--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円重要テクニカル・押し目ポイントとターゲット

17:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報






USDJPY_Weekly

*Click to enlarge

20130424_uj_w


Moving Average Yellow:5SMA, Pink:13SMA, Purple:26SMA, Brown:52SMA

上から5→13→→26→52と並び、全て上向き。グランビルではロング戦略のフェーズ。直近のサポートは5SMA・13SMAの位置をチェックしておきたい。


Bollinger Bands *Period:20, Deviations:1,2

依然±2σライン・±1σライン・ミドルバンドまで全て右上がり、このフェーズの基本セオリーは押し目買い。直近連続してサポートワークしている+1σラインの位置は要チェック。


RSI *Period:9

足が確定しておらず、まだ上向きなので分かりませんが、位置的にはダイバージェンス。週足この位置でのダイバージェンスとなるようでれば、それなりのインパクトに。


Fibonacci

2011年最安値(75.56)を起点とする3rd waveのターゲット(1st waveの261.8%)到達で達成感が出るかどうか。3rd Waveがこれだけextensionしていることから、仮にここから4th waveに移行するとすれば、その最初のターゲットは3rd waveの23.6%ラインの94.55あたりとなりますが、果たして。


Support, Resistance

5SMA・13SMA・+1σラインあたりがサポート、現レート位置の50%戻しライン、100円ライン、+2σラインあたりがレジスタンス。


Topic

先週は長い下ヒゲで底堅さ示唆、先週の高値更新。先週安値を割るまでは上方向。現レート位置は、下から取ったエクスパンションと、上から取った半値戻し、ふたつのフィボナッチカウントが重なる場所で、それなりのテクニカルレジスタンス。抜けてくれば上。


Tradeing Strategy

ボリンジャーや移動平均線的には買いのフェーズであるものの、RSIの位置とダイバージェンスをみて、ここはあまり高値追いしたくないところも。日足以下で買いポイントを見つける方がベターではあるものの、目をつぶって買うかどうかはトレーディングスタイル次第。





USDJPY_Daily


20130424_uj_d


Moving Average Yellow:5SMA, Purple:25SMA, Blue:75SMA, Red:200SMA

上から「5→25→75」ときれいに並び、全て、右上がり。グランビル的には買いからはいるべきフェーズ。問題はどこで買うか。先週は右上がりの25日線で綺麗にサポートされており、このラインはかなり強いサポートライン。ここで買うなら5日線が下を向いたら一旦撤退、25日線に接近してから再度上向くところを狙っても。


Bollinger Bands *Period:20, Deviations:1,2

現在±2σライン・±1σライン・ミドルバンドの全てが右上がりで、ロングフェーズ。ただし、今月上旬の+2σラインオーバーの位置ではなくて、現在の位置は+1σラインあたりであることは意識しておく必要。


RSI *Period:9

ここから4月11日高値(99.93)を上抜けた場合、明らかにダイバージェンスの位置にあることは注意を。この形状はちょっと高値追いは躊躇。


Fibonacci

やはり、現在引っかかっている「2007年高値(124.13)~2011年10月安値(75.56)の下落幅に対する半値戻しライン」は気になる位置。


Support, Resistance

目先は5日線・ミドルバンド・25日線あたりがサポートライン。特に先週安値をサポートした20/25日線は重要。レジスタンスラインは100円ライン・+2σラインあたり。


Topic

フェーズ的にはロングではあるものの、ここから4月11日高値(99.93)を大きく抜けることができなければ、ダブルトップになる可能性もあり、一応チェックを。


Tradeing Strategy

ここはテクニカル的にはロングからはいるのがセオリーであるものの、目をつぶって買うか、押し目を待つか。5日線をポリシーとしたトレード方針はカットも小さくよさそう。5日線が下を向いたら一旦出ておいて、再度上昇したら再ポジとか。





USDJPY_H4


20130424_uj_h4


Moving Average Yellow:5SMA, Purple:25SMA, Blue:75SMA, Red:200SMA

上から「5SMA→25SMA→75SMA→200SMA」と並んでおり、全て上向き。ただし上3本がほぼ重なっているのはポイント。先週~今週にかけては75SMAがきれいにサポートに。今週前半を見ると5SMAの存在は大きそうで、上から3本が背の順に並び、このラインが一旦下を向いて、再度上を向くところが乗船場か。このまま5SMAが上向きを継続する場合は、1時間足で。


Bollinger Bands *Period:20, Deviations:1,2

現在ミドルバンドは緩やかな右上がりですが、その他はスクイーズ。スクイーズからワイドニングへの移行ポイントはブレイクポイントになるので、エントリーポイントになることが多い。その場合は±2σライン外でのボディクローズが目安。


RSI *Period:9

まだ先週と比べると上に余地ありも、今週高値更新はダイバージェンスの位置。


Fibonacci

4月11日高値を大きく抜けるような展開になった場合は、4時間足で直近のスイングに対する逆フィボナッチポイントもターゲットの目安に。その場合のターゲットは、138.2%・161.8%となることが多い。


Support, Resistance

+25SMA・75SMAあたりが目先のサポート。現在20/25/75SMAがほぼ重なっており、ここは強力。ここを割れて引けたら一旦調整色が強まる可能性も。当然100円ラインがレジスタンス。


Topic

今週現時点での安値は、「先週高値のサポレジ・25/75SMA・RSI50割れ」と、絶好の買いポイント。ここでラインが現在束になっているのがポイント。ボリンジャーもスクイーズで、動き出しの可能性。


Tradeing Strategy

現在まさに100円トライの世界中が注目するポイント。外側には相当量のストップ・逆指値、仕掛けでタッチすると一気に巻き込む可能性。ただし逆指値はスリッページのリスク。短期的には短い時間足の短いSMAを意識しておきたい。割り込んでボディクローズしたり、右下がりになった場合には一旦出ておいて、再度上向きになってレートが出てきてから追った方が流れに乗りやすいのでは。20/25SMAあたりがサポートとして意識されそうで、このあたりまで待てれば。もちろん割ったら短期ポジは撤退。このまま行ってしまった場合には、同様のストラテジーを1時間足にて。ここは焦らず、チマチマせず、シンプルに、ダイナミックに、波に乗る感じで。





*さらに細かい、手法も含めた具体的なストラテジーは、 Dealer's Eye にて。

サイト の右側から登録できるニュースレターで、ブログにはアップしていないチャートのチェックポイント等を時々お送りしています。無料ですので、是非。





いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。