--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円最新分析・ここからのトレード戦略と買いどころ

17:00

いつもご訪問いただきありがとうございます。
当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報





昨日の記事の続きになります。昨日はフィボナッチの観点から、月足と週足を使い、今回の上昇のターゲッティングを、ということでした。今日は、では目先はどのような戦略をとっていけばいいのか、ということになります。昨日は月足と週足でしたので、今日は日足と4時間足を使ってみます。


20130706_uj_d_l.png


日足です。先週金曜は長い陽線のほぼ高値引け、先週高値を更新しています。いまの流れは上方向ですから、目先はロングからはいるのが基本になります。


ボリンジャーバンドはミドルバンドが上を向き、±2σラインはエクスパンションしています。流れは明らかに上向きです。ここはボリンジャーバンドを使って、+1σラインやミドルバンドあたりでの反発を確認したら、ロングを入れてみたい形です。


移動平均線は、7営業日前あたりに5日線(黄)・25日線(紫)・75日線(青)がクロスしていますが、まだ並び順は上から「5日線→75日線→25日線」になっており、小さい順にならんでいませんので、「既に大きな右向きのトレンドに入っている」という訳ではありません。本格的な流れを意識するには、やはり並び順と向きを意識しておく必要があります。ここは日足ではボリンジャーの方が機能しやすい形になっています。


オシレーターですが、RSIの方はもう少し上に余裕がありそうですが、ストキャスの方は結構上いっぱいで、微妙にダイバーっぽくはあります。ただオシレーターは強いトレンドが出た時は上に張り付きますので、これは参考程度に。


20130706_uj_h4_l.png


4時間足です。これは綺麗なアップトレンドになっています。


移動平均線は、上から「5SMA(黄)→25SMA(紫)→200SMA(赤)→75SMA(青)」とならんでいますが、おそらく明日には75SMAと200SMAがクロスするでしょうから、その時点でPO(パーフェクトオーダー)になります。しかしまだ200SMAが上を向くにはもう少し時間がかかるのではないかと思います。


ここで当然意識したいのは、先週一貫したサポートになっている25SMA(紫)です。今週も、このラインに接近するところでは、まず買いが出る可能性が高いのではないかと思います。逆にこのラインをレートがしっかり割り込んでしまったら、ロング方向はしばらく様子を見た方がいいでしょう。


ボリンジャーバンドは、エクスパンションしていて、20SMAが右上がり継続です。やはりミドルバンドあたりでは押し目買いが出てきやすいと思います。


ロングを入れる場合はストキャスの位置を確認した方がいいですね。先週も、先々週も、その前の週も、いい感じの下がったところがあると思います。そのようなところをエントリーの判断目安にしていったらいいのではないでしょうか。




いつもご訪問いただきありがとうございます。もし当記事が少し役に立ったと思っていただけましたら、
1クリックお願いできませんでしょうか?執筆の励みになります・・・
 m( . _ . )m
  ↓   ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

当ブログの現在のランキングは? → 為替ブログ 為替投資情報




*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。