--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用統計明けドル円ユーロテクニカル分析とターゲット・今日の予想レンジとエントリーポイント

08:45

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1008_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足・複数テクニカルマトリクスによるトレンド分析)




■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1008_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足・各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)




■今日のテクニカル分析・予想レンジ・エントリーポイント  *日本時間8:00現在


[ドル円]

121008usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のコメント】

現在は日足BB±2σ・チャネル内のレンジ相場になっています。週末の米雇用統計の良好な結果をもってしても、

・日足BB+2σ
・75日線
・チャネルトップ

といった79円近辺のレジスタンスを突破できなかったことは気になりますが、まずはここを突破してくるようであればトレンド入りを試し、そうでなければレンジ継続となる分岐点となりそうです。


【今日のターゲット(注目)・レート】

(アップサイド)
・9/19高値(79.20)
・日足BB+2σ(現在78.93)
・チャネルトップ(現在78.90-79.00)

(ダウンサイド)
・5日線(現在78.48)
・10/5安値(78.26)
・日足ミドルバンド(現在78.14)


【今日の予想レンジ】

78.30(9/28安値からの上昇幅に対する38.2%戻し近辺) - 79.00(日足BB+2σ近辺)


【今日のエントリーポイント】

・5日線・9/28安値からの上昇幅に対する38.2%戻し近辺(押し目買い)

*短い足で反転を確認してから




[ユーロ円]

121008eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]

【今日のコメント】

2つのトレンドラインにはさまれたトライアングルを形成しています。このブレイクをまず目先は注目しておきたいと思います。上へ抜けた場合は3月安値からの上昇幅に対する61.8%戻しライン(104.80)、下は日足BB-2σあたりがターゲットとなります。9/17高値を上抜けたところでダイバージェンスとなりそうですので、このあたりはうまくみておきたいところですね。


【今日のターゲット(注目)・レート】

(アップサイド)
・9/17高値(103.83)
・日足BB+2σ(現在103.38)

(ダウンサイド)
・5日線(現在101.85)
・日足BBミドルバンド(現在101.29)


【今日の予想レンジ】

101.80(5日線近辺) - 102.90(ダウントレンドライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・5日線・9/27安値からの上昇幅に対する38.2%戻し近辺(押し目買い)

*短い足で反転を確認してから




[ユーロドル]

121008eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]

【コメント】

目先の最重要レジスタンスは、9/17高値近辺です。ここを抜けてきても、おそらく週足・日足でダイバージェンスになりますし、重要なテクニカルポイントが1.32台に集まっており、このゾーンを大きく抜けてくることは目先は微妙。チャートアクション的はトライアングル、揉み合いになりやすい兆候です。


【今日のターゲット(注目)・レート】

(アップサイド)
・9/17高値(1.3170)
・10/5高値(1.3070)
・日足BB+2σ(現在1.3122)

(ダウンサイド)
・日足BB-1σ(現在1.2882)
・先週安値(10/1、1.2803)


【今日の予想レンジ】

1.2960(10/1安値からの上昇幅に対する38.2%戻し近辺) - 1.3070(10/5高値近辺)


【今日のエントリーポイント】

・10/1安値からの上昇幅に対する38.2%戻し近辺(押し目買い)

*短い足で反転を確認してから




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。