--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円ここからの見通し・シナリオとトレード戦略は

17:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





今一番ホットと言える通貨ペア、ユーロ円です。現在のユーロ円は非常にボラティリティが高いです。ウィークリー・プライスレンジを見てみると

rangew_ej_20130126.png


と、今年に入って平均値幅・最高値幅共に、昨年を大きく上回っている状態が続いています。いかに現在の値動きが荒い相場になっているかがよく分かります。


ユーロ円は「ドル円」と「ユーロドル」のクロスレートです。

「ドル円上昇+ユーロドル上昇=ユーロ円大きく上昇」


の公式通り、このような局面ではかなり大きく上昇します。当然逆もあり得ますので、ドル円とユーロドルの両方が同時に調整に入れば、特にここまでの上昇幅が大きかったユーロ円の調整幅はかなり増幅されます。現在の相場では、「ほんのちょっとした調整」でも2~300pipsは簡単に動いてしまいますので、十分にリスク管理が必要ですし、入れどころは慎重に見極める必要があります。




20130126_ej_m.png
[EURJPY-Monthly]
*画像クリックでチャートが拡大します


月足です。先月の値幅は970pips、今月も900pipsを超えています。

・RSIは70近く
・BB+2σラインを抜けている

と明らかに過熱状態ではありますが、

・BBが再びワイドニングの兆候
・RSIはまだダイバージェンスになっておらず、かつ依然上向き

と、まだチャート的には十分上がありそうな形状になっています。


目前に中長期的な大きなターゲットである

・2011年4月高値(123.31)
・2008年7月高値(169.95)からの下落幅に対する38.2%戻しライン(123.07)

が迫っています。これは十分意識しておきたい重要テクニカルターゲットになります。目先では

・BB+2σライン到達(このラインに到達するのは実に5年半ぶり)
・ヒドゥンダイバージェンス

となっていることから、これに重要テクニカルターゲット到達による達成感が出てくるようであれば、ロング筋の目先の利益確定(ポジション一部解消)サインが揃い、一度利益確定が出始めると雪崩れる可能性を秘めていることには十分に意識を持ってトレードを行う必要があります。




20130126_ej_w.png
[EURJPY-Weekly]


週足です。2週続けて長い下ヒゲの強い押し目買い意欲、そして今年4週中2週が値幅550pips以上です。目先はやはり

・2011年高値(123.31)
・2008年7月高値からの下落幅に対する38.2%戻しライン(123.07)

がほぼ重なっていますので、この123円台前半というのが大きなターゲット値になっていそうですが、

・昨年高値~安値の下落幅に対する161.8%戻しライン(122.11)到達
・RSIは6年ぶりという非常に高い位置
・目先のトレンドサポートとなりやすい5週線・BB+1σラインとも乖離で依然過熱感
・BB+1σラインと7.9円(6.9%)乖離
・BBミドルバンドと14.7円(13.6%)乖離

と、いつ調整がはいってもおかしくない状況であることは、引き続き認識しておく必要。


目先はトレンドが落ち着いてきたら、

・5週線(黄色いライン)
・BB+1σライン
・200週線(赤いライン)

の3本のラインのサポートワークがあるかどうかが、週足レベルでのチャートアクションのポイントと思います。直近3週は5週線がポイントでしたね。フィボナッチは押し目ポイントとしてはちょっと開き過ぎですね。




20130126_ej_d.png
[EURJPY-Daily]


日足です。BBミドルバンド(=20日線)が依然右肩上がりですから、ストラテジーとしては押し目買い。


先週はBBミドルバンド近辺とRSIのヒドゥンダイバージェンスが、絶好の押し目買いポイントとなったかと思います(ピンクの丸の位置)。高値では連続してRSIがダイバージェンスの位置にありますので、高値追いではなく、やはり押し目買いのポイントを探したいところです。RSIは現時点ではまだ下を向いていませんので、この先このダイバージェンスが解消される可能性もあります。


日足ベースでの目先の押し目目処としては、やはりここ3ヶ月ずっとBBミドルバンド~+2σライン間のレート推移となっていることから、

・BB+1σライン
・BBミドルバンド

あたりが、意識されやすいポイントとなりそうです。特に先週同様、日足BBミドルバンドや、RSIのミドルラインまであればいい位置。


先週後半に500pips以上上昇してしまったので、少しレートは乖離してしまっていますが、先週安値(117.02=ピンクの丸)を割り込んだ場合は一旦様子見。




20130126_ej_h4.png
[EURJPY-H4]


