--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の相場展望(FOMC)

10:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週は直近最大の注目イベント、FOMCがあります。ここが大きな今後の流れのターニングポイントになってくる可能性が高そうです。


2020年夏季オリンピック開催都市が東京に決定したことで、

・実体経済における波及効果は、施設建設や地価上昇により7年間で約3兆円
・これまでアテネやロンドンがオリンピックの招致に成功した際は、開催国の株価は1~3ヶ月間上昇
・株価上昇や経済波及効果によって、来年4月に予定される消費増税3%に伴う経済へのネガティブ影響の相殺も期待

といった円安方向への期待感は高まっているものの、

・シリア情勢への懸念(収束へ向かえばドル高要因)
・米雇用統計の結果が弱かった(前月分も大幅下方修正されていた)

と一筋縄にはいかず、ファンダメンタルズ要因が上昇・下落共に交錯しているため、もうひとつ方向感が出ていません。


今週はその中で最大のポイントとされるFOMC(18日、日本時間19日早朝)に市場の関心が集中してくると思われますので、FOMCまではポジション調整主体の方向感の出にくい動き、FOMC後は結果を受けて大きな動意、という流れが想定されてくるかと思います。


QE(量的緩和)縮小に関しては

・何らかの縮小開始は既に市場に織り込まれている
・縮小規模は小幅にとどまるとの見かた
・FRBのこれ以上のバランスシート拡大に対する危機感
・利上げ開始の失業率基準を6.5→6.0%に引き下げ

と、様々な観測が飛び交っており、こればかりは蓋を開けてみなければ分かりません。


基本的な見方は「縮小開始→米国債利回り上昇→ドル買い」ではありますが、

・織り込み済みで利回り縮小、ドル売り
・一旦ドル売りになっても、株高で結局円安
・9月見送りで一旦ドル売りになっても、結局年内観測が強まり、やはりドル買い

といった複雑な動きを見せるシナリオとなる可能性もあります。


今週は水曜(日本時間木曜早朝)にこのようなイベントがあるため、月~水は

・既存ポジションの調整主体
・新規ポジションは建てにくい
・短期デイトレ中心

といった方向感が出にくく、FOMC後に流れが出てくるような展開が想定されそうです。



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


*外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
*本ウェブサイトに掲載するニュース、見解、調査、データその他の情報はいずれも一般的な市場関連コメントであり投資または取引助言ではありません。このような情報を直接または間接的に利用しあるいは根拠としたことに起因する元本または利益の損失に対しては金額に関係なく一切の損害賠償責任を明示的に否認します。すべての助言サービスと同様に過去の実績は将来の成果を一切保証しません。
*本ウェブサイトに掲載する情報の内容について万全を期すよう努力しておりますが、正確性や完全性を保証するものではありません。またその内容は掲載時点のものであり、掲載後に市場環境等が大きく変化することがあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。