--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル・テクニカルから見るここからのシナリオ

15:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





130109eurusd-m.jpg
[EURUSD-Monthly]
*画像クリックでチャートが拡大します


月足では、2008年7月以降激動となっていましたが、

・チャートアクションはトライアングル
・RSIは真ん中近辺
・BBはスクイーズ傾向

と、大きな流れとしては収束傾向にあることが分かります。


直近高値がBBミドルバンドでぴったり抑えられました。また、2ヶ月前は-1σラインでサポートワークになっています。ということは目先はこの2本の位置に注目で、ここからミドルバンドを抜けてくるようであれば+1σラインを目指す方向に、抜け切らなければ-1σライン~ミドルバンド間のレンジ継続、とのシナリオが想定されます。


現在位置は

・BBミドルバンド:1.3243
・BB-1σライン:1.2633

となっています。月足ですので若干ブレ幅はあります。位置はゆったりと動いていきます。




130109eurusd-w.jpg
[EURUSD-Weekly]


週足は、BBが非常に興味深い形をしていますね。

・直近高値は、BB+2σラインでぴったり抑えられる
・直近安値(ピンクの丸)でミドルバンドがサポートワークしていることから、目先は重要なサポートラインになりそうです。このミドルバンドは現在アップトレンドラインとほぼ重なっており、ウェッジ・フォーメーションを形成してきています。


週足では

・BBミドルバンドが右肩上がりを継続、かつレートがミドルバンドより上にあること
・アップトレンドラインを割り込んでいないこと

から、依然アップトレンド自体はテクニカル的には継続していますが、「ウェッジ・ブレイクは急騰・急落」として知られていますので、特にこの下値ラインは大きな注目ゾーンになります。


現在位置は

・アップトレンドライン:1.2966
・BBミドルバンド:1.2960

となっており、ほぼ重なっています。重要なテクニカル指標が重なるポイントというのは、信憑性が非常に高くなります。具体的には

・サポートライン近辺には押し目買いのオーダー
・サポートゾーンの少し下にはストップ&逆指値

が多数存在することから、サポートワークして反転したり、割り込んだ場合はストップをつけて一気に動きやすい、ということになります。少し割り込んでストップをつけそうなあたりに、リバース狙いのオーダーもあることが多いのが厄介ではありますが(ブレイクアウトでヒゲになるのはこれですね)。このダマシ排除&精度アップには、オシレーターの一判断が効果的ですね。




130109eurusd-d.jpg
[EURUSD-Daily]


日足もチェックポイントがたくさんありそうです。


まずサポレジとしては、1.3150-70が非常に重要なゾーンになっています。9/17高値から3回レジスタンスとして頭を抑えられ、4回目に抜けたブレイクゾーンですね。ブレイク後に今度はサポートに転じます。「レジスタンス→ブレイク→サポート」の関係ですね。ところが、レートが伸びず、このサポートゾーンを割り込んでしまいます。このサポートゾーン割れでロングの見切売りが一気に出ます。それが3本前の長めの陰線ですね。


次に、直近のサポートとなった黄緑の丸の部分ですが、

・7月24日安値からの上昇幅に対する23.6%ライン
・ヒドゥンダイバージェンス

です。ここで1回、1.3150-70のサポートゾーン割れで構築されたショートポジションは利益確定の買戻しが出やすい場所となります。


ここからですが、

・現時点ではアップトレンドラインが維持されていることから、ショートは短めに利益確定をしていった方がよさそう
・アップトレンドライン・75日線(青いライン)を割り込んだ場合は、下げが早まりそう
・その場合、7月24日からの上昇幅に対する23.6%ラインがフィボナッチ・ポイントとして1回目にワークしていることから、割り込んだ場合には38.2%戻しライン(1.2823)がターゲットになりやすい
・直近で再び割り込んだ1.3150-70ゾーンが目先のレジスタンス(戻り売りが出やすい)

となりそうです。ピンクの丸のところでサポートワークしたBBミドルバンド(=20日線)も重要ですね。現在ちょうどあたっています。戻りで抜けなかった場合は、-2σラインまで割りこむ可能性があります。


想定されやすい目先のシナリオとしては、12月19日高値超えにストップを置き、1.3150-70ゾーン近辺で抜けないのを確認できたら戻り売り、

・アップトレンドライン・75日線・BB-2σラインが集まる1.29highで順次利益確定
・割り込んだら残りで38.2%戻しライン狙い

というのが考えやすいですね。


もちろん、12月19日高値(1.3307)を抜けていったら、上昇再開機運が高まります。




130109eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]


4時間足では、ちょっとラインを多く引いているので分かりにくいですが、まずはサポレジですね。1.3150-70ゾーンで2回サポートワークになりましたが、12月19日高値(1.3307)を上抜くことができず、ネックライン割れになっています。4回天井になっていますので、仮に次にこのライン(1.3307)を目指して突破した場合は、レートは伸びやすそうです。


現在戻し中でBBミドルバンドは抜けていますが、間もなくヒドゥンダイバージェンスになってきそうです。戻り目処としては、

・1.3150-70ゾーン(ちょうど、現在小さな第3波動の161.8%ターゲットラインが1.3162、75SMAが1.3179にあります)
・12月高値からの下落幅に対する61.8%戻しライン(1.3188)

と、1.31highにレジスタンスがありますので、このあたりまで戻せば売りがでやすそうですね。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトで紹介しております業者と当方は、資本・人的関係等一切ありません。万が一業者が倒産・業務停止もしくは業者を利用し損失を被った場合において、当方は一切の責任を負いません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。