--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円買い優勢、ドル円下値目処と週明けの狙い目通貨ペア/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

08:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1112_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


日足レベルでは、先週末と状況は変わっていません。オージーが最強、ユーロが最弱。「弱い通貨に対して強い通貨を買う」「強い通貨に対して弱い通貨を売る」がパフォーマンス期待値が高くなります。ここはシンプルに「上を向いている(右肩上がり)通貨」に対して「下を向いている(右肩下がり)」を売る、ということで、本日はユーロ円・ユーロドル・ポンド円・ポンドドルの戻り売りに妙味。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1112_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


ドルストレートでドルが強く、ドル円は下向きですので、クロス円の下方向へのバイアスが強くなります。オージーはカレンシーバランスの中で最強通貨ですので、オージードルは中立を維持しています。オージー円はドル円のバイアス。




■今日のテクニカル分析・予想レンジ・エントリーポイント *日本時間8:00現在


[ドル円]

121112usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]


121112usdjpy-h4.jpg
[USDJPY-H4]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

9月中旬から続いた今回の一連の上昇相場は、エリオット波動理論・ダウ理論共にアップトレンド定義を終了しています。先週金曜に下げ止まった79lowはテクニカルサポートが集まっており、ここが維持できるかがポイント。ただし下値も78円台後半にはサポートゾーンが集まっており、目先下値も限定的となりそうです。先週金曜は十字線です。

テクニカル的見地からは、目先は79-80円を軸としたレンジを形成しそうな兆候で、その場合トレードスタイルとしては「安いところで買って上では売り」という従来のドル円のレンジトレードに。


【今日の想定レンジ】

78.80(75日線近辺) - 79.90(4時間足75SMA近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド近辺(戻り売り)




[ユーロ円]

121112eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]


121112eurjpy-h4.jpg
[EURJPY-H4]

【今日のテクニカル】

先週金曜に下げ止まった100midは、

・7/24安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン
・75日線
・チャネルボトム(オレンジのライン)
・日足でRSIがヒドゥンダイバージェンス
・10/23高値起点の下落第3波動138.2%ターゲット

といったテクニカルサポートが集まるゾーンになっています。まずはこのゾーンが維持されるかどうかがポイント。


【今日の想定レンジ】

100.00(10/23高値起点の第3波動161.8%ターゲット近辺) - 102.00(200日線近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド近辺(戻り売り)
・200日線近辺(戻り売り)




[ユーロドル]

121112eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


121112eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]

【今日のテクニカル】

直近8週に渡って形成されていた1.2800~1.3170のボックスを割り込んだところが最大のポイントで、このボトムラインとなっていた200日線を100pips下回って引けています。ただし短期的には売り過熱感も見られますので、ショートカバーも入りそうではありますが、戻りは売られそうです。週明けはこの戻りを見極めるところからとなりそうです。200日線まで戻せば売られそうですが、そこまで戻すかどうか。

テクニカル的には1.26low-midにサポートが集まっていますが、これを割り込む動きとなった場合は、1.24mid-1.25midを目指す動きが想定されます。これから11月末の感謝祭へ向けて、もうひと相場ありそうです。


【今日の想定レンジ】

1.2600(7/24安値からの上昇幅に対する半値戻し近辺) - 1.2820(200日線近辺)


【今日のエントリーポイント】

・日足BBミドルバンド・-1σライン・200日線近辺(戻り売り)
・4時間足BBミドルバンド・+1σライン近辺(戻り売り)


*上記ポイントでも状況によってエントリーポイントとならない場合があります。また上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリー判断ルールに準じます。




★具体的なエントリー方法・ストップを置く位置・決済方法は、 「超実践FXトレーディング必勝法」 に掲載されています。ダマシ排除&エントリーの精度アップに効果的です。決済ポイントも決まりますので、利益を伸ばせます。

「超実践FXトレーディング必勝法」手法検証サイト でトレード事例(フォワード・パフォーマンス)を公開しています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。