・2010/6安値(1.1876)




[日足]

120609eurusd-d.jpg


次に日足を見てみます。


5月の下落幅が約1000pipsに達していましたので、先週はさすがに自律反発の調整のショートカバーとなっています。


先週高値は

・1/13安値
・前週高値
・日足BBミドル(20日線)
・ヒドゥンダイバージェンス

と、あまりに分かりやすい教科書通りのレジスタンスでしたので、絶好の売りポイントでしたね。このように、重要なテクニカルサインが重なるポイントは、レートの短期的な転換点となることが多いです。


まぐまぐさんから配信している無料メルマガの「お宝」仕掛けポイントで、先週はこの1.2620を売りポイントとしていましたが、やはりそこからほとんど含み損が無く、週内に+180pips程度伸びましたね。このポイントは非常に分かりやすく、オーダーをみるとすぐ上にストップが並んでいましたので、ストップ幅は僅か20-30pips程度とっておけばいいという、まさに「お宝」ポイントでした。この場合、日足BBミドルできっちり売れたので、利益確定はもちろん日足BB-1σですね。


この「お宝」仕掛けポイントは日足レベルで設定していることが多く、少し離れた場所に置いているので、実際にエントリーポイントに到達するのは月に数回ですが、それなりの注目ポイントを設定しているので、エントリーレートに到達した場合は、今回のように伸びることが多いです。年単位では結構取れていると思います。無料メルマガは、左側のサイドバーから登録できます。


今週ですが、やはり先週高値(1.2623)が重要なレジスタンスポイントになっていますので、上方向はこれをトライできるか抜けることができるか、下方向はまず先週金曜安値、次に6/1安値ですね。


[日足上値ターゲット]

・1/13安値&6/7高値(1.2623)
・日足BBミドルバンド(現在1.2581)


[日足下値ターゲット]

・日足BB-1σ(現在1.2443)
・6/8安値(1.2434)
・6/1安値(1.2286)




[4時間足]

120609eurusd-h4.jpg


最後に直近の動きを4時間足で見てみたいと思います。


先週のエントリーポイントとしては、大きくは3つでしょうか。

・1つめは、BBミドルまで下げたところですね。ここは「4時間足BBミドル+1時間足ダイバージェンス&ヒドゥンダイバージェンス+1時間足75SMA」が揃っているんです。これだけ揃っていますから、割と分かりやすい買いポイントでした。

・2つめは、同じくBBミドルまで下げたところで買い。ここも、1つめ同様1時間足75SMAがあるんです。

・3つめは、日足の売りポイント。これはもう教科書通りの鉄板売りポイントですね。ですから、ここでロングはドテンです。

毎週書いていますが、複数時間足を必ずチェックし、複数のテクニカルポイントが重なっているところは、絶好のエントリーポイントとなることが多いです。エントリーは、少なくとも3つ以上のテクニカルサインが重なっているポイントと心掛けたいですね。


4時間足で見る目先のポイントは、日足と同じですね。

・上方向は、先週高値(1.2623)をトライできるか、抜けるかどうか
・下方向は、6/8安値・6/1安値からの上昇幅に対する61.8%戻し・6/1安値の順のサポート

が意識されそうなところです。


[4時間足上値ターゲット]

・1/13安値&6/7高値(1.2623)
・4時間足BB+2σ(現在1.2616)


[4時間足下値ターゲット]

・6/8安値(1.2434)
・6/1安値からの上昇幅に対する61.8%戻し(1.2415)
・6/1安値(1.2286)




--------------------------------------------------





■ファンダメンタルズ・テクニカル分析(総合)・週明けのシナリオ予測


ユーロ円同様、ユーロドルも5月の下落幅が約1000pipsに達していましたので、先週はさすがに自律反発の調整のショートカバーとなっています。


シカゴIMMでユーロショートがさらに過去最大更新しており、米追加緩和観測から一方的なドル買いにもなりにくいものの、マーケットの流れは依然ギリシャ混乱・スペイン財政懸念といった欧州懸念に支配されており、政局混迷が続くギリシャ総選挙は6/17、スペイン財政懸念はギリシャの比ではない規模とされており、ユーロは上値が重い状況が続きそうです。週足でも長い上ヒゲを残す足型になっています。


週明けですが、

・6/9に発表された中国経済指標郡がいずれも弱い結果
・スペインが資本不足に陥った銀行の自力救済を断念、ユーロ圏に金融支援を要請、ユーロ圏が最大1000億ユーロの支援実施

とのヘッドラインが出ていますので、ギャップオープンとなるかまず注目です。


6/17にギリシャ総選挙を控えており、それまではヘッドラインに一喜一憂の展開が続きそうです。




■週明けの上値ターゲット


・1/13安値&6/7高値(1.2623)
・日足BBミドルバンド(現在1.2581)




■週明けの下値ターゲット


・6/8安値(1.2434)
・6/1安値からの上昇幅に対する61.8%戻し(1.2415)
・6/1安値(1.2286)




■週明けの仕掛けポイント


・日足BBミドルを上抜けたら、日足BB+2σ近辺での戻り売り
・6/1安値・6/7高値のブレイクアウト&リテスト




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。




~ FXDD 10周年記念キャンペーン ~
▼ 何と元手ゼロで最大200万円分の取引ができます! ▼

FXDDバイキングキャンペーン




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。