--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円ユーロ円・重要ターゲットと押し目買いポイント/今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント

10:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





■今日のテクニカル分析・想定レンジ・エントリーポイント *日本時間10:00現在


[ドル円]

121227usdjpy-m.jpg
[USDJPY-Monthly]


121227usdjpy-w.jpg
[USDJPY-Weekly]


121227usdjpy-d.jpg
[USDJPY-Daily]
*画像クリックでチャートが拡大します

【今日のテクニカル】

月足では、

・今回のダウントレンドの起点となった2007年6月高値からの下落幅に対する23.6戻しライン(87.02)

が最初のターゲットになりそうです。


週足では、2011年4月高値(85.50)を抜けました。昨年10月安値(史上最安値=75.56)を起点としたA-B-Cターゲット(今年安値から、昨年10月~今年3月までの値幅分上昇した地点)が85.72にあり、昨日ほぼ到達しています。ここはチャネルトップにあたります。このラインを抜けた場合、エリオット・ウェーブの第3波動となる可能性があります。その場合次のターゲットは

・138.2%ライン(89.01)
・161.8%ライン(91.04)

となります。


日足では、さすがに現在のRSIとBB+2σラインの位置では買いを入れにくく、BB+1σライン・5日線あたりが最初の目安。この位置でもまだダイバージェンスの兆候がありません。


週足BBは急なワイドニング中ですが、RSIの値は今年3月の数値を抜けています。ロングが基本セオリーですが、明らかに過熱感の中、短い時間軸でいかに押し目を見つけられるかがポイント。おそらくほとんどのトレーダーがロング狙いであることから、ここは利食いをこなしながら上値試し。


【今日の想定レンジ】

85.10(4時間足BB+1σライン近辺) - 86.10(ラウンドナンバー近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BB+1σライン近辺(押し目買い)
・1時間足BBミドルバンド~-2σライン近辺(押し目買い)




[ユーロ円]

121227eurjpy-m.jpg
[EURJPY-Monthly]


121227eurjpy-w.jpg
[EURJPY-Weekly]


121227eurjpy-d.jpg
[EURJPY-Daily]

【今日のテクニカル】

月足では5陽連がほぼ確定、長期トレンド転換となりそうです。BB+1σラインと2008年7月高値(史上最高値=169.95)からの下落幅に対する23.6%戻しラインを抜けています。次のターゲットは

・BB+2σライン(現在117.83)
・2008年7月高値からの下落幅に対する38.2%戻しライン(123.07)

となります。


週足では、昨年高値からの下落幅に対する61.8%戻しラインでつけた十字線をクリアしてきましたので、まだ上がありそうです。目先のターゲットは115円手前に200週線がありますので、このあたりを目指しやすいと考えられますが、中期では

・昨年高値(123.31)
・2008年7月高値からの下落幅に対する38.2%戻しライン(123.07)

がほぼ重なっていますので、この123円台前半というのが大きなターゲット値になってきそうです。


日足では、オシレーターがダイバージェンスの位置にあるのが気になりますね。まだ下を向いていないので確定はしていないですが。ロングの最初の押し目目処はBB+1σラインになります。4時間足ではBBが再びワイドニングしてきていますので、BBミドルバンドあたりまであれば、いい押し目となる可能性が高そうです。


【今日の想定レンジ】

112.50(4時間足BB+1σライン近辺) - 113.90(日足BB+2σライン近辺)


【今日のエントリーポイント】

・4時間足BB+1σライン近辺(押し目買い)
・1時間足BBミドルバンド~-2σライン近辺(押し目買い)




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。