--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円テクニカル分析と展望・次の下値ターゲット

17:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ドル円の頭が相当重いです。

・労働参加率の減少など、米雇用統計の内容が表面数値ほど良好とはいえない
・長期金利の低下
・ウクライナ情勢への警戒

といったファンダメンタル要因もありますが、テクニカル的にも下方向を示唆するものが多いです。また先日アップしたアノマリー 「Sell in May」のデータ も少なからず頭にあるでしょうか。


テクニカルで見る限り、100円ラインは決して盤石ではないことが示唆されています。割れた場合98円台あたりまであり得ると思います。流れに乗った方が取りやすいのではないでしょうか。


20140507_uj_m.png


マンスリー・タイムフレームでは、

・ダウントレンドラインに頭をおさえられている
・サポート&レジスタンスのリテスト
・ダブルボトム間の高値からの下落に対する38.2%コレクション

と、このゾーン(100円台前半)が相当強いレジスタンスゾーンであることが示されています。


20140507_uj_w.png


ウィークリー・タイムフレームでは、

・過去2週の安値を下回っている
・プライスが5/13/26週MAの束を下へ抜けている
・±DIが10週ぶりにDC(デッドクロス)

と、やはりベアリッシュ方向が示唆されています。


下方向のサポートラインは、

・100.66(52週線)
・100.51(BB-2σ)
・98.40(2011.10~2013.12の23.6%コレクション)

がターゲットといえそうです。特に2011.10~2013.12の上昇はエリオット5波動がコンプリートしているといえますので、最初のコレクション・ターゲットはフィボナッチ・ポイントになります。


20140507_uj_d.png


デイリー・タイムフレームでは、

・101.20(3月のダブルボトム)
・100.97(昨年10-11月に3回跳ねた200日線)
・100.74(年初来安値)
・100.00(ラウンドナンバー)
・99.41(1月高値起点のエクスパンション・ポイント)

あたりが重要なサポートになります。サポートの下には逆指値オーダーがありますので、ヒットすると長いキャンドルが出る可能性があります。


現在101円近辺にある200日線(赤いライン)ですが、昨年10-11月に3回サポートとして機能したラインですので、1回は反発期待の買いが考えられますが、

・昨年はアベノミクス相場スタート以来のファーストタッチ
・ラインは明確に右上がり

でしたが、今回は違います。反発力が弱かった場合抜ける可能性が十分あります。その場合、年初来安値をつけに行く動きが想定されます。



キャンドルマスター、おかげさまで大反響ありがとうございます。さすがローソク足のトレードマニュアルは大人気です。意外に知らないパターンも多いのでは。どの形が出たら、どこでエントリーして、どこにストップを置いて、いつエグジットすればいいか。全部わかります。キャンドルパターンは視覚的に分かりやすく、すぐ利益になることが多いです。エントリー後に含み損が少なく、ストップロスの幅も狭くてすみます。


ローソク足のパターンは本当によく出てくるので、覚えておくとすごくトクです。基本を一度覚えてしまえば、ずっと使い続けられます。子供の頃に一度自転車に乗れるようにればずっと乗り続けられるのと同じですね!しかもファンダメンタルの影響を受けにくいんです。ファンダメンタルを過度に追いかけても、情報に振り回されている人が多いです。ローソク足はシンプルに需給を反映するので素直にアップダウンを判断できます。


今日はドル円・ポンド円できれいな売りのパターンが出ましたね。合わせて50pips取れればデイトレとしては十分ではないでしょうか。毎回かなり分かりやすくサインが出ますので、ドル円の次のエントリー/エグジットもサインを待ちたいですね。



▼好評につき期間延長!5月11日まで特別価格20%OFF&特典付き!
▼今すぐファイルがダウンロードできます!

Candle Master




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。