--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休前の注意・今週のポジション・手法テクニカル解説

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今日は週末ですが、週明けは東京市場が祝日休場になります。そのような場合の注意点を___


金融機関やヘッジファンド等では、ウィークエンドディールの玉が結構あります。これは、週末持ち越しリスクを避けるために、時間で切らなければいけないポジションです。一番有名なのはロンドンFIXですね、日本時間24~25時にかけてです。この時点で、利益が出ていてもいなくても「時間指定で決済」というディールは多いです。特に一週間相場が一方向に進んできた週は、そのような傾向が強く出ます。


そのため、例えば「テクニカル的に流れは上だけれども、一旦週末はロングポジションを閉じておこう」といった売り(流れに逆行する方向)が出やすくなります。これは、積極的なポジション建てではなく、持っているポジションを閉じるための反対売買でこのような現象が起きます。


また今日のように、主要市場のひとつが週末絡みで連休入り前日である場合、大き目の調整玉が出やすいです。今週は上下に大きく動いていますが、ドル売りがまだ出尽くしている感じがまだしていないので、マーケットのオーダー状況を見てみると、もう少しドルの戻り売りが出そう気配があります。


ここから積極的な建て玉は出にくいので、今日は方向感の出ないレンジ、しかし幅は大きめ、そんな相場が想定されます。


そんな中、実は今週一番やりやすかったのは、例によってユーロオージーなんですよね。マーケットがドル軸ですし、週央にFOMC議事録やバーナンキFRB議長会見といったイベントがあって、マーケットがドルを中心に大きく動いているときに、ユーロとオージーは共に関係ないのでやりやすいんですよね。テクニカルがよく効きます。


20130712_ea_h1_l.png



Dealer's Eye で公開されていますが、今週のポジションは4回です。

・1は「MAトレード」の売り(エントリー・エグジットとも)
・2は「ハンマー足+2Bリバーサル」の買い(エグジットは「超実践2」の方法)
・3は「ボリンジャー・スクイーズのボラティリティブレイク」の買い(エントリー・エグジットとも)
・4は「MAトレード」の買い(エントリー・エグジットとも)*ここはフィボナッチとボリンジャーでも買えます


です。全てルール通りにあらかじめ決められた決済方法で、全て1時間足デイトレなので、既決済です。

1, 1.4039売り、1.3945決済(+94pips)
2, 1.3918買い、1.4068決済(+150pips)
3, 1.3991買い、1.4153決済(+162pips)
4, 1.4150買い、1.4262決済(+112pips)


合計+512pips(スプレッド別、分割決済平均)


このように利益を伸ばすためには、「エントリーからエグジットまでルール通りに行う」「エグジットルールにならない限りエグジットしない」ということに尽きます。


2のハンマー足ですが、これは当然単体だとダマシが多いのでおススメしませんが、この場所は

・日足:ボリンジャー-2σライン
・4時間足:200SMA・ボリンジャー-2σライン・ストキャスロークロス


あたりが揃っていたので、精度が高いエントリーになります。リバーサルを狙う場合は、このように少なくとも3つ以上のテクニカルをそろえるようにすると、ダマシ回避・精度アップにつながります。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。