--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソク足でシンプルにトレードする方法

09:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ローソク足はJapanese Candlestickとも呼ばれ、もともと日本で生まれたチャート分析方法で、現在ではバーチャート・ラインチャートなどと並んで世界的に幅広く使われているものです。ローソク足は、「始値(Open)」「高値(High)」「安値(Low)」「終値(Close)」のいわゆる「四本値(OHLC)」で構成されるものですが、その生成プロセスまで辿ってみると、実に多くの情報がつまった奥深いものです。


ローソク足1本1本の生成プロセスには、重要な意味があります。相場力学から生成されるローソク足は、これから上昇と下降のどちらの方向へ向かおうとしているのか、1本の単体もしくは複数本の組み合わせによって、トレーダーにエントリー/エグジットの判断をもたらします。それは、ダウ理論でいう「あらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる」という効率的市場仮説の主張を具現化する重要なキーワードになります。


aj_h1_201404.png


例えば、上のチャート(2014年3月、豪ドル円15分足)には、たくさんエントリー/エグジットポイントが見つかります。こんなシンプルなローソク足だけなのに、です。その見分け方は簡単。15分足などの短いタイムフレームでさえも見つけることができますので、デイトレードで着実に利益を積み重ねることができます。


20140504_gj_m15.png


先月のポンド円15分足チャートですが、このようにただローソク足を表示させただけでも、エントリー・シグナルがたくさん見つかります。


買いと売りの相場力学から生まれたキャンドル・トレーディングには、

・視覚的にとても分かりやすい
・組み合わせ・応用・自由自在
・ファンダメンタルズの影響を受けにくい

というメリットがあり、一度覚えれば長く使い続けることができます。それはまるで、小さな子供のころに一度自転車に乗れるようになったら、ずっと乗り続けられるように。そして、キャンドル・マジックは、リバーサル・トレンドフォロー・ブレイクアウト・コントラリアンまで、自在に使え分かりやすく、誰でも今すぐ簡単に始められるものです。


新しいトレードマニュアル「 Candle Master 」では、単なるローソク足の組み合わせ紹介にとどまらず、エントリーからストップロスを置く場所、エグジット方法までのトレードの全てを網羅しました。


毎日オープン/クローズする株のチャートと、月曜のNZウェリントンから金曜のNYクローズまで24時間オープンしているFXのチャートは違います。「 Candle Master 」では、数あるキャンドル・パターンの中から、FXチャートで頻出するものを選びました。

・同時線/十字線
・スピニング・トップ/スピニング・ボトム
・トンボ/トウバ
・ハンマー
・ブリッシュ・ハラミ/ベアリッシュ・ハラミ
・ブリッシュ・ツツミ/ベアリッシュ・ツツミ
・ツイーザー・トップ/ツイーザー・ボトム
・2バー・リバーサル
・クラウドカバー
・モーニングスター/イブニングスター
・インサイド・アップ/インサイド・ダウン
・アウトサイド・アップ/アウトサイド・ダウン
・キッカー・ブレイクアウェイ

これらの豪華ラインアップが、全てエントリーやストップロスのポイント、エグジットまで分かります。どのようなポイントで出現しやすいかも。待ち構えることもできますし、後乗りもできます。もちろん、いくつかのテクニカル・インジケーターを加え、エントリーの精度をアップさせることは必須です。


キャンドル・パターンは、ほとんどの場合エントリー・シグナルになります。そのため、エントリーしたものの、「どこでエグジットしたらいいか」という問題に直面します。「せっかく利益が乗っていたのに、エグジットのタイミングを逃してしまったばっかりに利益を逃してしまった・・・」そんな経験はないでしょうか?「何pips利益が出たらエグジット」というようなOCOだと、通貨ペアやマーケット・ボラティリティの違いに対応することは難しいと思います。


そこで、テクニカル・インジケーターを使ったハイブリッド・エグジット・ルールをかなり詳しく掲載しました。

・MA(Moving Average・移動平均線)
・BB(Bollinger Bands・ボリンジャーバンド)
・ストキャスティクス
・RSI
・ADXDMI
・ダイバージェンス

どれもごく一般的で、スマートフォンのチャートにも表示できるような、多くのトレーダーに使われているものばかりです。


このエグジット方法は、キャンドル・トレーディングだけでなく、いろいろなトレード方法と組み合わせて使えるものばかりです。これで、「エグジットを迷ったばっかりに、せっかく確保した利益がなくなってしまった、というようなことはなくなりますね!


gj_h1_201404.png


例えばこのようなシンプルなチャートで、簡単にエントリー/エグジットができるようになります。先月のポンド円1時間足チャートですが、買いエントリーの場所は、典型的な「買いのキャンドル・シグナル」が出現しています。まずこれを簡単に判別する方法が分かるようになります。もちろん、ストップロスを置く場所も明確です。

170.14で買いエントリー


エグジット方法は、マニュアルに従って、いくつかの方法から選べばいいようになっています。早く利益確定したい人はオシレーター系、できるだけ利益を伸ばしたい人は、勢いを示すトレンド系テクニカル・インジケーターを使えば、簡単にエグジットできるようになります。

172.01でエグジット
わずか15時間で180pips以上のプロフィット獲得!



Candle Master のトレード方法は、ローソク足といくつかの簡単なインジケーターを使うだけですので、iPhoneなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットなどからも、いつでも、どこからでも、簡単にトレードすることができます。例えば、お仕事の合間でも、ランチの最中でも、電車の中でも、もちろん自宅でも。


キャンドル・トレーディングのノウハウは、FXトレードには必須です。とてもシンプルで簡単、一度覚えればずっと使えます。裁量トレードの引き出しには、是非持っておきたいものです。


▼5月11日まで特別価格25%OFF&特典付き!
Candle Master




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。