--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円ここからの見通し・シナリオとトレード戦略

18:45

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





「20万円から大きく勝てるFXトレード方法」

「マネー・マネジメント+トレード手法」をパッケージ化した、トータルのトレード方法です。

・今までトレードで勝てていない方
・初級者・ビギナーの方
・口座資金が十分でない方
・トレード時間の限られる兼業、サラリーマン・OL、主婦の方

にも十分に勝てる内容にまとめています。


◆ 特徴 ◆

・エントリー時にストップとリミットを設定するので、チャートを見続ける必要がない
・難しいテクニカル分析が必要ないインジケータートレードなので、エントリーが簡単
・低リスクのデイトレベース
・損小利大

15分足トレードは、かなりエントリーチャンスが多いです。先週はこんな感じでサインが出ています(ユーロ円15分足)。赤い矢印が勝ちトレードで、青がストップ。ストップはとても狭く損小利大固定のデイトレなので、このペースはかなりメンタル的にもいいですね。

ej_m15_20130211_0215.png
[EURJPY-M15]
*画像クリックで拡大します



パフォーマンスもかなりいいですね。

サイン状況20130218
*画像クリックで拡大します


◆ 開発チームから ◆

月に5~10%を継続して取れるシンプルな方法。月利10%を複利トレードすれば、1年で資金が3倍、3年で資金が30倍になります。何度も検討を重ね、数万回のテストを重ねたものです。とにかく分かりやすいものにするために、シンプルな方法にこだわりました。ロジック的にはインジケーターを使ったいわゆる「トレンドフォロー」の非常にオーソドックスなタイプです。是非トライいただければと思います。




トレーダーズアカデミー


おかげさまでアカデミーが大好評です。

・実践基礎講義(月2講義)
・プロ講師によるプライベートレッスン(月1回、1回90分)
・テクニカル&データレポート(毎週)

これだけ合わせて破格の月1万円です。


大人数のセミナーでは

・多数の方へ向けた一般的な内容とならざるを得ない
・一人ひとりのレベルに合わせるのは難しい
・大人数だと質問もしにくく消化不良になりがち

ということがあります。


トレードスタイル(トレードをする時間や資金量・環境・目標・キャリア・・・)は個人個人全く違います。一般的な情報や人真似だけでは勝てないのは当たり前です。それぞれ個人個人のトレードスタイルに合わせて、最適なトレード方法や資金管理方法を取り入れなければ勝てません。これはいくらセミナーに通い続けたところで解決されないのです。


このアカデミーは、少数精鋭でプロ講師とのコミュニケーションや納得いくまで質問をやりとりしながら講義が進行し、さらにプライベートレッスンで個人個人に合わせたトレード方法をお教えしています。教える側も、一方的に教えるだけではダメなのです。キャッチボールの連続が、理解を深めていきます。


ですから、アカデミーは最低3ヶ月単位。コツコツ、着実にしっかりと理解を深めます。


もちろん学ぶのは、世界レベルのトレードの基本の王道をひとつひとつ積み重ねていきます。この積み重ねは、大きな財産になります。その上で、「明日からすぐ取り組めるトレード方法・改善方法・練習方法・資金管理方法」等を、個人個人に合わせて丁寧に具体的にお教えします。全ての受講生が、毎月大きな進歩を遂げています。


その他にも、アカデミーでは受講生のための様々な無料サービス・特典・情報もあります。これは来てのお楽しみ!


東京は渋谷・大阪は四ツ橋です。ともに広いオフィスは建築・インテリア雑誌に多数紹介されるお洒落な空間。是非お待ちしております。


アカデミー 内において、

・手法の詳細解説
・なぜこの手法が有効なのかの詳細解説(テクニカル)
・勝率・パフォーマンスを飛躍的に高める方法
・裏技・ダマシ排除方法
・無料でできる効果的な練習方法
・実践パフォーマンス

をお教えする「20万円から大きく勝つためのトレード方法」徹底活用講座を開催しています!








