--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円最新分析&ここからのトレード戦略・押し目メド

21:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





ドル円最新分析&ここからのトレード戦略・押し目メド


利下げ・RBA(豪中銀)が下げると言っている・中国がアヤシイ・オーストラリア経団連からの圧力等で、豪ドルはちょっと上げる材料がいまのところありません。クロス円の中でも、これが一番先に崩れています。ちょっと流れが出そうなので、そのあたりをレビューしておきます。


20130526_uj_w_l.png


週足です。移動平均線は依然パーフェクトオーダー状態ではありますので、基本スタンスとしてはロング主体となりますが、先週のローソク足は「包み足」になっています。高値圏で出現する「包み足」は転換の可能性がある組み合わせになります。


ここから5週線(黄色いライン)を割り込んでくるようだと5週線が垂れてくる可能性がありますので、13週線(ピンクのライン)にどれだけ接近するか、クロスするか。そこからの放れはいいですね。


その前に100円ラインもありますが、割り込んだ場合は、ここから上昇してくる13週線に注目しておいてもいいと思います。先週は97.88ですが、週明けはもう少し上がってくるでしょう。


流れに乗るトレンドフォロー戦略としては、その方が押し目買い戦略としては全然やりやすくはありますが。オシレーターはヒドゥンダイバーですが、もう少し下げてもいいと思います。


ただ、ボリンジャーは現在第3フェーズですが、ここから調整すると第4フェーズに入る可能性が高いです。とすると、クロージングの流れが強まることが想定されますので、調整後次に先週高値(103.72)をすぐに大きく抜けてどんどん突き進む可能性は低くなります。その場合、高値を目指す流れが再度できるまでには、かなり時間を要する可能性もあります。



20130526_uj_d_l.png


日足です。目先のサポートとなり得る場面を見てみましょう。


まず目先はすぐ下にある20/25日線でしょう。特に25日線(紫のライン)は直近3回サポートワークして跳ねてます。ここを抜けるとインパクトが出る可能性もあります。


次に当然4月から1ヶ月レジスタンスワークしたライン(99.93)でしょう。ここで買ってくる向きも多いのではないでしょうか。


これを割れてしまうと、さらに次は2月末・3月末にサポートワークしている(黄緑の丸)ボリンジャー-2σライン、75日線(青いライン)になると思います。


現時点でオシレーターはミドルまで下げてます。100円ラインでは相応に買い支えが入ると思いますので、ヒゲが出るかもしれません。ただしこのあたりは乱高下する可能性が高く、トレードはハイリスクになりますので、注意しなければなりませんね。


ここからボリンジャーが第4フェーズに入ってくるとすれば、あまり高値追いはしたくない感じではありますので、下がったら拾って、そう高くないところででるとか。MAトレードがいいですね。現在5日線(黄色いライン)が垂れてきて、レートもその下に潜っています。これがどうなるかですね。まだPOではありますが、DCしたらGCまで待ちがいいですね。



具体的な今週のトレード戦略は、いつものように Dealer's Eye に!

・先週のトレード事例
・トレード手法
・今週の注目ライン
・今週押し目買いライン等でどのような形になったら買いができるか、どのような形では見送りか、戻り売りはできるのか


等を、かなり具体的に解説しています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。