--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自公圧勝、ここからのドル円のシナリオとターゲット

12:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■FXマーケット・デイリーコメント


自民圧勝、金融緩和や財政出動への思惑で週明けオープニングは円安・株高・債券安に。


衆議院総選挙で自民党が圧勝したことを受け、日銀への金融緩和圧力が強まるとの思惑から、円相場が急落、年初来高値更新・1年8ヶ月ぶり高値となる84midでギャップアップオープンしたドル円は、現在利益確定の売りで84円前後まで押し込まれているものの、この後の欧米勢の入り方向に注目。


[ここからのドル円の見かた]

・自公圧勝でこれまでの円安シナリオの前提を確認
・今週は19-20日開催の日銀金融政策決定会合に向け期待が高まりやすく、利食いをこなしながら上値狙いの展開になりそう
・年内はポジション調整などで行ったり来たり、来年に向けては円安という流れが続きそう
・海外ヘッジファンド勢は、83円前半のレジスタンスで利益確定のポジション解消に動いたものの、底堅い動きを見て相場は相当堅いとの見方を強めており、85円近辺が次のターゲットの模様
・テクニカルターゲットは85~85.50近辺


最新のCTFC(米商品先物取引委員会・IMM通貨先物取組では、投機筋の円売り越しが5年ぶりの高水準ではあるものの、まだポジションに余裕があるとの見方
総選挙を通過、材料出尽くしとみる投機筋はいったん利益確定に動きやすい

 

例年12月後半の2週間は閑散相場となるものの、今年は衆議院総選挙・日銀金融政策決定会合・財政の崖問題で絶好のチャンスであることから、ヘッジファンド勢もスタンバイ状態が継続している模様で、特に21日は株式オプション・個別株先物・株価指数先物・株式指数オプションの4つの期日が重なる「クアドルプル・ウィッチング」に当たり、相場の振れが大きくなるとの指摘も。


22~26日はほとんど相場はクローズ状態の閑散マーケット(下記今週のスケジュール参照)、今週が今年最後の相場となりそう。




■今日のポイント・注目材料


・週明け
・衆議院総選挙明け
・14:00 安倍自民党総裁会見
・22:30 米・12月NY連銀製造業景気指数
・23:00 米・10月対米証券投資


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




■最新マーケット動向


[FXマーケットサマリー]

・衆議院総選挙で自民党圧勝・自公合わせて2/3超え議席確保で、ドル円・クロス円軒並みギャップアップオープン


[主なヘッドライン]

(米)
・財政の崖協議、ベイナー下院議長が大幅歳出カットと引き換えに富裕層向け増税容認の提案
・11月鉱工業生産指数:前月比+1.1%(市場予想+0.3%)、約2年ぶり強い伸び、ハリケーン「サンディ」の影響から回復
・12月製造業PMI速報:54.2、8カ月ぶり高水準、内外の需要増が追い風
・11月CPI(消費者物価指数):前月比-0.3%(前月+0.1%)、6ヶ月ぶり低下

(欧)
・フィッチ、フランス格付け「AAA」据え置き、見通しは「ネガティブ 」
・フィッチ、イタリア格付け「A-」据え置き、見通しは「ネガティブ」
・ユーロ圏、今後数年も厳しい状況続く、調整過程は痛みを伴う変化(メルケル独首相)
・12月ユーロ圏総合PMI速報:47.3(市場予想46.8)、9ヶ月ぶり高水準

(その他)
・衆議院総選挙結果、自公合わせて325議席、参院で否決された法案を衆院で再可決できる3分の2を確保
・自公圧勝で円安・株高が進行、一段の金融緩和など政策期待強まる
・安倍自民総裁が物価目標導入をあらためて主張
・中国、2013年に一段の利下げ余地


[マーケット・データ] - Fri, Dec 14

-Nikkei 225:9737.56(-5.17)-0.05%
-Dow:13135.01(-35.71)-0.27%
-FTSE 100:5921.76(-7.85)-0.13%
-DAX:7596.47(+14.49)+0.19%
-Gold:1694.40(+0.20)+0.01%
-Oil:87.02(+0.29)+0.33%




■今週の注目材料


Tue, 18 Dec

・スペイン短期債入札
・09:30 豪・RBA(豪中銀)理事会議事録(12/4分)
・18:30 英・11月PPI(生産者物価指数)
・18:30 英・11月CPI(消費者物価指数)
・18:30 英・11月小売物価指数
・22:30 米・第3四半期経常収支


Wed, 19 Dec

・日銀金融政策決定会合(19-20日)
・ECB理事会(19-20日)
・ポルトガル2年債入札
・08:50 日・11月貿易収支
・18:00 独・12月IFO景気動向指数
・18:30 英・BOE(英中銀)MPC(金融政策委員会)議事録(12/5-6分)
・22:30 米・11月住宅着工・建設許可件数


Thu, 20 Dec

・ゴトー日
・日銀金融政策決定会合
・白川日銀総裁会見
・ECB理事会
・11月スペイン財政収支
・06:45 NZ・第3四半期GDP
・18:30 英・11月小売売上高
・22:30 米・第3四半期GDP確報
・22:30 米・第3四半期個人消費確報
・22:30 米・週間新規失業保険申請件数
・22:30 加・10月小売売上高
・24:00 米・12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
・24:00 米・11月中古住宅販売件数
・24:00 米・11月景気先行指数


Fri, 21 Dec

・日本市場連休入り前日
・欧米市場クリスマス連休入り前日
・14:00 日・12月日銀月報
・18:30 英・第3四半期GDP確報
・22:30 米・11月個人所得・個人支出
・22:30 米・11月耐久財受注
・22:30 加・10月GDP
・22:30 加・11月CPI
・23:55 米・12月ミシガン大学消費者信頼感指数確報
・24日(月)クリスマスイブ:ドイツ市場休場、米国市場半日取引
・25日(火)クリスマス:豪・独・仏・英・米他市場休場
・26日(水)ボクシングデー:豪・独・仏・英他市場休場


*変更・訂正・追加の場合あり
*時間は全て日本時間




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。