--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円最新テクニカル分析・ここからのトレード戦略

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


昨日のバーナンキFRB議長の半期議会証言を波乱なく通過(一応今日上院もありますが多分昨日の下院と同じの可能性が高いです)、ちょっと材料不足の感がありますが、週末参院選の結果もほぼ見えている中で(さらなるアベノミクス進行期待)、ファンダメンタルズ的に円売りになりやすい状況になっています。


ではどの通貨に対して円を売るかということになりますが、いま相対的に強いポジションにあるユーロ、昨日の議事録で資産購入枠全会一致サプライズのポンドあたりが対象になってきやすいと思います(豪ドルはちょっとロングはまだ避けておきたい感じです)。


20130718_ej_d_l.png


日足です。


トライアングル上抜け、5日線(黄)・25日線(紫)が共に右上がりですから、基本はロング方向で見ておきたいところですが、

・傾きが緩やかであること
・並び順が間に75日線(青)が入ってしまっていること
・ストキャスの位置が高いこと


あたりから、積極的な高値追いよりは、上値が重めである中、押し目を丁寧にひろって、短めにエグジット、という感じになるかと思います。


今後の押し目としては、

・20日線(ボリンジャーMA)
・25日線(現在ちょうどトレンドラインと重なっています)


あたりでストキャスの条件(少なくとも50以下でローソク足確定でクロス、DラインとSDラインが共に右上がりの状態になっていること)あたりが揃っていれば、といった感じになりますでしょうか。25日線がこの2ヶ月くらい、よくサポレジとして機能しています。


20130718_ej_h4_l.png


4時間足ですが、昨日高値(131.33)が7月2日高値を更新していますので、ここからの押し目としては、昨日安値バックに20/25SMAあたりが押し目になりますでしょうか。


昨日安値はボリンジャーMAなんですよね、このヒゲ下バックで、割れて引けたら一旦出て、再度買いサインが揃うまで待つとか。ボリンジャー-2σラインも結構直近効いていると思います。ここから入れるのであれば、1時間足を使ってもいいですね、ストキャスのロークロスを待ちたい形です。


MAトレード では昨日の赤い矢印のところ(130.44)が買いサインです。まだエグジットサインが出ていませんので、ポジション保有中です。 MAトレード の手法、本当に全ての通貨ペアで絶好調が続いています。自分でマニュアルトレードをしっかりやりたい人は、エントリーからエグジットまで全てルール化されているので、本当にいいですよ。スマホで外でもできますし。


今日の Dealer's Eye では、本日のお昼に「今日の一押し通貨ペアはユーロ円、14時に買いサインが揃う可能性が高い」と配信しましたが、結果的にやはり14時の131.06が買いサインになっています。カットポイントもタイト。 Dealer's Eye では新しくボリンジャー・スクイーズアラートも始まりましたので、トレードチャンスも配信されます。元取れるの早いと思います。


通貨マトリクス(日足)では、今日はユーロが一番強く、円が一番弱いです。これを知っていれば、どの通貨ペアをどっちにエントリーすればいいかすぐに分かりますね。今日は明快に「ユーロ円の買い」です。これを知っていてトレードするのと、知らないでトレードするのでは精度が全く違いますし、通貨ペア選びに無駄な労力をかけてしまうこともありません。これは、 Dealer's Eye で連日公開しています。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。