--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円ここからのトレード戦略・最新テクニカル分析

18:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





ユーロ円ここからのトレード戦略・最新テクニカル分析


マーケット全体がドル買いの流れになっているので、ドル円は上を向いていますが、ユーロドルは下向き。よって、クロスは動きがちょっと読みにくい状況。現時点ではドル円は強い上向き、ユーロドルは緩やかな下向きなので、バイアスは上ですが・・・


20130513_ej_m_l.png


月足です。


2008年7月高値からのちょうど半値戻しをつけました。


フィボナッチ的には38.2%戻しラインが最初にワークした場合は(このチャートを見ると明らかにワークしていますよね)、次に61.8%戻しラインを目指しやすいと言われていますが、ここも一応一段落しやすい(利益確定の売りが出やすい)ポイントのひとつです。ここを明確に抜けたら次は140円ラインですが、オシレーターの位置を見ると、そう簡単にはいかなさそうです。


移動平均線は、直近に

・6SMA(半年)が60SMA(5年)をGC(ゴールデンクロス)
・12SMA(1年)が24SMA(2年)をGC


しており、明らかにフェーズ的にはロング。


オシレーターはRSI・ストキャス共にoverboughtの位置にあります。ストキャスはメインラインが微妙にダイバージェンスか。方針としては、高値追いよりは押し目買いを選択しやすい状況。



20130513_ej_w_l.png


週足です。


移動平均線は上から「5SMA(黄=1ヶ月)→13SMA(ピンク=3ヶ月)→26SMA(紫=半年)→52SMA(茶=1年)」と背の順に並び、全て右上がり。フェーズとしてはロング。目先押し目ポイントとしては、最初に5SMA。これを割れて垂れたら、次は5本前にサポートワークした13SMA。目先はとりあえずそのあたりまででよさそう。


ボリンジャーは現在第3フェーズのトレンド・フェーズで、まだ第4フェーズのクロージングには切り替わっていないものの、ちょっと+2σラインは微妙な感じも。ここから下の+σラインと、7本前にサポートワークしたミドルバンドがサポートの目安。


オシレーターは、位置的にはちょっとダイバージェンスとも判断しにくい形状。7~8本前あたりのRSIかストキャスがミドルあたりまで下がるのを見たくはありますが。



20130513_ej_d_l.png


日足です。


移動平均線は、何と言ってもポイントは25日線(紫)。3回続けてサポートワークしています。このラインまで押せば一旦は買いが出やすいでしょう。ただし、過去3回と違いそうなのは、おそらく次にこのラインまで下げた時は、過去3回の時のように右上がりの状態でタッチするのではなく、横ばいの状態でタッチする可能性が高そう。とすると、そこからイケイケになるかどうかは微妙。


ボリンジャーですが、スクイーズブレイクからちょっとワイドニングしかけましたが、既に-2σラインが上を向いています。ということは、トレンド4フェーズ入りは微妙、ここから大きく上へ伸びにくい状況になっていることに注意。ここはやはり高値追いは?な感じでは。


基本75日線(青、長期線)が右上がりで、その上で25日線と5日線があるので、ここは基本通りがよろしいかと。ポイントは5日線と25日線ですね。ここからのトレードは、5日線と25日線の関係が非常に重要になります。5日線と25日線の使い方は、 Dealer's Eye に詳解しています。


今週来週は大きなイベントが予定されていません。こういう時は、株式市場や長期金利連動、要人発言等の突発的な要因で不安定に動きがちです。特に現在ドル円とユーロドルが逆を向いており、クロスの方向はストレードの強弱に依存します。


4時間足を使ったトレード戦略は、非常に重要になるでしょう。 Dealer's Eye にかなり細かくポスティングしました。今日は、ドル円と豪ドル円のリアルタイム速報もポスティングしています。先週は数百pipsのエントリーポイントも。


FXトレードは、シンプルに、ダイナミックに。流れに乗りましょう。


いまのトレード方法をここから5年10年続けられる自信はありますか?いつも言っていますが、個人トレーダーで500回・1000回続けられるトレードポリシー・トレードルールは、これしかありません。しっかり身に着けようと思われたら、是非 アカデミー へお越しください。来週は大阪、その次の週は東京です。この流れに乗る術を身に着けられるかどうかは、ほんのちょっとの投資にかかっていますよ。短期集中コースもてきました。


Dealer's Eye 、今なら25%off(月4,997円)でお申し込みいただけます。

・内容とクオリティの高さに驚き
・この値段で、ここまでの情報が得られていいのか
・すごすぎる
・アナリストみたいな上から目線でなく、トレーダー目線で具体的になっているのがいい
・ここまでの内容は初めて出会った
・非常に分析の精度が高く、分かりやすい
・トレード手法の勉強になる
・ポジション解説をしてくれるのはすごい
・リアルタイムで更新情報が携帯にメールされるので、見逃さずにすむ
・スマホでも見やすい

と、こんなにお声が。お申し込みが非常に多く、今後一時お申し込みをお休みさせていただくかもしれません。今なら大丈夫です。


→ 一部アーカイブ(過去記事)は無料で!




サイト の右側から登録できるニュースレターで、ブログにはアップしていないチャートのチェックポイント等を時々お送りしています。無料ですので、是非。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。