--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからの円相場の流れとシナリオ、ドル円押し目目処

11:15

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


ユーロ圏財務相とIMF(国際通貨基金)がギリシャ債務削減策について合意で買われたユーロは、

・合意の詳細がはっきりせず
・ギリシャが債務削減目標を達成できるのか懸念
・債券買い戻し案に対する疑問燻る
・ギリシャめぐる合意は玉虫色の決着との見方

と、不透明感から押し戻される結果に。直近のユーロはギリシャ支援期待で買い上げられていたことから、材料出尽くしで「Buy the rumor, sell the fact(噂で買って事実で売り)」的側面も。ユーロドルは前週に大幅上昇していたことから、短期ロング筋は昨日伸びきったところ(1.3000近辺)で一斉に利益確定の動きに。


欧州関連は、再びスペイン支援動向へ焦点が移行しそうです。


・米感謝祭ウィークの小売店売上高が前年比4.5%増
・米サイバーマンデー売上高、前年比+30.3%の大幅増で過去最高
・米消費者信頼感の改善

が明るい結果となっているものの、昨日発表された OECD(経済協力開発機構) 最新経済見通しでは

・2013年の世界全体のGDP(国民総生産)伸び率予想を5月時点の4.2%から3.4%に引き下げ
・ユーロ圏債務危機、世界経済見通しにとって最大の脅威
・スペイン、財政再建目標達成は困難、追加緊縮で景気一段と悪化も
・中国の経済成長率、輸出低迷で伸び悩む見通し

といった先行き不透明感。


米議会は感謝祭ウィークの休会が明け、減税失効と歳出の自動削減開始が重なる「財政の崖」回避に向けた協議が再開されたものの、依然解決の行方は見出せず進展なしといった中、リスクオンの巻き戻しも。


ドル円はさすがに11月にはいって4円近く上昇していることから、調整の動き。直近の円売り相場を仕掛けた海外短期投機筋はかなりの部分既に利益確定済み、感謝祭ウィークを過ぎクリスマス休暇に向かう中、世界主要ヘッジファンド勢が一斉に決算を迎える11月最終週半ばであることから、ちょっと動きづらいのも事実。


テクニカル的には

・9/13安値からの上昇幅に対する23.6%戻し(81.47)
・同38.2%戻し(80.64)
・11/9安値からの上昇幅に対する38.2%戻し(81.38)
・日足BBミドルバンド(=20日線、現在80.90)

あたりが目立った目先のサポート、この近辺で押し目買い条件が揃うかどうかがポイント。


大きな流れとしては、

・根強い米「財政の崖」問題に対する懸念はあるものの最終的には回避されるとの楽観、足元の米経済指標が底堅く、大きくドルを売りこみにくい
・目先のギリシャ融資問題はクリア、新たな懸念一服であることから大きくユーロを売り込みにくい

環境の中、

・12月16日に衆議院選挙を控え、自民党政権有力視も政権不安
・日銀金融緩和観測
・エネルギー問題
・貿易赤字
・対中懸念、経済への影響

といった背景から、市場の目は日本へ向きやすくなっており、現在の円売り一服・揉み合いの流れを通過したら、再度円相場となるというシナリオも一考の余地。




■今日のポイント・注目材料


・イタリア6ヶ月債入札
・ドイツ5年債入札
・22:00 独・11月CPI(消費者物価指数)速報
・24:00 米・10月新築住宅販売件数
・28:00 米・ベージュブック(米地区連銀経済報告)


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・ギリシャ債務削減策をめぐる懸念で、ユーロが対ドル・対円で下落

[主なヘッドライン]

(米)
・米サイバーマンデー売上高、前年比+30.3%の大幅増で過去最高
・11月第3週大規模小売店売上高指数、前年比+4.5%
・Windows8、ライセンス販売が発売1ヶ月で4000万件
・米政府、中国の為替操作国認定見送り
・FRBは失業率が少なくとも6.5%に低下するまで低金利政策継続すべき(シカゴ地区連銀総裁)
・11月消費者信頼感指数が73.7に上昇、2008年2月以来4年半ぶりの高水準
・10月耐久財受注:前月比変わらず(市場予想-0.7%、前回+9.2%)
・9月住宅価格指数:前月比+0.2%、前年比+4.4%

(欧)
・ドイツ下院、ギリシャ融資実施を週内に承認へ
・イタリア2年債入札、利回りが2010年10月以来の低水準、ギリシャ向け支援合意を好感
・ギリシャめぐる合意受け独連邦債が下落、不透明感から下げは限定的
・10月フランス失業者数が前月比1.5%増、14年半ぶりの水準に悪化
・スペイン、財政再建目標達成は困難、追加緊縮で景気一段と悪化も(OECD)

(その他)
・フィッチ、アルゼンチン格付けをCCに引き下げ、デフォルトの可能性高まる


[マーケット・データ] - Tue, Nov 27

-Nikkei 225:9423.30(+34.36)+0.37%
-Dow:12878.13(-89.24)-0.69%
-FTSE 100:5799.71(+12.99)+0.22%
-DAX:7332.33(+40.30)+0.55%
-Gold:1742.30(-7.30)-0.42%
-Oil:87.18(-0.56)-0.64%




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。