--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま最も取りやすい通貨ペア・最新分析と入れどころ

19:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





ドル円重要サイン出現・押し目買いポイント・最新分析


マーケット全体がかなりドル買いになっています。ただ今週既にかなり進んでしまっているので、ここからポジるのであれば、もちろん押し目買い・戻り売りになるかと思います。ここから取りやすいと思われる通貨ペアをピックアップしておきます。


20130515_au_w_l.png


4つピックアップしていますが、そのひとつは豪ドル米ドルです。週足です。


週足です。昨年7月から約10ヶ月続いた、1.0150-1.0600のレンジをブレイク、

・2012年安値:0.9579
・2011年安値:0.9385

あたりを目指してくる可能性があります。


ボリンジャーはまだブレイクアウトから第2フェーズのワイドニング、移動平均線は収束から拡散しています。まだ十分に下を目指しそうな形になっています。


ファンダメンタルズ的に

・ソロスファンドが巨額売り
・RBA(豪中銀)が政策金利利下げ
・RBA(豪中銀)が「豪ドル高は困る」と表明

ヘッジファンドも続々オージー売りに参戦、ショートポジションを構築しているようです。


マーケットはいまドル買いイケイケですから、しばらくこの流れは続くでしょうか。通貨マトリクスでは、いま円と同じくらい豪ドルは弱いです。いまオージードルのショートポジションは、ドル円のロングポジションと同じくらい安心感があります。ということは・・・当然豪ドル円はいま手を出してはいけない通貨ペア、ということになります。ドル円と豪ドル米ドルが逆を向いていますから、いま方向感が最も出にくい通貨ペアです。


今週このまま続いたら、週後半にポジション調整が出てきやすくなりますので、その場合はしっかり戻したところをリポジで!


Dealer's Eye に、何と

・いま最もとれそうな通貨ペア4つ
・その全てのエントリーポイント
・ポジション・トレード公開

まで6記事をリアルタイム配信。ちょっとすごいですよ。 Dealer's Eye 、今なら25%off(月わずか4,997円)でお申し込みいただけます。

・内容とクオリティの高さに驚き
・この値段で、ここまでの情報が得られていいのか
・すごすぎる
・アナリストみたいな上から目線でなく、トレーダー目線で具体的になっているのがいい
・ここまでの内容は初めて出会った
・非常に分析の精度が高く、分かりやすい
・トレード手法の勉強になる
・ポジション解説をしてくれるのはすごい
・リアルタイムで更新情報が携帯にメールされるので、見逃さずにすむ
・スマホでも見やすい

と、こんなにお声をいただいています!


トレーダーズ・アカデミー 、「お仕事帰りにわずか1週間通うだけで、見違えるほどのトレードライフが貴方のものになる!」短期集中コースができました!1週間通えば、翌週からもう違うトレードライフになるんです。すごくないですか?そこから一気に取っていただきたいと思います。安い自己投資です。毎月枠限定の先着順なので、お早目に!




サイト の右側から登録できるニュースレターで、ブログにはアップしていないチャートのチェックポイント等を時々お送りしています。無料ですので、是非。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。