--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週木金の乱高下相場とここからの流れについて

20:55

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





先週木金は、円相場が乱高下しました。今回は株から崩れていった訳ですが、これは、もちろん木曜に発表された中国経済指標の悪化が引き金にはなっておりますが、これまでパンパンに膨れ上がっていた円ショートがどこかで解消されなければいけなかったということです。


5月は主要ヘッジファンドの半期決算月でありますので、この半年間で積み上げてきた円ショートをどこかで反対売買による数値化しなければいけないといった需要も大きいと思います。この手当は、31日に対して最終が29日ですから、おそらくほとんど先週の乱高下で抜けていると思います。


先週木・金と、株式市場は1000円幅の大乱高下になっています。先週木曜の下落率は、歴代11位と、リーマンショック時を超えています。投資家心理に冷や水が浴びせられる形となっており、目先は値動きが荒くなりそうです。もちろん円相場も。現在の相場は、プログラミング売買が主流となっており、売買が加速すると一方向へ傾きやすくなっています。相場の流れに反した逆張りは非常にハイリスクです。


6月の下半期になって、新たに円ショートがいきなりドッカンと構築されるかどうか別ですが、ファンダメンタルズと日米実質金利差の逆転から、基本的に円安シナリオは支えられやすいです。目先は荒れた円相場になりそうですが、この調整が落ち着けば、再び株高・円安の流れが出てくるとの見方です。流れは「円安」から「ドル高」に切り替わっていますので、ここからしばらくは「ドルをどの通貨に対して買うか」といった流れがメインストリームになってくる可能性が高そうです。その対象が円になるかどうかは別の話ですが。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。