--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYハリケーンの影響と明日の日銀金融政策決定会合・週明けのマーケット動向

10:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


週明けは、先週NYクロージング近辺での静かなオープニングとなっています。


本日は、

日銀金融政策決定会合 を明日に控える
・ハリケーンの影響でNYマーケットがほぼクローズ状態

ということで、動きづらい展開となりそうです。


明日の 日銀金融政策決定会合 ですが、市場は既に10兆円の基金増額を織り込んでおり、

・20兆円規模の増額
・期間延長・無制限
・ETFなどのリスク資産買い入れ

等のサプライズ的なの要素が盛り込まれない限り、円売りにはなりにくいと見られています。当初予想されていた5兆円規模の緩和では、逆に失望で円高へ進みそうです。また、 白川日銀総裁 の会見で今後の追加緩和継続如何の発言にも注目が集まりそうです。


今週以降、

・日銀金融政策決定会合(30日)
・米雇用統計(2日)
・米大統領選(6日)

とビッグイベントが続き、米大統領選後には、減税措置の失効と歳出削減が重なる 「財政の崖」 問題への対処が待ち受けています。


本日NYの ハリケーン・サンディ の影響ですが、

・公共交通機関(地下鉄・バス・鉄道・航空)運行停止
・学校休校、海岸地区37.5万人に避難命令

となっており、金融取引所は電子取引限定・取引時間短縮といった特別体制がとられています。中心部分は米東部時間29日深夜(日本時間30日昼ごろ)に沿岸部に最接近するとみられ、洪水や大規模な停電などの被害が想定されています。


なお、週末から英国・欧州は冬時間へ移行していますので、週明けからは、イベントは日本時間では1時間ずつ遅い時間となります。




■今日のポイント・注目材料


・NY市場が ハリケーン・サンディ の影響でほぼクローズ
・週明け
・英国・欧州冬時間へ移行
・イタリア短期債入札
・ドイツ1年債入札
・21:30 米・9月個人所得・消費支出
・22:00 独・10月CPI(消費者物価指数)速報


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・週末・日銀金融政策決定会合を控え、円ショートのポジション解消・巻き戻し進む
・米第3四半期GDP(国内総生産)は堅調だったものの、ギリシャ・スペインを取り巻く強い不透明感が明るい材料打消し


[主なヘッドライン]

(米)
・米大統領選、投票予定有権者の支持率オバマ氏49%・ロムニー氏46%、依然互角
・米東部沿岸地域でハリケーン警戒態勢、交通機関などストップ、一部で避難命令
・NY金融機関、ハリケーン接近で特別体制、株は電子取引のみ
・米第3四半期GDP速報:前期比+2.0%(市場予想+1.8%、前回+1.3%)、オバマ陣営に後押しも
・10月ミシガン大消費者信頼感指数確報:82.6、2007年9月以来の高水準

(欧)
・スペイン第3四半期失業率25%に上昇、過去最高
・スペイン、差し迫った救済の必要性なし(ノボトニー・オーストリア中銀総裁)
・ローマで大規模デモ、モンティ政権の緊縮策に反対、参加者10万人超え
・スイスUBS、最大1万人削減も
・9月スペイン銀国債保有高、5月以来の減少、ECB買い入れ策発表で圧力和らぐ
・ユーロ圏財務相、31日に電話会議を開催、ギリシャめぐり協議
・11月独消費者信頼感指数:6.3、2007年10月以来の高水準

(その他)
・フィッチ、オーストラリア格付けをAAAに据え置き、見通しは安定的
・CTFC:IMM通貨先物、ドル売り越しが9月以来の低水準、円は売り越しに転じる


[マーケット・データ] - Fri, Oct 26

-Nikkei 225:8933.06(-122.14)-1.35%
-Dow:13107.21(+3.53)+0.03%
-FTSE 100:5806.71(+1.66)+0.03%
-DAX:7231.85(+31.62)+0.44%
-Gold:1711.90(-1.10)-0.06%
-Oil:86.28(+0.23)+0.27%




■今週の注目材料


Tue, 30 Oct

・日銀金融政策決定会合
・白川日銀総裁会見
・イタリア中期債入札
・第3四半期スペインGDP速報
・17:55 独・10月雇用統計
・19:00 欧・10月景況感・業況感指数
・22:00 米・8月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・23:00 米・10月消費者信頼感指数


Wed, 31 Oct

・月末
・ユーロ圏財務相電話会議、ギリシャめぐり協議
・16:00 独・9月小売売上高
・19:00 欧・10月CPI(消費者物価指数)速報
・19:00 欧・9月失業率
・22:45 米・10月シカゴ購買部協会景気指数


Thu, 01 Nov

・月初
・10:00 中・10月製造業PMI
・18:30 英・10月製造業PMI
・21:15 米・10月ADP雇用統計
・21:30 米・週間新規失業保険申請件数
・23:00 米・10月ISM製造業景況指数


Fri, 02 Nov

・週末
・09:30 豪・Q3PPI(生産者物価指数)
・18:30 英・10月建設業PMI
・21:30 米・10月雇用統計
・21:30 加・10月雇用統計
・G20財務相・中央銀行総裁会議(4-5日)
・米国冬時間へ移行(4日)


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。