--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロードニングフォーメーションを使ったトレード手法

19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


先週のドル円1時間足で、典型的なチャートパターンが出現していましたので、ピックアップしてみたいと思います。


20130818_uj_h4_l.png


4時間足で見ると、位置的には、先週前半のアップトレンドの末期、ダイバージェンスが出ているあたりになります。


20130818_uj_h1_l.png


1時間足です。A-B-C-Dと、高値・安値を共に更新し、パターン的にはレンジが次第に拡大しています。このようなチャートパターンを、「ブロードニング・フォーメーション」といいます。トレンド末期の乱高下で出ることが多いとされています。この例では、アップトレンドの末期で出現しています。


ブロードニング・フォーメーションの典型的なトレード方法は、以下のようになります。

・ひとつ上の時間軸(1時間足なら4時間足、4時間足なら日足といったように)で、トレンド末期であるっことを確認する
・A-B-C-Dと、4点続けて高値・安値を更新し、レンジが拡大していることを確認する
・A-Cの延長ラインとB-Dの延長ラインを引く
・Cを抜けてA-Cの延長ラインを5回目にタッチし、終値で抜けずに引け、次に陰線が出てCを割り込んでローソク足が引けた場合、その次のローソク足の始値で売りエントリー
・イニシャル・ストップアウトは、Eの少し上
・反対側のライン(この例ではB-Dの延長線)にタッチしたら、次のローソク足の始値でエグジット

ダウントレンド末期のブロードニング・フォーメーションは、これの逆になります。


この例で行くと、

・98.33で売りエントリー(イニシャル・ストップアウトは98.70あたり)
・97.47でエグジット(+86pips)

となります。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。