最後に直近のトレード戦略立案上のメインとなりやすい4時間足を見てみます。


まずは先週の復習を。これだけ日足でアップトレンドですから、基本はロングエントリーとなります。ではどこでロングを入れるか。その判断目安は。

・ダイバージェンス(底値示唆)
・ヒドゥンダイバージェンス(トレンド回帰=押し目買いサイン)
・75SMA(青いライン=サポートライン)
・チャネルライン(オレンジのライン)
・1時間足ではエリオット・ウェーブで短期調整ターゲットが117low
・日足でBBミドルバンド&RSIがミドルラインに近い

とこれだけ揃っていれば、先週安値(黄色い丸)である117.02近辺がいかに絶好の押し目買いポイントであるかが分かるかと思います。ここは当然、117割れにストップを置いて、117mid-highでロングメイクですね。ターゲットは

・BB+2σライン(4時間足・日足)
・前週高値
・日足フィボナッチポイント

あたりで徐々に利益確定していって、123円あたりを狙ってみるのがいいですね。


ここからですが、目先はBBがワイドニングしていますが、既に-2σラインが横向きに転じており、この先上向きになってくる可能性が高そうです。その場合は、

・BBワイドニング局面で立てたロングポジションは、-2σラインが上向きに転じる局面で一旦利益確定
・その後は+1σライン・ミドルバンドあたりでヒドゥンダイバージェンスを見ながら押し目買い

とのセオリー通りのトレード戦略となりそうです。ここからの高値追いはハイリスク。


RSIは少し下を向きかけていますが、まだ下向きになっていません。この先少し下げたところ(40-60ゾーン)では押し目買いが入りやすく、先週高値(112.75)を抜けたところでは

・123円ライン(大きなターゲット)
・ダイバージェンス

と、美しい流れのシナリオが描ける可能性が高そうです。




【今週のテクニカル講座】



まず先週の復習を。

130120eurusd-h4.jpg
[EURUSD-H4]


ユーロドル4時間足です。ここからですが、1.3250-1.3400の幅150pipsのレンジ形成となりましたので、これはどちらへブレイクするかがポイントに。テクニカル分析からは、

・テクニカル的な可能性としては、セオリーとして「A 上 」へ抜ける確率の方が高い、ということが知られています。
・「B 先週安値 」を割れたら「C ダブルトップ 」で「D 倍返し 」地点の「E 1.3100 」あたりまで下押す可能性があります。上へ抜けたら「F 1.3500 」を目指す可能性が高いです。
・下へ抜けたら「G 1.3100 」近辺がロング構築ポイント。ただし「H 反発確認 」と「I ヒドゥンダイバージェンス 」がエントリー判断の必須材料。
・BBが「J スクイーズ 」状態になれば「K ブレイクアウト 」のエントリーもあり。

となります。


という問題でしたが、その結果は

20130126_eu_h4.png
[EURUSD-H4]


となりました。


いい感じでしたね。セオリー通り上へ抜け、BBスクイーズブレイクは綺麗に決まりましたね。1.3350あたりでロングエントリーできればベストです。




では、今週の問題を。

20130126_eu_d.png
[EURUSD-Daily]


ユーロドル日足です。テクニカル分析からすると、

・現在の相場は「A   」です。それはなぜかと言うと「B   」が「C   」だからです。
・その場合のメイントレード戦略は「D   」となり、エントリーポイントは「E   」が有名です。そのエントリーがなぜ有効かというと、「F   」だからです。
・そのようなエントリーの場合は、「G   」と「H   」がエントリー判断の必須材料です。
・今回の上昇のターゲットは「I   」が有力です。その理由は「J   」と「K   」だからです。


*解答は ウェブサイト から登録できるニュースレター(無料)にて明日夜にお送りいたします。


*【今週のテクニカル講座】のご質問は、無料講座ですのでお受けできません。ご了承くださいませ。

・何故そうなるのか・そうなる可能性が高いのか
・エントリーポイントはどこが有効なのか
・最小ストップはどこが有効なのか
・リミットはどこが考えられるのか

等の詳細解説は、 トレーダーズアカデミー で行っています。


*【今週のテクニカル講座】は、 トレーダーズアカデミー で行っている内容の一部を公開しているものです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。