20130220_ej_w.png
[EURJPY-Weekly]


週足です。今週の現在の値幅は130pips程度、現在のところ今週は非常に狭い値動きです。上にも下にも動きづらい状況でしょうか。



目先のポイントをいくつか確認。


1, 先週で高値・安値切り上げが止まっている
「14週連続高値切り上げ」「9週連続安値切り上げ」が続いていましたが、先週遂にこの流れが途切れました。これは結構なエポックメイキングな出来事です。この先の投機筋のポジションに対する戦略やホールディングに対して大きな影響を与えそうです。

2, RSI(9)の位置と形状

まだ非常に高い位置です。直近で2000年以降最も高い位置(おそらく確認できる分では1990年1月以来23年ぶり)をつけていましたが、おそらく 次に高値を更新するといかにもダイバージェンスになりそうな位置と形状 です。これは注目。

3, ボリンジャーバンド

縮まりましたが、依然+1σラインと3.9円(3.2%)、ミドルバンドと12.8円(11.3%)レートが乖離してしまっています。



現在5週線(黄色いライン)のサポートで支えられています。これをしっかり割り込んで引けた場合は調整入りの可能性が出てきます。その場合の意識されやすいサポートラインとしてはちょっと先ですが、週足ベースとしては

・BB+1σライン(現在121.21)
・昨年7月安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン(119.75)
・昨年7月安値からの上昇幅に対する38.2%戻しライン(114.84)
・200週線(赤いライン)(現在114.64)

あたりが考えられそうです。逆にこのあたりくらいまで調整があったとしても、アップトレンドは全く崩れません。移動平均線の類は時間経過と共に上昇してきます。


RSIを見るとまだ上値でダイバージェンスが示現しておらず、ここから調整・ここからもう1回上昇して高値トライしてから調整の2パターンのシナリオが依然残されています。今年ここまでのユーロ円の週間平均値幅は466pipsと、昨年(274pips)の約1.7倍。非常にハイボラティリティです。値幅が出やすくなっていますので、十分に注意が必要な状況。




20130220_ej_d.png
[EURJPY-Daily]


日足です。


現在非常に重要な位置です。


1, フラッグ・トライアングル形成中
チャートパターンのセオリーから言うと上方向ということになりますが、どうか。近いアップトレンドラインと20日線でトライアングル形成との見方もできます。

2, ボリンジャーバンド
先週サポートされたミドルボリン(=20日線、ピンクの丸)に再び接近しています。このラインのサポートが継続するかどうかは非常に重要です。本日・明日あたりの終値は非常に重要です。これだけサポートワークしてきたので、しっかり日足終値で割れた場合はインパクトが出る可能性があります。

3, ボリンスクイーズ
ボリンジャー±2σラインが急速にスクイーズしています。ボリンスクイーズは・・・でしたね。ここはチャンス到来となりそうです。その場合のRSIの確認位置は・・・エントリーのタイミング、ストップを置く場所は、アカデミーで何度もお教えしているところです。


ちなみに、ここから調整方向となった場合は、

・ボリンジャー-2σライン(現在121.32)
・昨年7月安値からの上昇幅に対する23.6%戻しライン(119.75)

あたりまで下値余地が拡大することに注意を。上へ行った場合はダイバーの付け直しになるかどうか。



20130220_ej_h4.png
[EURJPY-H4]


最後に直近のトレード戦略立案上のメインとなりやすい4時間足を見てみます。


すごいところにレートがありますね。

・2/6高値(127.67)~2/15安値(122.87)の下落幅に対するちょうど38.2%戻しライン~61.8%戻しライン間のレンジ
・直近何度もサポレジとしてワークしている75SMA(青いライン)の真上
・フラッグトップライン近辺
・RSIは真ん中

と、まさにブレイクアウト前夜のような位置。この狭いレンジを上下どちらへブレイクするかは、目先のトレードのポジショニング・ストラテジー上で非常に重要です。


当然、短期的な目標値としては、

・上方向はまず2/6高値(127.67)
・下方向はまず2/15安値(122.87)

あたりを狙いやすい感じとなりそうです。今のユーロ円は非常にハイボラティリティですので、動き出したら早そうです。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。