--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円ここからの週内注目ポイントとトレード戦略

18:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





ドル円 テクニカル分析 【週足】


20130321_uj_w
[USDJPY-Weekly]
*画像クリックで拡大します


週足です。現時点のチェックポイントをいくつか。


1, ボリンジャーバンド

今週頭のギャップダウンスタートでは、+1σラインがサポートワークしました。3週前の下ヒゲも同様と見れますので、現在94.02にあるこのラインは今後もサポートワークしそうな気配。これをボディで割り込んだ時は要注意。

2, 高値・安値

2週続いた「高値・安値切り上げ」が、月曜のギャップダウンで終わっています。今週は明日の終値までに先週高値(96.69)を更新できるかどうかは結構重要なポイント。抜けない場合は、前週から「高値・安値切り下げ」になります。

3, 5週線

直近のトレンドを示す指標として知られる5週線ですが、昨年11月以来3ヶ月以上ずっとサポートワークしています。3本前の足の長い下ヒゲで一時的に割り込んだものの、終値ではしっかり回復していることから、今週このラインの上で引けることができるかどうかは重要。現在94.84。

4, RSI(9)

依然非常に高い位置。今年に入って2ヶ月半ずっと90以上にあり、このような現象は過去20年ほどのチャートを遡っても前例がない状況。仮にここから先週高値(96.69)を抜けた場合、ダイバージェンスの位置になりそうです。これも要チェック。



週足チャートでは、 アカデミー でお教えする「利が伸ばせる」大好評の手法では、第1回目の利確は終わり、2回目の利確ポイント待ちといったところ。



ドル円 テクニカル分析 【日足】


20130321_uj_d
[USDJPY-Daily]


日足です。こちらも目先のポイントを。


1, ボリンジャーバンド

今週安値はぴったりミドルバンド(=20日線)がサポートワーク。直近3ヶ月ほど、「サポート→下抜け→再び上抜け→サポート」ときっちりワークしているので(黄緑の丸)、ワイドニングの時は当然ここは1回跳ねるポイント。まだラインはやや右肩上がりを継続中。このラインを割り込んだ場合は、先月末の下落の時も-2σラインはサポートワークしましたので、-1・-2σラインと下にサポートが移行していきます。今週は+1σラインを下抜けてミドルまで下げているので、現在は同ラインのサポレジ・リテスト中。抜ければ再度+2σライン(現在97.50)を目指す可能性が高まり、レジストされればミドル(現在94.46)まで押される可能性が高まる分岐点。

2, 5日線

5日線(黄色いライン)は、直近5営業日(1週間)の平均レートを示すことから、直近のトレンドを示すことが多いとされます。先週末にこのラインを下へ抜け、今週火曜日にレジスタンスワーク、昨日ブレイクして現在このラインより微妙に上にレートが出ています。目先サポレジの法則からこのラインは支えられる可能性、その下には短期ストップも。現在95.50。



日足チャートでの アカデミー でお教えするチャートの見かたでは、ここから上値があるかどうかの判断と押し目買いポイント・撤退ポイントは明快かと思います。現在これに近い形のクロス円はオージー円でしょうか。



ドル円 テクニカル分析 【4時間足】


20130321_uj_h4
[USDJPY-H4]


最後に直近のトレード戦略立案上のメインとなりやすい4時間足を見てみます。こちらも目先のポイントをいくつか。


1, ボリンジャーバンド

現在ミドルバンドが95.34にあり、やや上を向きつつある状況。ちょうど今+1σラインがサポートしている位置。ここを割れるとミドルまで。ここは今週火曜日にレジスタンスワーク・水曜日にブレイクしているので(黄緑色の丸)、次はリテストの可能性が高いです。

2, RSI

現在はちょっと中途半端な位置。ダイバージェンスでもヒドゥンダイバージェンスでも買われ過ぎでも売られ過ぎでもなく。ちょっとポジションは入れにくい位置。逆にブレイクすると動きやすそうな感じではありますが。

3, 75SMA

直近3週間、75SMA(青いライン)が非常によくサポートワークしている印象(青い丸)。ということは、このラインが下にある限りはサポート買いが入りやすく、しっかり割れたら短期的な撤退も出そうなライン。特に今日はミドルボリンとほぼ一致しているのでなおさら。



ここからですが、まずはミドルボリンと75SMAのサポートトライがあれば、そこでどうなるか。タッチ買いはダメでしたね。 アカデミー ご受講の方は、

・ここからどうすればいいか
・狙う方向
・エントリーポイントと形
・撤退ポイント

はバッチリと思います。目前にチャンス。まだ週内イベントが残されていますので、ここはしっかり取っておきたいところ。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。