--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円最新分析・雇用統計へのトレード戦略とここから

11:30

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





月曜の弱いISM製造業で結構直近のドルロングは整理された状況ですので、ここからは今夜のADP・ISM非製造業に素直に反応しそう。月曜にあれだけ反応していますから、明後日の米雇用統計では結構動いてくると思います。ここからは慎重にいきたいですね。


20130605_uj_d_l.png


日足です。移動平均線ですが、

・5日線(黄色いライン)が25日線(紫のライン)と75日線(青いライン)の間にあって
・5日線が下向き
・25日線と75日線が上向き


ですから、バラバラ。方向性が出にくく、積極的なトレードには向かないフェーズ。こういう時は、いい形になるまで待つか、短い時間足で細々と取っていくのが向いています。ここからがレート上へ向かった時の判断はちょっと難しくて、25日線が右肩上がりの状況で5日線がGC(ゴールデンクロス)したら買いが出やすいですが、ここから25日線が横を向いたり下を向いたりした状況で5日線が下から接近したら戻り売りが出やすくなります。


現在97.59あたりにある75日線は右肩上がりですから、もし下へ向かったときは一度はサポートとしてワークしやすいと思います。


ボリンジャーですが、一昨日月曜は-2σラインでサポートされた形。これで、2月下旬・4月上旬・一昨日と3回目です(黄緑の丸)。次にトライしたらちょっと注意かも。ミドルバンド(20日線)はほぼ横向きで、±2σラインはスクイーズへ向かっています。収縮したらブレイクが期待できそうです。超目先は上はミドルバンドがレジスタンス、下は-2σラインがサポートになりやすい。


サポレジは、もちろん下は一昨日安値の98.85、その下は4/30安値の96.99。



20130605_uj_d_l_ichimoku.png


ドル円に関しては一目均衡表を見ている方も多いと思います。昨日と今日現在、ちょうど基準線が上値をおさえています。またそのすぐ上には、転換線が下がってきています。基準線は今年何度もサポートになっていますし、転換線は先週サポレジとしてワークしています。このラインを抜けてくるのか、跳ね返されて再度下落に転じるのか、いままさに分岐点と言えそうです。ちなみに、よく「下値サポート」として意識される「雲の上限」は、現在97.34にあります。



現在4時間足では非常にレートがとても重要なポイントに差し掛かっており、「まさに分岐点」状況。うまくいけば非常に取りやすい位置にあります。それが買いなのか売りなのか、そのターゲットは、いつものように Dealer's Eye にアップしています。4時間足と1時間足で、目先のポイントが詳しく書かれています。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。