--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘利発言でドル円調整・押し目買いメドとトレード戦略

19:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





甘利発言でドル円調整・押し目買いメドとトレード戦略


週末の甘利経済再生相の「過度の円高の是正はかなりできたと世の中で言われている」「これから円安がどんどん進むと国民生活にマイナスの影響がでてくる」といった円安懸念発言を材料に、週明けから調整が入っています。これだけでは大きな材料ではありませんが、今週は水曜に日銀イベントとFOMC議事録が控えていますので、そこまでちょっとドル円・クロス円は調整が入る可能性があります。


20130520_uj_d_l.png


日足です。先週金曜は坊主引けでしたが、今日は先週金曜安値を割ってしまっています。今日の日足の引け値位置はかなり重要になります。先週金曜高値を抜けて来ないようであれば、安値更新が先行していますので、もう一段調整の可能性があります。クロス円も連動する可能性があります。


現在5日線(102.52)近辺にレートがありますが、ここが最初のポイントです。もし今日終値で5日線を割れて引けるようであれば、ちょっと調整色が出る可能性があります。その目安としては、直近でサポートワークしている20日線(ミドルバンド)と25日線(紫)あたりが有力となります。4月のアセンディング・トライアングルのトップラインである100円ライン近辺まであれば買われそうですが、そのあたりは流れを見てとなりそうです。



20130520_uj_h4_l.png


4時間足です。今朝の下ヒゲは別として、現在、先週の重要なサポートラインとなった20SMA(ミドルボリン)/25SMA(紫)まで来ています。ここが重要なサポートラインです。ここを割れると、75SMA(青)まで巻き込む可能性もあります。このあたりは固いでしょうが、目先短期トレードにとって現在はちょっと重要な位置です。


チェックすべきは5SMAが下を向いてしまっており、レートガこの下にあることです。25SMAをDC(デッドクロス)してしまうと、これまた直近ロング筋のカットが出てきますので、ここから支えられて再反発するか、DCするか、あと数本の動きは重要です。


ここから一旦上を向いたとすると、5SMA(現在102.70-80)までいったときに抜けることができるか、抜けることができずに下へ向かうか、かなり重要です。抜ければ上濃厚。そのあたりでの動きを今夜注目しなければいけませんね。



今日のトレード戦略は1時間足で!いつものように Dealer's Eye にアップしています!「いま使える」効果的なトレード手法が公開されています。



アナリスト目線ではなく、トレーダー目線で流れをどんどん公開しています。今なら25%off(月々わずか4,997円)です。

・内容とクオリティの高さに驚き
・この値段で、ここまでの情報が得られていいのか
・すごすぎる
・アナリストみたいな上から目線でなく、トレーダー目線で具体的になっているのがいい
・ここまでの内容は初めて出会った
・非常に分析の精度が高く、分かりやすい
・トレード手法の勉強になる
・ポジション解説をしてくれるのはすごい
・リアルタイムで更新情報が携帯にメールされるので、見逃さずにすむ
・スマホでも見やすい

と、こんなにお声を。



トレーダーズ・アカデミー 、「お仕事帰りにわずか1週間通うだけで、見違えるほどのトレードライフが貴方のものになる!」短期集中コースができました!5/31まで20%off!1週間通えば、翌週からもう違うトレードライフになるんです。すごくないですか?そこから一気に取っていただきたいと思います。安い自己投資です。毎月枠限定の先着順なので、お早目に!




サイト の右側から登録できるニュースレターで、ブログにはアップしていないチャートのチェックポイント等を時々お送りしています。無料ですので、是非。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。