--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円テクニカル分析・今週の展望とトレード戦略は

15:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


20140223_uj_w.png


週足です。先週は高値102.82/安値101.37、値幅は145pipsです。


・5週MAを上抜けて引けている
・前週安値切り下げ後に前週高値更新
・ミドルバンド(20週MA)および25週MA(紫)のサポート

というポジティブ面、

・5週MAが13週(3ヶ月)MAより下にある
・ストキャスが下向き

というネガティブ面が混在していますので、フェーズとしてはレンジ相場と言えると思います。

・BB±2σラインが内向きになっている
・ADXが下を向き、かつ±DIラインが低い位置(20以下)で交錯

といったところも、レンジ感が出ていると思います。


そのため「目先は上値は重いが下値は堅い」「方向感が出にくい」という動きが続きやすいといえますので、トレードとしては「高値追い・安値追いではなく、押し目買い・戻り売りのエントリーを心掛ける」「ポジションは短期でエグジットしていく」といった組み立てた方がやりやすい、ということになるかと思います。


週足でチェックしておくべきポイントとしては、

・下は25週MA(紫)の101.00-10
・上は13週MA(ピンク)の103.20-30

でしょうか。現段階でこのあたりは「レートが止まりやすい・反転しやすい、抜ければ伸びやすい」というサポート&レジスタンスのゾーンになっています。


20140223_uj_d.png


日足です。2月に入ってから100.74~102.82と、2円ほどの値幅を往来するレンジ相場です。方向感はありません。


BB(ボリンジャーバンド)がかなりスクイーズしてきてますね、向きも横でレンジになってますので、

・+2σライン:103.00-10
・-2σライン:101.20-30

の2つは週初のサポレジになってきやすいと思います。


MA(移動平均線)もかなり収束してきています。この中では

・25日MA(紫)
・100日MA(緑)

の2本がサポレジとしてトライアングルを形成していると思います。そのため、このそれぞれのラインをブレイクした場合、目先のちょっとした方向感は出る可能性があります。これは引け値で判断する必要があります。


ただレンジ相場とはこういうものなのですが、ADXが20以下で、±DIも20以下で交錯してます。昨年11-12月のようにトレンドすると状況が変わってきます。中長期ポジをガッツリ建てるのは、このように動きが出てからの方がいいと思います。


もうひとつ、フィボナッチも見ましょうか。現在今年の値幅

・高値:1/2の105.43
・安値:2/4の100.74

に対する38.2%戻しゾーンで頭打ちになっています。そのため、このゾーンを抜けて来た場合は次は61.8%戻しゾーンまでいく可能性があります。103.64ですので、現在の値位置から100pips程度上です。ここまでいくと、またやはりレジスタンスゾーンになると思いますので、このあたりをターゲットに今週下げたところをロングエントリーしてみる、というのはひとつのトレードアイディアになると思います。


20140223_uj_h4.png


最後に4時間足です。見事にMAが収束していて、完全なレンジになっています。


週初まずチェックすべきは、2週に渡ってレジスタンスになっている102.70-80ラインを突破できるかどうか。金曜NYタイムにはブレイクトライの場面もありましたが、さすがに週末でヒゲを残して押し戻されています。一方下は3回サポートになっているライン。このトライアングルがポイントですね、もう幅が100pips程度しかありませんので、週明けまずどちらかへ抜けると思います。


このような場合、サポレジの外側にはストップが蓄積されていることが多いので、巻き込むと一時的に伸びるやすいことは覚えておくといいと思います。ただし今回の場合、すぐ外側に日足BBの±2σラインが控えていますので、そのあたりではカウンター(逆張り)オーダーがありそうです。なので、翌週に米雇用統計を控える月末最終週ということを考えると、そこを2重に突破するためには、それなりの材料が出てくることが必要だと思います。そういった意味では、今週はファンダメンタルズにもアンテナを張っておく必要がありそうですね。


現時点での週初のトレード戦略としては、

・パターンブレイク・リテストでのエントリー
・パターン下限近辺での買い(抜けたら撤退)
・日足-2σあたりでの買い

あたりでしょうか。レンジ逆張りの場合はストキャスとかのオシレーター見た方がいいと思います。


ところで、チャートの中に矢印があるのが分かると思います。これはStrategy Viewerで見れる売買シグナルサインの一部です。なかなかいいところで出ていると思いませんか?結構参考になると思いますよ。現在は先週半ばに底値近くで出た買いサインですね。これのユーロドル版も見れますよ。


そのほかStrategy Viewerでは、おすすめトレード戦略、おすすめ通貨ペア、「MAトレーディングマスター」「BBトレーディングマスター」の通貨ペア別ストラテジー(トレード戦略)リストもリアルタイムで見ることができます。スマホやタブレットからも見れますので、外出先からもいつでも24時間見れますので、重宝すると思います。


Strategy Viewer




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。