--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強いトレンドが出た時のトレード方法

17:00

強いトレンド相場では、トレンドフォロー手法によって、大きな利益を獲得することができます。


FXトレードは差益売買です。今回のように強いトレンドが出た場合に、流れに乗って大きく利益を伸ばすことこそFXトレードの醍醐味です。このような絶好のチャンスに乗るためには、「流れに乗る」トレンド系のテクニカル指標を使うことによって、大きく利益を伸ばすことができます。


逆にフィボナッチやオシレーターによる逆張り目線だと「この流れはどこで止まって転換するか」という視点になってしまい、せっかくの大きな流れに乗ることができないばかりか、逆張りで大きな痛手を負ってしまいがちです。このような強いトレンド相場では、トレンドフォローの順張りが鉄則です。


特にRSIやストキャスティクスといったオシレーターは、強いトレンドが出ると張り付いてしまう傾向がありますので、このような時は押し目買い・戻り売りの目安として使います。このような有事マーケットの場合は、既にオシレーターが上下どちらかに振り切れている場合でも、トレンドが強い場合は継続して伸びることが多く、逆張りの判断材料にはなりにくいです。


トレンド系テクニカル指標の代表格は、MA(移動平均線)とBB(ボリンジャーバンド)です。特にMAはレートに沿って伸びていきますので、トレンドを大きく捕えることができます。


MAの中でまず重要なのは20/25SMAになります。

・20/25SMAは右上がりなのか
・右下がりなのか(傾きが重要)
・傾いているときはトレンド相場なので、傾きの方向へポジションを建てる(傾いていないときはレンジ相場)

というのがトレンドフォロー・エントリーの基本です。


20130828_gj_h1.png


例として、ポンド円1時間足を見てみます。25SMA(紫)は大きく右下がりで、レートはラインより下にあります。このような場合は、ショートポジションを建てるのがセオリーです。


チャートを開いたら20SMAか25SMAの状態をまずチェックすることが重要です。複数時間足でチェックすることにより、その日のエントリー・エグジットといったシナリオ・トレードストラテジーといったトレード・マネジメントができます。この場合では、

・25SMAが右下がり、かつレートが25SMAより下にあるので、ショートポジショニングを考える
・既にある程度トレンドが進行してしまっているので、利益確定の戻りも相応に考えられることから、安値追いではなく、戻り売りを考える
・戻り売りには、オシレーター(ストキャスティクスやRSIなど)や短いMAを目安とする
・ポジショニング後に大きく20/25SMAを抜けてしまったら撤退

といったトレード・マネジメントが考えられるかと思います。


20130828_gj_h1.png


トレードマニュアル「 MAトレード 」では、このように流れが出た時に利益を最大化できるように、エントリーからエグジットまで全てマニュアル化されていますので、トレンドフォローのトレードが実践できるようになっています。今回ののケースだと、

・153.33で売りエントリー
・151.14でエグジット(+219pips)

というビッグトレードが可能です。


トレードは、足元の流れを見ることが重要です。エントリーからエグジットまでのトレード・マネジメントは、これをどう読んでいくかに尽きます。ここから9~11月にかけてマーケットは大きく動いてくると思いますので、このようなトレンド系のトレード方法をしっかりマスターして準備しておくことが必要かと思います。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。