--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解散総選挙・ドル円重要ラインと今日の狙い目通貨ペア/ドル円ユーロ今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

08:15

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のカレンシーバランス(主要8通貨)


1119_cb.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(日足による各通貨間マトリクスからパワーバランスを指数化)


円が最弱構図は先週のまま。円・スイス・ドルが下向きというリスクオン気味。ポンドとキウイが位置を上げています。「強い通貨を弱い通貨に対して買う」「弱い通貨を強い通貨に対して売る」「勢いのある通貨を勢いのない通貨に対して買う」「勢いのない通貨を勢いのある通貨に対して売る」というのが、カレンシーバランスの使い方になります。本日はキウイ円・ポンド円の押し目買いに妙味。




■今日のトレンドインデックス(7通貨ペア)


1119_ti.jpg
[Daily - 日本時間8:00現在]

(複数テクニカル・マトリクスによるトレンド分析)


ドル円がブル気味、ドルストレートが横ばいなので、クロス円はドル円の動きに連れた動きに。ポンド・オージーに比べ、ユーロは弱め。




■今日のテクニカル分析・予想レンジ・エントリーポイント *日本時間8:00現在


[ドル円]

121119usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]


121119usdjpy-h4.jpg
[USDJPY-H4]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

週明けまずは81.50レベルのレジスタンス(今年高値からの下落幅に対する61.8%戻しライン)・80.60-70のサポートゾーンのどちらを抜けていくかがポイント。日足RSIは非常に高い位置にありますが、現時点ではまだ下を向いていません。どちらかというと達成感で揉み合いとなりやすいゾーン。


【今日の想定レンジ】

80.70(5日線近辺) - 81.70(11/2-9下落幅の161.8%戻し近辺)


【今日のエントリーポイント】

・5日線・日足BB+1σライン近辺(押し目買い)
・4時間足BBミドルバンド近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロ円]

121119eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]


121119eurjpy-h4.jpg
[EURJPY-H4]

【今日のテクニカル】

先週は100midから103highまでの急騰となりましたが、日足では

・200日線はほぼ横ばい
・RSIは50を軸に不安定に上下
・チャネルは緩やかな右肩上がり
・BBはほぼ横ばい

と、レンジ相場です。先週の急騰でロングが意識されそうですが、入れどころは慎重に判断する必要があります。トライアングルを形成して目先はレンジとなりやすそうで、上方向のターゲットはレジスタンスゾーン(104high-105low)となりそうです。

サポートは先週安値や75日線・トライアングルボトムあたりを意識しておきたいところです。

日足で見ると、BB+1σライン上で頭打ち。これを抜けてくれば+2σライン、抜けなければミドルバンド。4時間足で「フィボナッチ+RSIヒドゥンダイバージェンス」の押し目買いもワークしそう。このまま上へ抜けたら、4時間足RSIはダイバージェンスの位置。


【今日の想定レンジ】

102.70(日足BBミドルバンド近辺) - 104.80(日足BB+2σライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BBミドルバンド近辺(押し目買い)
・日足BBミドルバンド近辺(押し目買い)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




[ユーロドル]

121119eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


121119eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]

【今日のテクニカル】

基本目線は日足BBミドルバンド(=20日線)が右肩下がりのフェーズなので戻り売りなのですが、テクニカル的にはちょっと判断に難しい位置。月初に割り込んだ1.28ラインを回復できるようであればレンジ、回復できなければ下方向へのリスクを警戒、といったところになろうかと思います。


現在のレート位置は、週足でちょうどBBミドルバンドでサポートされ週足RSIは真ん中、ちょっと仕掛けるには中途半端な位置。今年安値(7/24、1.2041)~その後の戻り高値(9/17、1.3170)の38.2%戻しライン近辺での揉み合いと見れば、この揉み合いレンジを割り込んだ場合は同61.8%戻しライン(1.2472)あたりを目指すシナリオも。ここは、日足で9/17高値と10/17高値をダブルトップと見れば、ネックライン(1.2800)の倍返しポイントにも比較的近いです。


ただここから積極的な下攻めかというと、先週安値を割り込むと日足RSIがダイバージェンスの位置になってしまうことも、下値追いを躊躇させる材料のひとつ。ショート方向は戻りを待ち短期、動き始めたら乗る、といった早い切り替えが求められるトレードスタイルとなりそう。


【今日の想定レンジ】

1.2630(日足BB-2σライン近辺) - 1.2840(日足BBミドルバンド近辺)


【今日のエントリーポイント】

・日足BBミドルバンド・+1σライン近辺(戻り売り)
・1.2875-85ゾーン近辺(戻り売り)


*上記ポイントでもエントリーポイントとならない場合があります。また、上記ポイントより早くエントリーポイントとなる場合もあります。 テキスト手法&ルール で規定するエントリールールに準じます。




先週はドル円・クロス円がすごいことに!先週の相場で取れていない方は・・・


★具体的なエントリー方法・ストップを置く位置・決済方法は、 「超実践FXトレーディング必勝法」 に掲載されています。ダマシ排除&エントリーの精度アップに効果的です。決済ポイントも決まりますので、利益を伸ばせます。

「超実践FXトレーディング必勝法」手法検証サイト でトレード事例(フォワード・パフォーマンス)を公開しています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。