--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円テクニカル分析と今週の展望・トレード戦略

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


今週のイベントラッシュの中、ECB(欧州中銀)理事会&ドラギECB総裁会見、米雇用統計を控えますが、フラジャイル5、アルゼンチン、中国、ロシア、ウクライナ・・・といったエマージェンシーマーケットに加え、ユーロ圏CPI(消費者物価)やドイツ小売など相次ぎ弱い経済指標が発表され利下げ観測のプレッシャー、ドル円の下げなどで、ユーロ円の下げはかなりきつくなっています。


一旦こうなると投資家心理は当面エマージングに支配されがちです。DOWも15,698.85(-149.76)と-0.94%で引けていますので、週明けはリスクオフマーケットとなる可能性が高いと思います。ユーロ円は売りからがセオリーという状況になっています。


では、今日は今週前半の注目通貨ペアのひとつ、ユーロ円のテクニカルを見てみたいと思います。


20140202_ej_m.png


1月が終わり、1月の足が確定しましたので、まず月足からです。先週金曜の下げにより、これは、、、という足になりました。1ヶ月に700pips以上下げています。

・高値を更新できず安値割れ
・前月の安値割れ
・ほぼ坊主
・2bars

と、かなりネガティブリバーサル濃厚な足形になっています。これは、ここまで2年間で約51円(5100pips!)も上昇してきた流れが、調整にはいる可能性が示唆されています。


最後の砦は、昨年4~11月の8ヶ月に渡って一貫して安値をサポートした6SMA(半年)になるでしょうか。このラインはいま136円台半ばにあります。あと1円くらい、今のレートから下です。


ここまでの流れはそうそう簡単に反転はしませんが、さすがに51円も上がっています、相応の調整は必要だと思います。調整期間は、数ヶ月から年単位になる可能性もあると思います。


20140202_ej_w.png


週足です。ストキャスが下向き、MACDとADXはダイバージェンス。これはやはり調整相場に入る可能性が考えられます。4週続けて5SMAが上値レジスタンスになっています。このラインは週明けに140円あたりに下がってくると思いますが、ここは頭がおさえられそうです。


一方下ですが、現在13SMA(3ヶ月線)を割り込み、ミドルバンドまで下げています。ただここはミドルバンドより、紫の楕円のところ(昨年半ばから半年間)ずっと下値サポートになった26SMA(半年線)の方がインパクトがありそうです。現在136円あたりにありますが、ここらあたりは一旦下げ止まる可能性があります。それを割ってしまうと、2012年7月の大底からの上昇幅に対するフィボナッチ23.6%戻しライン(133.50)あたりまでの下げもあり得ると思います。いずれにせよ、まだ下は十分にあり得ます。


20140202_ej_d.png


日足です。MAでは、レート/5日線(オレンジ)/25日線(紫)の向きと位置の関係性は、完全にダウントレンドになっています。当然、ミドルバンドや25日線あたりはいい戻り売りポイントになります。オシレーターをみても、まだダイバージェンスになっておらず、MACDはマイナス圏入り、-DIが上向きでADXが上昇して25を超えてきました。戻りは売りが出やすいと思います。


下方向は、75日線(青)と100日線(緑)のサポートゾーンが見えていますが、これを突破してしまうと、やはり上記フィボナッチポイントあたりにある200日線(赤)が視野入りすることになります。週明けまずはこの現在のサポートゾーンが守られるのかどうか、攻防になると思います。


いずれにせよ、このフェーズでは圧倒的に戻り売りの方が有利です。下方向への流れが加速しやすい状況になっていますので、値ごろ感の逆張りはハイリスクと思います。4時間足だとMAがPO(パーフェクトーオーダー)になってますし、ここは戻り売りの方が利益が取りやすいと思います。


まず流れをみることからテクニカルの基本をしっかりと。エントリーは長期線の位置と向きは明確ですから、短期線と中期線のコンビメーションにオシレーターとヒドゥンンダイバーを組み合わせるのがいいでしょう。もちろんローソク足の条件も必要です。エグジットもプロスペクトになってしまいますのでルール化しないといけないと思います。こういうように、まず方向性を見定め、流れを見て、それから具体的なエントリー/エグジットのストラテジーに、というプロセスをひとつひとつクリアしていくことが、トレードで勝ち続けるためには必要不可欠です。


MAトレーディングマスター」「BBトレーディングマスター」という超定番トレードマニュアルなどでは、こういったトレンドフォローのエントリー/エグジットがルール化されています。エグジットで損大利小プロスペクトに支配されることもなくなると思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。