--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円最新テクニカル分析とここからのトレード戦略

18:25

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





ユーロ円最新テクニカル分析とここからのトレード戦略(日足)



先週は「利下げ・ドラギECB総裁会見・米雇用統計」で乱高下したユーロ円ですが、現時点での基本的な流れは上方向。高値掴みには注意しつつ、エントリーポイントを探す必要があります。

20130505_ej_d1.png



現在の状況

移動平均線は、右上がり度合の傾きにちょっとばらつきがありますが、上から「5日線(黄)→25日線(紫)→75日線(青)」と背の順に並んでおり、買いのフェーズ。先週は25日線がサポートになっており、このラインポリシーで買いの形。


ボリンジャーは、スクイーズしていますが、ここからワイドニングしてくれば流れが出ます。まず+2σラインを突破するかどうか。


オシレーターは先週ストキャスがヒドゥンダイバージェンスで買われています。RSI共々、まだ上方向に十分に余裕がある形です。


目先のレジスタンスは4月11日高値(131.10)です。チャートパターン的には、このラインを上辺、25日線を下辺にしたアセンディングトライアングルの形になっています。ブレイクポイントは注目度が高そうです。



ここからのストラテジー・ポジショニング方針

明日の週明けは5日線が上を向いてスタートしそうです。

・5日線が25日線に接近して再度上を向くところ
・レートは5日線より上にある
・5日線・25日線は共に上向き


と条件が揃っており、日足トレーダーは明日の始値が買いの形。ポリシー崩れは撤退。


ボリンジャーもスクイーズからワイドニングに向かいそうなはいい形ですね。今週はドル円の動きに注意しましょう。




週足(大きな流れとターゲット)・4時間足(直近の具体的なトレード戦略)は、 Dealer's Eye にて公開しています!


[本日のDealer's Eyeポスティング記事]

・豪ドル円最新テクニカル分析と具体的なトレード戦略(週足・日足・4時間足)
・ユーロ円最新テクニカル分析と具体的なトレード戦略(週足・日足・4時間足)
・今週レートが動きそうな日時(通貨別)




Dealer's Eye はこちらのブログと違って、

・トレード戦略やトレード手法が、より具体的に頻度高く書かれています
・記事がポスティングされたらメールで連絡が届き、見逃すことがありません
・スマホでも見やすいレイアウトになっています
・豪ドル円・ポンド円等のより多くの通貨ペアを取り上げています

昨日のように、相場のイベントに合わせた記事もポスティングしています。ユーロ円のポジション速報もよかったですね、リアルタイムメールで届いた時点で再度同じ形になっていたので、もう一度乗れたのでは。



▼一部記事を無料でご覧いただけます▼
Dealer's Eyeプレビューサイトへ





サイト の右側から登録できるニュースレターで、ブログにはアップしていないチャートのチェックポイント等を時々お送りしています。無料ですので、是非。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。