--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dealer's Eye記事一部公開・今日のファンダメンタルズ

09:45

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





今日は Dealer's Eye の記事を一部こちらでもいくつかアップしますね。


昨日はやはりアメリカ祝日前・米雇用統計前のポジション解消の大玉が飛び交った状況で、かなり上下に振れましたね。あれだけ早いジェットコースター相場になってしまうと、15分足レベルでやるか、1時間足でいい形になった時だけやるか、それとも全くやらないか、という感じでしょうか。
ファンダメンタルズ的には

・ポルトガル金融懸念
・エジプト地政学リスク

の割にはユーロは買い戻されていますし、ADPも堅調な数字で株高になりました。株高だと、ユーロ・ポンド・オージーあたりは買われます。米雇用関連指標がいいと、ドルが買われます。昨日のドルストレートの戻りを見ると、株高の方の影響の方があるかもしれません。


とすると、やっぱり分かりやすいのは円売りなんですよね。ただし昨日の150pipsの下げを見ると、直近2週間で800pipsも上昇していましたから、やはりイベント前のポジション解消玉ということになるかと思います。


今日はアメリカが独立記念日で祝日休場です。NY勢不在ですので、特にNYタイムに入ってからの出来高は細ってくると思います。そのなかでのECB政策金利発表とドラギECB総裁会見ですから、乱高下も想定しておかなければいけません。しかも、明日に米雇用統計が控えていますので、進んだところは買戻しや解消が出やすいです。昨日のようなジェットコースター・ハイリスク相場になるかもしれません。十分にご注意を。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。