--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週明けのマーケット展望と今週前半のトレード戦略

09:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


フラジャイル5、アルゼンチン、中国、ロシア、ウクライナ・・・にぎやかなマーケットになってきました。ヘッドラインには「エマージングマーケット」の文字が踊ります。トレーダーはポジションをクローズへ掛かっています。特にユーロ圏CPI(消費者物価)やドイツ小売など相次ぎ弱い経済指標が発表され利下げ観測が出ているユーロ、利上げ期待が後退しRBNZ(NZ中銀)が「NZドル高は持続しない」コメントを出したNZドルなどの下げはきつくなっています。


一旦こうなると投資家心理は当面エマージングに支配されがちです。DOWも15,698.85(-149.76)と-0.94%で引けていますので、週明けはリスクオフマーケットとなる可能性が高そうです。


ユーロ・NZドルあたりは、週明けから売られやすい地合いになると思います。具体的に注目されるストラテジーとしては、

・ユーロ円の戻り売り
・ユーロドルの戻り売り
・キウイ円の戻り売り
・キウイドルの戻り売り

といったところになると思います。


今週は

・米ISM製造業景況指数
・RBA(豪中銀)政策金利
・米ADP雇用統計
・ECB(欧州中銀)理事会・政策金利・ドラギECB総裁会見
・BOE(英中銀)政策金利
・米雇用統計

とイベントラッシュ、さらに週末は東京都知事選とソチオリンピックです。怒涛の1週間となると思います。


週明けまずは、逆張り(特にドル円・クロス円のロング)は避けた方がいいと思います。流れが落ち着いてから乗っても、遅くないと思います。ポジを建てるなら、短期でドル円・クロス円は戻り売りからがいいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。