--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円保ち合いトライアングル・効果的なトレード方法

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週はもう注目度の高いイベントはありません。来週のイベントを控え、市場参加者が非常に少ないです。ここから新規のポジ建てを行うところは少なく、月末も近いですから、持ち高調整がこのまま明日まで続くのではないかと思います。相場は方向感・流れが出にくいです。


そのような中、昨日は

・ロンドン市場:欧州PMIが好調でユーロ買い
・NY市場:米国債利回り上昇に連れてドル買い

というように、普段はそこまで大きく反応しないものに対して、市場が薄いことから、大きめにレートが振幅しています。


今日明日、新たな方向感が出るというよりは、大きめに振幅しながら、レンジを継続する可能性が高いと思います。


20130725_uj_d_l.png


日足です。シンメトリカル・トライアングルを形成しています。シンメトリカル・トライアングルは上下等幅の保ち合いですからレンジですが、

・ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっている
・オシレーターが真ん中近辺に集まっている
・MAが収束している

ということから、ブレイクアウトが期待できる局面かと思います。


ただトライアングルに関しては、現在かなりトライアングルの先の方になってきて幅が細ってきていますが、上下どちらへ抜けてもすぐにボリンジャーの±2σラインがあります。1回目のブレイクアウトはダマシになるかあまり伸びない可能性もあります。リテストがあるかもしれません。


来週金曜の雇用統計は、まだここから6本先のローソク足になりますので、現在のトライアングルは雇用統計より前に確実に抜けることになりますが、雇用統計前にぐんぐん伸びるかどうかは微妙ということもあります。


ボリンジャーバンドを見ると

・現在プラスマイナス2σラインがスクイーズしてきている
・ミドルMA(20日線)はやや右上がりですが、ほぼ横向き
・レートが20日線を上下に往来している

と、いわゆるレンジ状況になっています。


ここは、来週の米雇用統計までは、ボリンジャー±2σラインを日足終値(日本時間6:00)で抜けてくるのを見るまで、ついていくのは待ってみた方がいいかもしれません。ということは、逆に抜けてきたら仕掛け時、ということになろうかと思います。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。