--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財政の崖とギリシャ、ドル円見通しとユーロ戻り目処

10:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


先週は市場の関心を集めていた米大統領選というビッグイベントが終わり、

(米)
・オバマ大統領勝利、緩和政策継続
・上院民主&下院共和のねじれ議会
・減税措置の失効と歳出の自動削減開始が重なる「財政の崖」問題に対する懸念

(欧)
・ドラギECB総裁が「年末に向けてユーロ圏経済が改善する兆しはほとんど見られない」との認識を示し、今後数ヶ月以内の追加利下げに含み
・スペイン支援要請遠のく
・ギリシャがぎりぎりの状況、今週末16日の国債償還は自転車操業
・欧州懸念が中核国まで波及懸念
・欧州各国GDP(国民総生産)に対する懸念、リセッション入り

と、欧米双方の懸念にリスクオフになりやすい相場環境になっています。


今週は欧州各国の第3四半期GDP(国民総生産)が相次いで発表されますが、特にユーロ圏全体は第2四半期にも-0.2%・今回も-0.2%が予想されており、2四半期連続でリセッション定義となります。ファンダメンタル的に重要な週であるといえます。


また季節要因として、11月はほとんどの主要ヘッジファンド勢が決算を迎えますが、

・既に利益を確保しているところはここからあえてリスクをとりにいかない
・11月末へ向け、新規ポジション建てよりは、既存ポジションのクロージングがメイン

といった環境にあることは意識しておく必要があります。しかし商いが細ったところで一気に仕掛けていく動きでボラタイルになりやすいのも、この季節のマーケットの特徴です。


本日は注目度の高いイベントはなく、アメリカはベテランズデーの祝日休場で、NYタイムは参加者が少なく薄商いが想定されます。その中でユーロ圏財務相会合が開催されることもあり、値が飛ぶことも考えられるので警戒を。


ドル円はテクニカル的にサポートされる79lowから目先戻り目処の80lowあたりまでのレンジを想定、ユーロ円の戻りは102.10-20あたりまで、ユーロドルの戻りは1.28lowあたりまでを想定、目先はそれぞれテクニカル指標で戻りを見極めて短期ショート構築のパフォーマンス期待値が高そうです。




■今日のポイント・注目材料


・週明け
・アメリカ市場祝日休場(ベテランズデー)
・ドイツ短期債入札
・ドイツ・ポルトガル首脳会談
・11:30 白川日銀総裁講演
・25:00 ユーロ圏財務相会合


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・財政の崖をめぐる懸念+ユーロ圏債務危機や経済状況の悪化懸念でリスクオフ先行、ドル買い・円買いの流れ
・ユーロは対ドルで2ヶ月ぶり安値
・NYタイムは週末・米連休を控え買い戻し、リスクオフの流れは一服


[主なヘッドライン]

(米)
・オバマ大統領、「財政の崖」回避に取り組む、妥協余地表明
・オバマ大統領、富裕層向け減税延長には拒否権発動へ
・ガイトナー財務長官、2013年初めまで現職にとどまる見通し
・11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報:84.9、2007年7月以来約5年ぶりの高水準

(欧)
・ギリシャ議会、2013年予算案を可決
・ギリシャの現金準備は急速に減少、ぎりぎりの状態
・ギリシャに関するトロイカ報告書、12日のユーロ圏財務相会合までに提出されず
・トロイカ、ギリシャ財政目標達成の2年間猶予を想定
・ギリシャ債務、2020年もGDP比140%超えも、目標達成困難
・ギリシャ、16日償還の短期国債のロールオーバー検討
・EU予算協議決裂、2012年追加歳出めぐり対立、2013年予算検討できず
・ムーディーズ、ユーロ圏諸国の格付け、相当な下振れリスク
・フィッチ、オーストリア格付けAAAを確認、見通しは安定的
・仏中銀月例報告、第4四半期GDP-0.1%予想、リセッション入りへ

(その他)
・英世論調査、英国民の49%がEU離脱を望む、残留支持は28%
・日本第3四半期実質GDP(国民総生産):前期比-0.9%・年率換算-3.5%の大幅悪化、マイナス成長


[マーケット・データ] - Fri, Nov 09

-Nikkei 225:8757.60(-79.55)-0.90%
-Dow:12815.39(+4.07)+0.03%
-FTSE 100:5769.68(-6.37)-0.11%
-DAX:7163.50(-41.46)-0.57%
-Gold:1730.90(+4.90)+0.28%
-Oil:86.07(+0.98)+1.15%




■今週の注目材料


Tue, 13 Nov

・EU財務相理事会
・イタリア短期債入札
・18:30 英・10月CPI(消費者物価指数)・小売物価指数・PPI(生産者物価指数)
・19:00 欧・独・11月ZEW景況感調査


Wed, 14 Nov

・ギリシャ・ポルトガルGDP速報
・ドイツ短期国債入札
・イタリア中長期債入札
・06:45 NZ・第3四半期小売売上高
・18:30 英・10月雇用統計
・19:00 欧・9月鉱工業生産指数
・19:30 英・BOE(英中銀)四半期インフレレポート
・22:30 米・10月PPI(生産者物価指数)
・22:30 米・10月小売売上高
・27:00 米・FOMC議事録(10/23-24分)


Thu, 15 Nov

・ゴトー日
・仏・イタリア第3四半期GDP速報
・15:30 仏・第3四半期GDP速報
・16:00 独・第3四半期GDP速報
・18:00 欧・ECB月報
・18:30 英・10月小売売上高指数
・19:00 欧・第3四半期GDP速報
・19:00 欧・10月CPI確報
・22:30 米・10月CPI
・22:30 米・11月NY連銀製造業景気指数
・22:30 米・週間新規失業保険申請件数


Fri, 16 Nov

・週末
・ギリシャ国債償還(50億ユーロ)
・23:15 米・10月鉱工業生産指数


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。